samatacharly.jpg mo2.png
スケジュール
06/17(土) 新宿スモーキングブギ
 18:30開場 19:00開演  2,000円+1drink
出演//モンゴリアンバックブリーカーズ/進化論/澄歌〜Smika/乱波250/Bellmond
07/02(日) 阿佐ヶ谷ネクストサンデー
07/16(日) 北千住 Knock
☆4thアルバム「guardare fisso」発売開始1500円☆
☆シングル「なんだかんだ」配信中☆

2017年03月19日

彼岸

ふと思った、彼岸っていい言葉だな。
17211863_1182127735234510_5379845413599505405_o.jpg
子供の頃はお寺の墓地でよく遊んでいた。
広い墓地は迷路の様にもなっていて、
かくれんぼや鬼ごっこには絶好の場所だった。
しかし墓地で遊んでいても叱られた事はほとんどない。
ただし墓参りしている人がいる傍では、
やんちゃな悪ガキ達も騒がない様にしていたっけ、
子供心にも特別な場ではあると判っていたのだろう。

墓参りのついでに墓地を探索すると石碑があった。
IMG_20170312_111719 のコピー.jpg
清水儀平、、、誰だろ?
書は若槻礼次郎とあるから地方の政治家だろうか、
元からこの墓地にあったのではなくて移されて来たのかな。

もう一つあった、
IMG_20170312_112146 のコピー.jpg
盧溝橋事件突発シ、、、
各地ニ転戦シ、、、
軍司令官ヨリ感状ヲ授与セラレタ、、、
こちらは戦時中のものか、
どうか安らかに眠って下さい。

善悪の彼岸、
僕は彼岸を信じない、
色々とあるけど、また読んでみようか。

男サマタ


posted by もんち&男サマタ at 14:56| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月15日

二人で歌を

少しだけ 二人で歌を 歌いましょ


今日はカラオケに行きました。

私は、忘れた頃に行くことがありますが

夫婦で行くのは初めて。

そこで気づいたのが

私は歌を歌う様になってから知った曲と

歌を始める前によく聴いていた曲とでは

明らかに出来映えが違う事に気づきました。

たとえば中学生の頃聴いていた

渡辺美里よりも

最近になってよく聴いている

三橋美智也の「星屑の町」の方が

がぜん歌いやすくて驚きました。


昭和の大歌手!の歌を、たとえカラオケでも

歌える様になるとは、

思ってもみなんだ。。。


聞いているときは、同じ気持ちで、

ただ、その景色や浮かんで来る想い

に意識が向いていて

どんな風に歌っているとか、

そんな事は考えないで感じているだけなのですが

脳が、ソッチも自動的にキャッチしているんだなぁ、と実感。

ナイスキャッチ、私の脳!


ジャニスジョップリンも歌ってみたけど

ありゃ、相当、あの人自身の中でリズムを細かくとっている?感じている?ナ、、、

そして、ジャニスジョップリンは
カラオケ向きではない事が分かった。

◎マル。


その一方で佐俣君。

散々ビートルズで「ああ、声が出ない」とか何とか言い

キングクリムゾンで間奏のオケの忠実さに感動し、

ちっとも歌を楽しまない。

見かねて

「キックの鬼」(佐俣が子供の頃に流行ったアニメの主題歌)

を私が選曲して入れてあげる始末。


うーーーん。

声質から考えて「井上陽水」あたりかな?

もしくは、低音を活かせば「フランク永井」なんていいんじゃないの?

と思っていたのですが、

ハッとひらめき

「前川 清」

を薦めたのがビンゴ!!!


IMG_20170315_225120_366.jpg

子供の頃、結構好きだった様です。

あ!

肝心の「涙の操」を歌うのを忘れていたよ〜。

あなたーのためぇにー
まもりぃーとおした
おんなーのみさぁあおー。

ではでは!


♪もんち
posted by もんち&男サマタ at 23:45| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月14日

音を土にもどす3

進化論が引っ込んだ後、
メインの長野サナ/庄子勝治/本間章浩Trio+3による即興演奏。
インプロ.jpg
なんとなく始まる、、、

インプロ2.jpg
探る、、と言うか感じ取って音に出す

nagano,hara.jpg
もの凄いぶつかり合いにも聴こえるが
時に溶け合って行く方向が聴こえ、
そしてまた離れて行く、しかし完全に離れる事はない。
honma.jpg
いつもと違う本間章浩、彼は楽器として格闘していた。

ヴァイオリンの長野サナもアルトの庄治勝治も、
きちんとした音楽歴(変な言い方だけど)と実績がある奏者。
フロントの二人の出す音は、時として楽器のそれではないが異様に立っている。
音の洪水の中に予定されたものでない調和があった。
適当に楽器やらを操って即興だとほざいてる奴らに聴かせてやりたい。

そして第一幕30分(くらいだったかな?)がなんとなく一息ついて俺もステージに。
sama,honma.jpg

ステージ上はもの凄い音圧 Σ(||゚Д゚)ヒィィィィ
セッション多.jpg
俺の立ち位置だとドラムもよく聴こえず、
他の音もどれが誰?みたいな感じ。
ただし向こうでベースを弾く岡崎拓美のベースだけはよく分かった、
やっぱり上手いね彼は♪

やがて一人抜け二人抜け、、、で3人となった。
インプロ3.jpg
音を聴いて感じた音を出すなんて俺には出来ない。
感じた間を出してみるか、、、
と5拍、7拍、4拍とフレーズを弾いてみる、
まぁ俺のは即興ではないわけだ。

しかし、それを聴いて音を出す二人、
nagano,showji.jpg
う〜んおもしれえ!こういう人達とやるとクセになるな。

nagano,showji2.jpg
ビール瓶は、こうも使ってました♪

そしてディックヨネも登場、
nagano,showji,yone.jpg
ひとしきり弾いたら俺もステージを降り、
なんとなく終了。

終演後は皆で馬鹿話し、貴重な夜だった♪
aft.jpg

振り返ってみれば音を土に戻すどころか、
まだまだ耕せてないな、、、俺は。

posted by もんち&男サマタ at 21:59| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月13日

音を土にもどす2

オープニングアクトは進化論♪
sinkaron4.jpg
メインが完全即興だからと言っても、
進化論で特別な事をやるわけでもない。
持ち時間は40分なので今年になって続けていた同じセットリストに2曲追加。

sinkaron3.jpg
もんちの歌を中心としたアンサンブル、
音の出し入れ、メンバー間のコンビネーション、
課題は幾らでもあるが形になって増幅しつつある。

monchi2.jpg
増幅の幅と歌がピタっとハマった時は、
横で弾いていて気持ちよかった。

yone1.jpg
なかなかに良いドラミングだったんじゃない?
本人は納得してないみたいだけど(笑)

samata1.jpg
音を揺り動かす事で精一杯、
音を土に戻す、、、
俺はそんな境地に辿り着けるのだろうか?

セットリスト
1「晴れ渡る空」2「太陽がいっぱい」3「Catcher in the Lie」4「帰り路」
5「白いカーテン」6「平凡という宝物」7「左の胸から」8「なんだかんだ」

御来場の皆様ありがとうございました。

男サマタ
posted by もんち&男サマタ at 21:05| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月11日

音を土にもどす

昨夜は横浜の音小屋での「長野サナ/庄子勝治/本間章浩Trio&進化論」に参加、
様々な意味で興味深く、また考えさせられた夜でした。

SAXの庄治勝治さんに褒められはしましたが、、、


音を土に戻す、、、深いなぁ

今日はこれから出掛けるので、
続きはまた♪

男サマタ
posted by もんち&男サマタ at 12:20| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
人気商品