2017年09月29日

そらのおと 余話

F3D097DF-8AB0-4C06-BDBC-2FD91B4A4FC4.jpg

日曜日に市場へ出かけ〜
テュリャテュリャテュリャ
テュリャリャ〜

1週間お疲れ様です。
最近、ロシア民謡にハマり
独り歌声喫茶を運営しています。



武蔵境、そらのおと 旅

から1週間も経ってしまいました。


物語の影響を受けて
帰りのバスで
私がした遊びが
思いの外、リフレッシュできるので
みなさんにも紹介しようと思います。

それは嫌な思い出を塗り替える

時間の旅です。


二つの物語に共通していたのが

思い出を編集する、

というところ。


たとえば、私の場合。

嫌な思い出しかない、
という会社がありました。

思い出したくないから
普段はほとんど思い出しません。

しかし

その思い出の箱を
ちょっとだけ、そーっと覗いてみました。

みると、うじゃうじゃあります。


人間関係って本当に、、ね。


毎日、行くのが本当に辛かった。
そりゃ不甲斐なさもあるけれど、
よく頑張ってたよ、、。


その最中で
自分が満喫した瞬間を探してみました。

そしたら、本当に、1分に満たない瞬間が思い出されました。


大きなビルの谷間の交差点、
細長く伸びる青空、
車の流れ
信号待ち
アイポッドのランダム再生から聞こえてきた
トムペティ&ザ ハートブレイカーズ

ああ!
清々しさが蘇ってきます。

よし、
あの会社の思い出は
これに決定!!!

いいね、いいね

とこんな具合に。

うじゃうじゃの方を思い出してしまった時も、すぐさま
この編集版だけを繰り返し再生させれば
イッツオーライ!


ま、わざわざ、思い出すこともなかったことだけど、
気持ちの整理をつけたい時に、
効果的かも。かも。

すごいね、
そらのおと の旅、時間を超えて、人の心を癒している

あっぱれ、原田さん


♬もんち
posted by もんち&男サマタ at 23:32| 東京 ☀| Comment(0) | 本,CD,DVD,映画,劇など | 更新情報をチェックする

2017年09月27日

重たいハサミ

新聞を読んで気になった記事は切り抜いて保管する事がある。
先日も、フムフムと近くにあったハサミを手にしたら、
IMG_20170905_200306.jpg
重い、、、刃が10枚も有るからな。
以前、ゴミを出す時は個人情報が書かれてある物はコレで切って、
と買ったのだったが使った事はない。

個人情報とは特定の個人を識別する事が出来るもの。
関係ないけど、自分で自分を識別出来ないでアレコレ騒ぐ人間が多いのか?
ふと思いました。

男サマタ


進化論スケジュール
10/28(土) 横浜 音小屋
11/11(土) 三島アフタービート
11/13(月) 秋葉原IkeBECK(この日はデュオで出演)
12/02(土) 練馬Be-born
☆進化論4thアルバム「guardare fisso」発売中1500円☆
☆シングル「茜さす雲」「なんだかんだ」配信中☆
posted by もんち&男サマタ at 20:39| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2017年09月24日

そらのおと の旅 後編

串カツは、以前、原田さんにご馳走になったことがありました。

その時に話した事は、

今でも覚えていて、ふとした時に思い返す(^o^)v

時間が来たので、会計をし、店を出る。

土砂降り。

水溜りを避け、つま先で走りつつ、会場へ。

180席、ほぼ満席。

19:15 
ピアノ、ウッドベース、サックス、を担当されるミュージシャンと、
朗読と歌を担当する出演者が舞台に現れ挨拶。時間ピッタリ。

15分の休憩を挟んで二編の物語が届けられました。


一編目は、西加奈子・作「影」

朗読があって最後に歌、という構成。


二編目は、原田佳夏・作(書き下ろし)「黒鳥の歌」

こちらは、物語の合間に、挿入歌が入る構成。


両作から、私が感じ取ったのは

朗読者の「歌う様に話す」様子がとっても印象的で
ボーカリストとはまた違った声のアプローチに新鮮さを感じました。

物語からは
「思い出の書き換え」や「自分自身を生きる」「自分を愛するとは?」
といった現代人、もちろん私自身にとっても、悩ましくも、健気なテーマが綴られていて、
登場人物の成長や生きる姿から、
とても元気を頂きました。


舞台を観終え、原田さんに挨拶し、
バスに乗りました。雨が弱くなっていて、一安心。

IMG_2155.JPG

夜のバスでは、舞台の内容からヒントを経て、ある事を試しながら帰りました。
その事は、番外編でまた後程。
とりあえず、本編はこちらで

おしまい。

♪もんち








posted by もんち&男サマタ at 22:28| 東京 ☀| Comment(0) | 本,CD,DVD,映画,劇など | 更新情報をチェックする

2017年09月23日

そらのおと への旅/前編

原田佳夏さんは
進化論の「平凡という宝物」を広めて下さった脚本家の先生。
http://sinnkaronn.seesaa.net/article/441482844.html

その原田さんが脚本を手がけた朗読劇の舞台が
昨日行われ、行って参りました。

IMG_2161.JPG

時計を見ると、18:01 スゴいフライングだ。張り切ってるな、私。

 周辺をウロウロ。

 
 IMG_2167.JPG

 見かけるといつも入ろうか迷ってしまう、ぎょうざの満州。

 IMG_2174.JPG

 ”ダイソー”とか”キャンドゥ”じゃない、100円ショップ。

 IMG_2163.JPG

 シャラララリー(スモールフェイセズ)を爆音で流していたお店。
 スティーヴ・マリオット、しびれる。

 IMG_2178.JPG

 サラシア茶を薦められ、試飲。お通じがスゴく良くなるとのこと。
 飲み終わって気付いた。劇中に催したらどうしよう。


IMG_2169.JPG

 スパゲッティでも食べるか、、と、看板に近づいて行ったら、改装中。
 
IMG_2182.JPG

 串カツ屋さんに入る。
 二度付け禁止って、ちょっとしたスリルだ。
 油断するとウッカリしそう。

 続く。
♪もんち

進化論スケジュール
10/28(土) 横浜 音小屋
11/11(土) 三島アフタービート
11/13(月) 秋葉原IkeBECK
12/02(土) 練馬Be-born
☆進化論4thアルバム「guardare fisso」発売中1500円☆
☆シングル「茜さす雲」「なんだかんだ」配信中☆
posted by もんち&男サマタ at 23:49| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

大内宿

会津磐梯方面には4,5回行っているのだが、
南会津に脚を運ぶのは今回が初めて。

大内宿は江戸時代に会津若松と日光今市を結ぶ会津西街道(下野街道)の宿場町として栄えた。
IMG_20170921_150930 のコピー.jpg
平日なのに結構な観光客。

茅葺きの町並みは美しい。
もちろん復元された町並みなんだけど、、、
IMG_20170921_152000 のコピー.jpg

町並みの中程に鳥居があって脇にある石標には高倉神社とある、
IMG_20170921_150837.jpg
ここから離れた森の中にある高倉神社の御際神は、
平家追討の令旨を出した事で知られる以仁王。
実は生き延びてこの地まで逃れて来たとの伝承があるらしい、
山深い所だけど12世紀には往来があったという事か。

大内宿は会津西街道が明治以降に通行量も減り廃れてしまったのだが、
そのお陰で開発の波に洗われず復元の元となる家屋が残っていたのだとか。
店先で民芸品をしげしげと見ていたら、
奥に座っているお婆さんに話し掛けられた。
売り物をすすめるのではなくて「今日はお茶がうまいね」だって🎵
今でも土産物や郷土料理を売りながら農作業もしているのだろうか。


男サマタ






posted by もんち&男サマタ at 13:27| 東京 ☔| Comment(0) | 旅行、遠出など | 更新情報をチェックする