2016年11月13日

ランダム再生

世の中には名盤と呼ばれるアルバムが多数ある。
そして名盤と呼ばれるアルバムを聴いても、なんだつまんねぇって事も多々ある。
結局は好みの問題だから、よく聴くアルバムがその人にとっての名盤なのさ♪

DSC_0333.JPG
俺にとって名盤の2枚、、、

この間、車の中で聴いたら何故かランダム再生になっていて、
「違〜う!」と思ってしまった。
何度も聴いていたからって曲順までは覚えているわけではないのだが、
この曲が終わったら次は、、、ってのが刷り込まれているからか。
曲を聴く事とアルバムを聴く事は違うのだな。


男サマタ

posted by もんち&男サマタ at 14:12| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 本,CD,DVD,映画,劇など | 更新情報をチェックする

2016年09月18日

以前にも増して出不精になったから滅多に行かないが、
実は美術館とかギャラリーとかで作品を眺めるのが好き。

出掛けた時に貰って来た絵はがきなどを、
百円ショップで買ったフレームに入れて家では眺めている。
DSC_0333 のコピー.jpg

曲を作ったり詩を考えていて集中力が切れると、
もうや〜めた!となる。
そんで一服して動かないものを観ていると、
時に動き出して見える、頭の中で確かに何かが動く、
そして、また机に向かう。

最近その繰り返しが楽しい♪
posted by もんち&男サマタ at 11:45| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 本,CD,DVD,映画,劇など | 更新情報をチェックする

2016年09月15日

整理整頓

片付ける事が苦手な人ほど整理整頓に憧れるのか、
「こうすれば片付けられる!」
「誰でも出来る簡単収納術」
「仕事の整理術」とかいうタイトルの本を今までに何冊も買ったもんち。

これで、この手の本を買うのは最後にするから、、、
と言って買って来たのがこれ。
DSC_0333.JPG
漫画付きの小学生向けでした♪

子供の頃に、親や学校の先生に「片付けなさい」とよく言われたけど、
具体的にどう片付けるかなんて教わった事はなかったなぁ、
「使ったものは元の場所に戻す事」くらいか。
では元の場所とは、、、これはアソコ、これはココにあった方が便利だとかは、
経験しながら考える様になるのだよな。
しかし経験を積んでも頭の中はなかなか片付かないもんですな。

30万部も売れているって、
もしかして大人が買っているのかしら。


男サマタ
posted by もんち&男サマタ at 20:07| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 本,CD,DVD,映画,劇など | 更新情報をチェックする

2016年08月30日

「平凡という宝物」within「思ったこと」 脚本 by 原田佳夏

ちょっと前に脚本家、小説家、俳人であり、折り紙師でもある、
原田佳夏さんが送ってくれた演劇「思ったこと」のDVDを観た。
DSC_0364 のコピー.jpg

劇の始まりと終わりに進化論の「平凡という宝物」が流れ、
劇中では55キャバレオンの「ワーストマン」が流れる。
DSC_0363 のコピー.jpg

ある家族のお話なのだけど、
観ていて、最初は登場人物の関係がよく分らなかったが、
話が進んで行くと登場人物のセリフでそれぞれの関係が分って来る。
分って来ると最初の方の場面でのセリフの意味が分り、
登場人物の性格とかも理解したつもりになり、
ある登場人物には感情移入したりして、
別の登場人物には「なんだよこいつ、、、」なんて思ったりする。
脚本や演出する人に演ずる人、、、普段、劇やドラマなんてあまり観ないけど、
やっぱりすごい。

家族は最小の社会、、、社会はバランスを取ろうとする。
バランスを取ろうとするあまり、実は個々を理解しようとしない事がままある、
いや理解したつもりになっていると言うべきか。
それも最小で身近な関係だと尚更なのかもしれない。

そして社会の構成員が突然居なくなったりしてバランスが崩れた時に気付く事がある。
それは「思ってもいなかったこと」であり「思っていても口にしなかったこと」でもあり、
「当たり前のこと」が実は「有り難いこと」であったり、
「当たり前」という言葉で無意識に押さえつけていた感情でもある。
もんちは掛け替えのないそれらを「平凡という宝物」と歌ったのだ。

さてオリガミさんこと原田さんの次回作がこちらです。
「現代珈琲交声物語」と書いて「いまどきこーひーかんかーた」バッハじゃん♪
CntwiZ3UIAEaGSA.jpg-large.jpeg

ん?もう一本の「ミツザワ書店」って、つい最近ラジオドラマで聞いたぞ、、、
160922そらのおとチラシ02裏.jpg

歌と朗読と音楽の空間、
興味のある方はどうぞ♪


男サマタ

posted by もんち&男サマタ at 17:28| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 本,CD,DVD,映画,劇など | 更新情報をチェックする

2016年05月03日

”新しさ”という希望

DSC_0731 のコピー.jpg
ある本を読んで、教わりました。

例えば
新しい発見、新しい服、新しい季節
新しい朝、そう、

ズバリ、希望の朝

なんだか、嬉しくなる。

それと、
再発見、再利用、懐かしい思い出
明日に向かう

ズバリ、
よく分からなかったことが
少しでも
分かる様になると
嬉しい




新しさって
毎日の中から
自分で見つけていくものなんだね、、、

そして、これは、著者の言葉だけれども

世界は
常に、
まだ、
「良く分からない」ものと「新しい」ものに満たされている。
そうしてそれは、どこかで静かに待っている。
きっと君を。



中庭の空で出逢った
詩人「青条美羽」氏の著書
「オレンジをアップデート」より引用

http://kurzgedicht.blog81.fc2.com/blog-entry-344.html



♪もんち
posted by もんち&男サマタ at 11:01| 東京 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 本,CD,DVD,映画,劇など | 更新情報をチェックする

2016年04月30日

車の中で聴いた

DSC_0300.JPG

家で音楽を聞く時って、たいがい何かをやりながら。
本や新聞を読みながら、PCをいじりながら、、、とか、
聴きながら寝てしまう事もある。

ライブハウスやコンサート会場だと、聴いてはいるが、
体感していると言った方がいいのかも知れない。

となると音楽を良く聴いていられるのは、
音響的に問題はあるが運転中なのか、
さすがに寝る事はないしな。

男サマタ
posted by もんち&男サマタ at 11:15| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 本,CD,DVD,映画,劇など | 更新情報をチェックする

2016年04月02日

すべてはニワトリから始まった

昨日、
群馬の「虫の音」
で観た「椎名寛」氏の個展に
行って来ました。

個展は最終日の夕方

早稲田の路地の角に

こじんまりとしたギャラリー

入るとそこには

ギターを演奏する人がいて

それに聴き入る人

絵に見入る人


偶然にも、「虫の音」のサトチエさんや
サトチエさんとのご縁でフェイスブックでお付き合いのある
「高木さん」のお姿も!!!

久しぶりの再会に大喜び☆

そのうち、サトチエさんからの差し入れの

「赤城山」

という日本酒が振る舞われる。
多くは呑めないけれど、美味しいお酒に
私の笑い上戸は、磨きがキラリ

ほんの1時間に満たない時間だったけれど、
開放的な伸び伸びとした時間を過ごす事が出来ました。

椎名さんとも御挨拶ができて何より。

DSC_0335.JPG


帰り道は

ニワトリの絵や、「虫の音」という言葉から

自然、

大好きな、江戸家猫八を偲ぶ気持ちに。


朝を告げる、ニワトリよ

格別な一日をありがとう。


♪もんち
posted by もんち&男サマタ at 13:17| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 本,CD,DVD,映画,劇など | 更新情報をチェックする

2016年04月01日

TIME ブッカーリトル

家にはジャズのCDが結構あるが、そのほとんどがもんちが買ったもの。
DSC_0330 のコピー.jpg
このブッカーリトル「TIME」もそのうちの一枚。
この間初めて聴いてみたが、
ジャズのアドリブのイメージとは違っていて、
クラシックの現代音楽的とでも言うべき旋律で積み上がっている。
1960年頃にこんなのが録音されていたのか、、、

しかし、なんでアイツはこれ買ったのだろう?

男サマタ

posted by もんち&男サマタ at 18:36| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 本,CD,DVD,映画,劇など | 更新情報をチェックする

2016年01月24日

史記

昭和天皇実録の対談集を読んでいたら中国史が読みたくなり、
買ったのが漫画の史記。
DSC_0590 のコピー.jpg
中国大陸には多数の英雄が出現したが、
動乱期の英雄とは、つまるところ、
多くの人を食いっ逸れないようにした人。

人が歴史を作り、歴史がまた人を作る、、、か、
2000年以上経っても変わらんのだな。

男サマタ
posted by もんち&男サマタ at 15:12| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 本,CD,DVD,映画,劇など | 更新情報をチェックする

2016年01月13日

映像

DSC_0573.JPG
久しぶりに映画を観た、と言っても「のようなもの」のDVD。
去年の春に家のテレビが映らなくなってから、
こんなに長く映像を見たのは初めてかも知れない。

台詞とは、仕草や表情によって受ける印象が違うものなのだな、
やはり役者さんってすごいね。
この映画の続編も出来たみたいだし、
たまには映画館に行こうかな。


男サマタ

posted by もんち&男サマタ at 19:05| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 本,CD,DVD,映画,劇など | 更新情報をチェックする

2016年01月03日

今年最初に買った本

初夢に出て来たのはTV時代劇の水戸黄門、
そして翌日の夢に出て来たのは昭和天皇。
なんかよくわからんなぁ。
DSC_0571 のコピー.jpg
昨年末、本屋でいくつか手に取った中にこの本があったが、
こりゃぁ読めって事かと思い今日本屋に行って購入。

一昨年の秋に大々的にニュースになった昭和天皇実録そのものは、
宮内庁が20数年掛けて編集し、去年の春に全19巻のうち2巻が刊行。
残りは5年かけて随時出される、、、とは知ってはいたが、
全部で約12,000ページなんて読めん。
この手の解説、検証しているものが幾つか出ているが、
とりあえず俺が行った本屋にはこれしかなかった、多分。

幼い時から(生まれた時からか)帝王教育を受け、
軍人としても育てられ、
即位して日本の主権者と成り、
帝国陸海軍の大元帥でもあり、
祭祀の大司祭であり現人神であり、
しかも立憲君主制を誰よりも理解していた。
戦後は象徴となり、別の一面では生物学者としても認められていた。
こんな人物は日本の歴史上昭和天皇だけだろ。

それにしては随分と薄っぺらい本だな、
タイトルは「昭和天皇実録の謎を解く」
しかし謎ってなんだ?
まぁ偏ってなさそうだけど、あまり期待しないで読みます。


男さまた
posted by もんち&男サマタ at 22:21| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 本,CD,DVD,映画,劇など | 更新情報をチェックする

2015年11月28日

国民作家

45年前の11月25日は、三島由紀夫があの事件を起こした日。
DSC_0554 のコピー.jpg
いくつか関連したものを読んでみた。
司馬遼太郎が「街道を行く」を書き始めたのは、
三島が亡くなった翌年。
同世代の二人に共通しているのは、
日本の主体性が消失してゆく事に対しての憂いか。
45年経っても変わらん。


男サマタ
posted by もんち&男サマタ at 10:40| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 本,CD,DVD,映画,劇など | 更新情報をチェックする

2015年10月17日

片付けの秋 CD編

本棚も片付いて来たしCDも片付けようかなと、
扉を滅多に開けないCDラックを開けてみた。
よく聴くジャズ系やプログレ系はここには入れてないので、
普段あまり聴かないものが入っているはず。
DSC_0571.JPG
何年か前に大雑把に分類しアーティスト毎にはまとめてみたが、
今やバラバラ。

DSC_0570.JPG
ある棚は、テンプテーションズの両隣にあるのがチックコリアにルーリード、
更には頭脳警察、トムウエイツ、ブレッカー、シアターブルックにプリテンダーズ、クリームか。
ここには無いはずのものまである。

毎度の事だけどアレコレ見ていたら急に聴きたくなり、
聴き始めると片付けにならない、なので終了(笑)
しかし耳の保養になりました。

ふと懐かしい物も見つけてしまった♪
DSC_0569.JPG

さて明日はリハ、、、練るとするか♪


男サマタ



posted by もんち&男サマタ at 18:59| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 本,CD,DVD,映画,劇など | 更新情報をチェックする

2015年10月15日

ロマンスメトロ その2

もんちが俺の買って来た本のカバーを
自分の読みたい本に取りつけて、
ロマンスメトロだなんだと書いていたが、
ヤツの事だから読み終えてもカバーはきっとそのままに違いない。
という事は、、、
俺が電車の中で読もうかと本を持ち出して、
いざ読もうとすると全く違う本だったりする事もあるわけだな (´-ω-`)
なので本棚の本をチェック。
DSC_0565.JPG

とりあえずセーフ、しかし油断はできない。

男サマタ

posted by もんち&男サマタ at 20:17| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 本,CD,DVD,映画,劇など | 更新情報をチェックする

ロマンスメトロ

今日はまず

私の最近の大発明を!


一見すると、何やら難しそうな、新書サイズのこの本。


DSC_0580.JPG

【メディアコントロール/ノームチョムスキー】


しかし!!!


私を甘く見ないで頂きたい!


中を開いてみると


DSC_0582.JPG

ハーレクインロマンス!!!


いっひっひっひー ( ̄ー+ ̄)…


これで、いつでもどこでも


ロマンチック



みなさん


カフェで、電車で、

新書サイズの本を読んでいる女性がいたら、

要チェック (☆_☆)

その人の脳内で、一体、どんな事が繰り広げられているか、、、


♪もんち
posted by もんち&男サマタ at 07:31| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 本,CD,DVD,映画,劇など | 更新情報をチェックする

2015年10月07日

男恋夜

誤解されそうな日記のタイトルですが、
DSC_0556.JPG

祥人のニューマキシシングル「男はつらいよ」
まだ発売前なのにスペシャルサンクスとの事で頂きました。
日記のタイトルは収録されている曲名の頭を並べてみたんだけど、
やっぱり怪しい。
怪しいけど毎日聴いてます。
一曲目のオーバーアレンジかって位の賑やかさから、
一転して落ち着いた感じの2曲目、う〜んやられたな♪
そして最後の3曲目の淡々とした歌とどこか牧歌的なアレンジ。
音源の曲順って大切だなと再認識、
特に再録の「恋模様」は良い出来だ。

間もなくに迫った彼のワンマンライブから発売開始。

10月11日(日)
祥人ワンマンライブVol.5
東高円寺Kaztou「雑草魂2015」
開演18:30 開場19:00 チャージ2000円+ドリンク代

同日、祥人マキシシングル「男はつらいよ!」発売
1. 男はつらいよ! 2. 恋模様 3. 夜のレバニラ 500円

スペシャルサンクスって、
小姑娘の「夜のレバニラ」を彼に紹介したからだそうです♪


男サマタ
ラベル:祥人
posted by もんち&男サマタ at 22:01| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 本,CD,DVD,映画,劇など | 更新情報をチェックする

2015年04月20日

全集

DSC_0357 のコピー.jpg
ランボーの全集である。
もんちが図書館で借りて来た。

何十年も前に読んだランボーの全集は、
中原中也、小林秀雄ともう一人で訳したものだった。
たいして面白くもなかったけど、
いくつか引っ掛かる詩があったなぁ、、、
と読んでみたのだが思い出せない。
訳者が違うし、もしかしたらランボーでなかったのか、
だけど、せっかくなのでパラパラと読む。

ランボーは20代の早い時期に詩作を辞めてしまったので、
全集といっても半分は書簡なのだ。
しかし、書簡の方が面白いというか何故か惹かれる。

韻文と散文の境目は、、、あれこれ考え中♪


男サマタ
posted by もんち&男サマタ at 22:22| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 本,CD,DVD,映画,劇など | 更新情報をチェックする

2015年03月25日

欲張りな魚

音楽CDが売れない、ダウンロード販売も減少、、、
だけど、昔は音楽って楽譜か生演奏だけなんだからいいじゃん、、、
なんて思わない。

録音出来る時代になって記録として残せる様になり、
モノとして売れる様になったって事よりも、
録音する事で創造するものが更に多様になった事が重要だと思う。
あのプリンスも「アルバムを覚えてますか」と言ったとか。
構成を考えて録音し、また構成を考えての繰り返し、
作り込まれた名盤と呼ばれるものは単に演奏を記録したものではないよな。

最近よく聴いているのはコレ
DSC_0287.JPG

彼の構成力には脱帽しました♪


男サマタ
posted by もんち&男サマタ at 19:09| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 本,CD,DVD,映画,劇など | 更新情報をチェックする

2015年03月19日

悪の論理 その2

本は電車の中で読む事にしているから、
「悪の論理」を読了するのに3ヶ月近く掛かってしまった。
DSC_0194.JPG
内容は、、、置いとこう。
悪と言っても、犯罪の手引書ではない。
平安時代の悪左府頼長や悪源太義平などの異名、
太平記の悪党と呼ばれた人達、、、
悪という文字には、したたかな強さとでも言うべき意味があった。

歴史は結果が全てだろうが、
どうしてそうなったのか?を知らなければ
結果を誤解したまま同じ過ちを繰り返す。
平和を愛し求める心と情勢を分析する眼は同時に持てるはずなんだけどなぁ。
ローマ法王が第三次世界大戦は始まっていると述べたとか、
俺もそう思う。


男サマタ
posted by もんち&男サマタ at 17:36| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 本,CD,DVD,映画,劇など | 更新情報をチェックする

2015年02月06日

三十四丁目の奇跡

20150206055825625.jpg

久しぶりにDVDを観た、
1947年制作のアメリカ映画。
邦題と中身が一致しないような気もするが、面白い。
彼の国の合理性とでも言うか、
理屈っぽい社会性が垣間見える、
それに対するアンチテーゼと書くと大げさか。
リメイク版もあるそうだが、
もっと感情移入が激しいらしい、
リメイクするとそうなってしまうのは、
社会がそうなっているのか、
もしくは鈍くなっているのか、
たぶん両方だな。

最近は感情表現が激しいのが多くて疲れる、
映画や音楽に限らず。


男さまた
posted by もんち&男サマタ at 05:56| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 本,CD,DVD,映画,劇など | 更新情報をチェックする

2015年02月05日

歴史ロマンス

最近、3冊の本を同時進行で読んでいます。

1冊目
images.jpeg

・空海の風景 司馬遼太郎

理由:家の本棚にあったから。
読む場所:電車。

2冊目
Unknown.jpeg

・三国志 吉川英治

理由:知人に勧められ、ネットで調べたら
「青空文庫」という、著作権の切れた本を集めてあるサイトで
この本が読める事を知り、ちょっと読んでみたら、結構面白かったから。
読む場所:パソコンの前。

3冊目
K-58.jpg

午前0時のキス ブリタニーヤング(ハーレクインロマンス)

理由:うっとりしたいから。
読む場所:布団の中。


自分の好みで読んでいるのは、
3冊目のロマンス小説です。

3つの話を同時に読むなんて始めての事ですが、
ロマンスフィルターをかけて司馬遼太郎や三国志を読むのは
結構、乙な味わい


♪もんち
posted by もんち&男サマタ at 21:12| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 本,CD,DVD,映画,劇など | 更新情報をチェックする

2015年01月14日

ソコにあるものから

今年の年末年始に、一つだけ
決めた事が有ります。

出来るだけ、新しい物を買わない。

「ケチ」じゃないんですよ。


何かの映画で

「持っている物の中から新しい物を産み出す」

という様な言葉を聞き、なるほどねー、なんて妙に感心してしまいまして。

じゃ、試しに、と、
本でも売って小銭を得ようと本棚を漁っていたら
(意味が違うかもですが (^∇^;)ハハ…)

「季節のない街」という山本周五郎の小説を見つけました。

(ちなみに、私の本です。)

ああ、ああ、、これね。なんて、色んな事を思い出しながら、つい、
案の定、読み始めちゃったのです。

そしたら、この本、黒澤明が「どですかでん」という映画にしてる
という事を知りました。

dede.jpg

、、、うーーー。

欲しくなっちゃったよー


♪もんち
posted by もんち&男サマタ at 20:43| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 本,CD,DVD,映画,劇など | 更新情報をチェックする

2015年01月13日

おお グリーン 富山優子

おおグリーンって凄いタイトルだよな♪
DSC_0201.JPG

富山優子とは3度演奏する場で一緒になった。
最初は何年前か忘れたけどネクストサンデー、
二度目は去年の夏のカフェハット、
三度目は去年の秋のネクストサンデー。

聴く度に残る印象が強くなって行った。
時に素っ気なくさえ聴こえる歌声に生き物の様に絡むピアノ、
しかし、その旋律は情念や観念等とは無縁そうにドライに響く、
なのに機械的な冷たさは感じられない。
生きているのだな、、、と何故か思った。

そんな富山優子のピアノでもんちに歌わせてみたい、、、
と思い立ち製作中の音源で一曲弾いて貰いました。

曲は「茜さす雲」

富山優子HP http://www.tomiyama-yuko.com


男サマタ
posted by もんち&男サマタ at 19:18| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 本,CD,DVD,映画,劇など | 更新情報をチェックする

2015年01月06日

悪の論理

年があらたまり、普段会えない人から年賀状やメール、SNSで新年の挨拶が届く。
近所のコンビニに買い物に行けば、いつもは無愛想なお兄ちゃんが
「今年もよろしくお願いいたします」
まぁこれは言わされているのだろうが、
やはり挨拶って良いものだな、
と思うのがこの時期。

毎朝同じ時間の空いた電車に乗っていると、
何人か見知った顔が出来、名前など知らなくとも会釈位はするようになった。
そのうちの一人が声を掛けてきた。
「あけましておめでとうございます」
「おめでとうございます、今朝はちょっと暖かいですね」
等と話していたが、その年配の人は俺の持っていた文庫本に目を止めて、
「それ何十年も前のベストセラーですね」
「そうなんですよ学生時代に読んだのですが、
古本屋で見つけて読み直してます」
20150106054654911.jpg

ここまでスマホで書いてたら電車が目的地に着いたので、、、続く♪

男サマタ
posted by もんち&男サマタ at 06:25| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 本,CD,DVD,映画,劇など | 更新情報をチェックする

2014年10月25日

、、、の謎

20141025115422385.jpg
コンビニに行くと「、、、の謎」というタイトルの本が結構ある。
手に取りパラパラとページをめくるも、アホらしいのがほとんど。
しかし、この本は10年以上も前に読んだ事があるのでは?と中身を見たらやはりそうだった。
伊勢神宮に興味があるわけではないのだが、もう一度読みたくなり購入。
読みたかったのは、森有礼(日本最初の文部大臣)暗殺事件と後のいわゆる国家神道成立の関わりの件、ページ数で言ったら20ページ位。

森有礼は伊勢神宮で不敬を働いた、なんて100年後でも信じている人が居るくらいだから、
風説やらメディアやらにいかに踊らされやすいか、昨今の報道見ていても進歩ないのだなぁ。
要は情報の受け止め方なのか。


男サマタ
posted by もんち&男サマタ at 12:31| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 本,CD,DVD,映画,劇など | 更新情報をチェックする