2019年09月01日

夏休みの宿題

夏は短い。
8月のお盆休みが終わった頃に毎年そう思うのだが、
今年は例年になく梅雨が長かったのでなおさらだ。
その梅雨の間、7月の終わり頃になって、
いきなり猛暑が襲来するまで土日はほぼ雨。
お陰で7月中に終わらせる予定だった庭のバリアフリー化計画は、
全く進捗せず8月に入ってからの夏休みの宿題となってしまった。

バリアフリー化と言っても、
足腰が衰えた父が、
ほんの1.2センチの段差で転ぶのを見て、
敷石の段差を何とかせねばと思ったのが発端。
数年後に車椅子を使う時のことを考えても、
庭の段差は厄介だろう。

F1B87178-87FF-46B6-AFEA-173433D0F672.jpeg
一部に白い砂利があるのは雑草対策で去年施したもの。

段差の解消は敷石を新たに並べて歩行スペースの幅を拡げるのと、
敷石のない箇所に砂利を敷く事で何とかなるかなと敷石を買いに行ったが、
既に庭にある敷石と同じサイズは売ってなかった。
なので一回り小さいサイズのものを買ったが、一枚約24キロ。
12枚買ったので約288キロ、他に路盤材、砂利などでトータル450キロ以上。
運ぶだけで疲れた。
5CA806E8-5413-4043-9C83-768F6E0B0992.jpeg

試しに敷石をいくつか並べてみるとデコボコ、
かえって転びやすくなってしまう。
なので路盤材を撒いてならして高さを調整。
木の板の様に見えるのはコンクリート製の敷石、
こちらは一枚11キロと少々軽いので、
しっかり下地をならさないとグラついてしまう。
C2437461-6F7D-4A82-8DAA-91DEA72EA9E0.jpeg

敷石同士の目地は硅砂で埋めて水を流す。
砂が流れた箇所には硅砂を再度入れて、また水を流す、
何度か繰り返すと目地が治った。
4FDC766C-3DE6-4824-8404-61D105D4C49C.jpeg

とりあえず三日間に分けて終了。
砂利の下はコンクリートを混ぜた砂で固めてある、
雑草対策にもいいだろう。
9BC2B13D-0D06-43DA-BD6E-10561DE41C68.jpeg

あとは左手前の部分をどうするか、
もっと涼しくなったら草むしりしながら考えよう。
posted by もんち&男サマタ at 22:17| 群馬 ☔| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください