2019年06月27日

記号 変身忍者佐藤豪

変身忍者佐藤豪が逝ってしまった、
分かってはいたが、やはり悲しい。

彼の事を、俺は何かの記号の様だと思っている。
プロ、アマ問わず多くのステージを見たが、
そんな事を感じたのは変身忍者佐藤豪だけだった。
ト音記号でも、ヘ音記号でもない、音楽の世界じゃなくて、
大相撲とかプロレスの世界での偉人達に対して感じたものに、
近いのかもしれないが、、、上手く書けん。

日常生活から痛快にピョコンと飛び出てくるポップみたいな白い顔。
漫画、プロレス、裏切り、癌、、、
彼の身に起こった様々な出来事を歌っても、
先ずはステージ上での存在、
そして練られた流れと仕込み。
彼の日記を読んでいると、
全てがステージの為にあったのではと思える。

記号としての日常から離れた今、
見守っていた家族の元に帰ったが、
俺の中では永遠に色褪せない記号のままだ。

合掌
posted by もんち&男サマタ at 23:12| 群馬 ☔| Comment(0) | 音楽関係 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください