2005年06月27日

功名が辻

昨夜はkaztouのヒーロー、小倉マコトさんのワンマンライブだった。
 はっきり言って、私は戦略家である(どこが?)、そして歴史小説ファンである。昔読んだ、司馬遼太郎の小説「功名が辻」の千代さん(良妻賢母のカリスマ)にすっかり影響をうけ、むりやり「サマタを男にしてやってください」と小倉氏に頼み込み、2曲ばかし、参加した訳だ。(どこまで誠か分かりゃしないでしょ?)
 もちろん、サマタは小倉氏のファンであるから喜んでいた。そして毎日毎日、James Jamerson(エレキベース界のカリスマ)になりきって、ブインブインやっていた。ただし、いつも途中で挫折するらしく「俺は俺だ!」と、彼曰く「若手バリバリベース」そして私曰く「バカでバリバリベース」を弾きまくってた訳だ。。(これは誠なり)
 そんな訳で、昨日ばかりは私もマンションの下まで、出掛けるサマタを見送ってやった。あんなに手厚くサマタを見送ったのは、確か永田雅之氏と共演する時以来だったろう。。。
 私も、その後でいざ会場へ。ここが私の情けない所で、心配で見にいっちゃいました。地下鉄の中でも、別に自分が出る訳でもないのにドキドキしてきちゃって、そりゃもう、授業参観へ行く母と同じ気持ちでしたよ(笑)
 んで、ライブが始まった。
 すべてが、きちっとしてて無駄がない。それなのに、心地よい。本当の意味で安心して聴けるというのはこういうことなんだなとつくづく思った。
 そして、サマタの出番である。
本人はもう既に出来上がってたらしいけれど、その分私は、ヒヤヒヤ。。
最初の曲は、ベースの音がでかくって、うわぁああ、と思ったけど、そこは小倉氏、上手くやってくれて、私も一安心。
そして2曲目、、妻の口から言うのもなんですがね、こりゃ良かったよ。もうね、2人が楽しさを競い合っちゃってんの(笑)愉快痛快ってあの事だね!
 その次に出た、源さんと小倉氏のドングリーズは素晴らしかった。
加湿機の曲は前から好きだったけど、rockな感じで、私的にはかなり胸ぐらをつかまれた。しかもラモーンズのTシャツ着てたのよ彼は!!!
 そして、また小倉氏の弾き語りに戻るんだけど、ものすごく何事もなかった様に自然に歌ってた、、。
 アンコール1回で最後に♪お疲れさま~♪の曲をやってライブが終わった。
とても素晴らしいライブだった。
ライブの後は、打ち上げに行った。連チャンでリトアジ!知らない人がいっぱいで緊張したけど、とても楽しかった。
 
山内一豊(千代さんの旦那であり土佐24万石の大名)が織田、豊臣、徳川に仕えて、サマタ(進化論)は木藤氏、永田氏、小倉氏と演奏を交え、私としては本当にうれしい限り。。それもこれも千代さんの知恵のおかげかな(^-^)/
 そして小倉さん、本当にお疲れさまでした☆

♪もんち♪
posted by もんち&男サマタ at 21:27| 東京 🌁| Comment(2) | TrackBack(1) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
素晴らしい!!
はやり、妻が、いや マダムが素晴らしいのだな。

佐俣さん素晴らしかったです。
お疲れ様でした~♪
Posted by ami at 2005年06月28日 21:32
amiさん、ありがとうございます。
俺の演奏はともかく
もんちは素晴らしかったです
俺が練習してるのを
邪魔せんで、よく聞いて
アドバイスしてくれました
俺の弾くベースラインは一歩間違えると
歌をだいなしにしてしまいますから
Posted by 男サマタ at 2005年06月29日 02:32
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック

功名が辻 第四巻 司馬遼太郎
Excerpt: 功名が辻、第4巻を読んだ。山内一豊は関ヶ原の合戦後、晴れて土佐一国の大名となる。ただ、旧長曽我部時代の一領具足というやっかいな連中の抵抗にあい、すんなりと国を治めることができない。政権に対し改革を拒否..
Weblog: 吠えて勝つ
Tracked: 2005-08-18 01:01