2018年10月25日

地図

図書館にあったパンフレットに使われていたのは万国方図の一つ、
ぺリーが浦賀に来る前の物。
太平洋は大日本海、日本海は朝鮮海と書かれている、
まだ国際的に正式名称が決まる以前だから、
地図の作者によって表記がまちまちな時代。
B1CEA902-39A0-4E44-BDC6-0EAE2504F8AA.jpeg

よく見ると千島列島の島々の名前が細かい。
江戸幕府の海防意識は北方のロシアから始まったのだったよな。

万国方図が作られた時代から時が流れ、
幾度かの戦争を経て定まった現在の地図や地名表記をただ眺めても、
何も分からん。

時代ごとの勢力図みたいのって今は教科書とかには載ってないみたい。
特に近現代、例えばこんなの、日露戦争前のアジアの勢力図。
DD8EE117-39BB-4E25-BB81-FAC3B5C4F6C0.jpeg

日清戦争後の三国干渉でロシアが不凍港を手に入れた後、
朝鮮半島は日本の勢力範囲になっているけど併合前、
清帝国は命脈を保ってはいたけど領土の大半を実効支配はしていない。

今現在の勢力図を描いたらどうなるのか、
国境を越えて活動するものは良くも悪くも幾らでもある。
複雑過ぎて描けんのか、
それとも描くとまずいのか。
posted by もんち&男サマタ at 23:04| 群馬 ☔| Comment(2) | 二言三言 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
元気そうで何より。さて…
勤務先周辺の地理をよく知るのは総務局勤務の俺としては役立ち大切である。
知るにつけ驚いたのは『絹』に関する名称が多いことだ。
『シルク云々』『蚕云々』…
横浜線と八高線、そして上信電鉄が果した歴史的役割の大きさをふと思う。
本が読める環境のようだね。
それは本当に良かった。
それではまた。
Posted by 荒地の石 at 2018年10月28日 12:38
元気だよん、時々あちこち行ってはいるぜ。
なるほど八高線から横浜線か、
横浜は日本で最初に西洋化した港町だから、
色々と調べると新たな発見はあるよな。
音楽から離れても好奇心は無くならんね。
Posted by サマタ at 2018年10月30日 17:11
コメントを書く
コチラをクリックしてください