2018年09月18日

太陽光パネル

しばらく空き地だったバイパス沿いの土地。
工事が始まり何かの店舗が出来るのかなと思っていたら、
太陽光パネルの野立てだった。
A9DD8045-B9F7-4F2C-972D-C958E618670E.jpeg

畑だった所、空き家や空き店舗だった所に太陽光パネルが増えてきた。
場所柄からいって駐車場にしても上がりが出ないからな。

太陽光パネルは平地よりも山に行くと更に目立つ、
こちらは木を伐採してのもの。
しかし設置の仕方は様々で、
コンクリートで土台を作ってあるものもあれば、
金属のパイプを地面に挿しただけものある。
土にパイプ挿しただけでは、やがて腐食するよな。
大雨振ったら危ねぇぞ。

野立てパネルの設置基準はどうなっているのかと調べたら、、、無い?
秒速30m~46mの風に耐えうる様に、というのがあったが、
これは50年に一度の大型台風を想定したもの。
先日の台風の瞬間最大風速は60m超だったっけ、
暴風で色んな物が飛んでいた映像を見たばかりだ。
自治体によっては設置基準を設けている所もあったが、
景観保護の為だった。
それも大切でしょうが先ずは安全性じゃないの。

住宅の屋根に太陽光パネルを取り付ける場合の設置基準も無い?
メーカーによって決めてはあるがマチマチ。
何か起こらないと動き出さんのだろうな。

再生可能エネルギーを利用して行く上でのリスク意識が、
どうも低い気がする。


posted by もんち&男サマタ at 12:20| 群馬 ☔| Comment(0) | 二言三言 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください