2017年12月05日

夜明けの辻 の奇跡

5D0F3659-E0F8-42DD-9D97-2B0C1A12EC6E.jpg

先日のブログに書いた
群馬の渋い食堂は
山本周五郎先生のお導きで行ってきました。


山本周五郎展

というのが、横浜でやっていました。
しかし、
なんとなーく行きそびれていて。

6月に法事で山梨に行った時も
甲府でやっていて、車で通りすぎてしまい、行けず。


うーむ、なんだかなあ。。。

、、、そうだ!!!


ならば、全集の一巻から読もう!


と、図書館へ。


一番目のお話  [夜明けの辻]  では

群馬県小幡と、山県大弐という人物が登場してビックリ!


小幡は
主人の実家の近くで
山県大弐は私の両親と同じ山梨県の人。


何という組み合わせ!


そして、ある事を、思い出しました。

ご存知の方もいると思われますが


「読者にいつも賞をもらっていますので」

という理由で賞を辞退した事でも有名な作家なんです、周五郎先生(しびれるね)。

で。

それってさ。


本当の主役は
読んでいるあなた自身なんだよ。


って、事だったのかな??



んもう、だから好きだよお

山本周五郎




🎶もんち





posted by もんち&男サマタ at 21:48| 東京 ☀| Comment(0) | 本,CD,DVD,映画,劇など | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください