2015年07月18日

旅行つれづれ

福島県に行って来た。
旅行って観光名所なんぞ行かなくとも、
普段見れない景色を眺めているだけで行く価値がある。
同じ環境、風景に馴れてしまうと、
何かしら反応が鈍くなってしまうのが人間か。
DSC_0479.JPG
芝生を見ていて何故か砂漠という言葉が浮かんだ、
しかし砂漠の反対のイメージは芝生ではなくて密林だな。
着いた宿の部屋からは竹林が、、、
DSC_0483.JPG
竹林を濡らす雨の音と川のせせらぎが静かに混じる。

宿での宴会もそこそこに抜け出して部屋でTVを見た。
安保法制強行採決、違憲だなんだとかまびすしい。
外交で戦争阻止って言っても外交に必要なのは国力、
国力には経済力だけでなく軍事力も含まれるって知らんのかね。
宿の外は静かなのにTVやネットはヒステリック、
冷静な議論ってのは出来ないものか、
しかし、、、説明下手だな安倍ちゃん。

DSC_0485.JPG
翌朝は台風の影響で大雨洪水警報発令、
それでも予定通り粛々とバスは進む。
裏磐梯の五色沼、何年か前にもんちと来たなぁ、、、
この辺りには磐梯山の爆発により塞き止められた湖沼が200以上あるとか。
その磐梯山の爆発は明治21年、この近く出身の野口英世が明治9年生まれだから、
彼は磐梯山の噴火を体験しているのか。
バスガイドさんの説明は分りやすいが、
車内で盛り上がっている連中には届かない。
説明されても聞く耳持たないヤツは居るからな、、、

DSC_0486.JPG
あいにくの天気だったが表(南)側から観た磐梯山。

国破れて山河あり、、、杜甫の詩がふと浮かんだが、
国破れて山河もなし、、、が今の御時世かもしれん。

男サマタ
posted by もんち&男サマタ at 15:05| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行、遠出など | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック