2005年02月13日

サマちゃんは小倉さんにお熱☆

 今日はライブだった。
基本的に、kaztouにはもう、何年も出てるハコのせいか
対人面での余計な緊張はそんなにしなくて済む。
それに、進化論の音のバランスでも良く判っててくれて、嫌な顔をされずにすむ。
 色んな面で気持ち良くやれるハコだ。
 対バンした人もみんな素晴らしい人材ばかりだった。
(人材についての感想は後日ライブレポートとしてまとめるとして、)
 その中でもサマタは、熱狂的な小倉マコト・ファンで、今回のライブも
小倉氏と共演するために決めたようなもんである。
同氏の「さよならバス」という曲のベースをサマタが弾いたんだけど、
「ジェームス・ジェマーソン」をモロに意識して、ノリノリだった。
 発情期はとっくに過ぎたであろうサマタが小倉氏にぐんぐん迫る演奏は
見ててホント面白かったし(小倉さんには失礼かも知れないけど)二人のノリが近いせいか、
息もピッタリだったように思う。

 サマタよ、良くやった!
これからも色んな人のエキスをもらって、そして私に注ぎ込め!!!
 ふふふ、、、もんちも悪よのう‥‥。

♪もんち♪
posted by もんち&男サマタ at 12:41| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽関係 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック