2017年12月31日

〆の銭湯

12/30 は 言霊表現者の森田智子さんと、銭湯へ。

http://wabiblues.com


目的地は

年末で賑わう商店街から

路地をちょいと入ったところにあった。

nt_170617sentou02.jpg


ここも、芋を洗うような、混みよう。

ボディシャンプーやタオルが無料貸し出し、とサービス満点。

浴場も、脱衣所も、すごく、きれいに掃除されている。

今風のイオンドライヤーと、昔ながらのオカマドライヤー

が仲良く元気に働いていた。


風呂から出て、森田邸へ。

一年の

良かったこと、駄目だったこと、

嬉しかった事、悔しかった事、

やりたいこと、やりたくないこと、

迷っている事、決めた事、

二人で、よくしゃべるなー、ってくらい、喋りまくって

とってもスッキリ (*^O^)!!


元気満タンで、新しい年を迎える、準備満タン!


このブログを読んで下さっているみなさんにも
本年もたくさんお世話になりました。
ありがとうございます!!!

来年も、そんな皆さんのお心に少しでも
触れられます様
頑張ってまいります。

どうぞよろしくお願い致します m(o^ω^o)m


♬もんち
posted by もんち&男サマタ at 18:07| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

アルマナックハウスでライブ

12/29は、ヒッッッッサシブリのソロライブ。

@市川 アルマナックハウス


正直、


できんのか?!


って感じだったけれど、

大丈夫だよー、大丈夫だよー、


を100万回となえて

なんとかかんとかやり遂げた。


御来場のみなさま、
急病により、出演出来なかった者が出たことで
突然の時間変更にご対応頂けましたこと、
お詫びするとともに、
感謝申し上げます。

ありがとうございました。



♬もんち

セットリスト

イントロダクション:アルマナックに来た経緯
1.Heart of gold (Neil Young)
2.歳月
3.やめて!よして!
4.平凡という宝物
5.布団よ、布団(dona-dona 替え歌)
6.サマータイムブルー
7.ほめソング
8.スプリングソング
エンディング:今夜、どんな、夢を見る?
アンコール Have you ever seen the rain? (CCR)
posted by もんち&男サマタ at 01:26| 東京 ☀| Comment(0) | 音楽関係 | 更新情報をチェックする

2017年12月30日

アルバム『guardare fisso』曲解説その5「なんだかんだ」

ある時、神保町から西神田を歩いているとこんなフラッグが目に付いた。
nandakanda.jpg
小さい画像で見づらいけど、
「なんだかんだ西神田」とある。
センスはともかく何とリズムのあるフレーズなんだ!
これを見たと同時に「あぁ〜なんだかんだ♬」
というメロディが頭の中で鳴り出した。
これは曲にしちゃおうとスタジオで合わせてみたが、
この時点では歌詞はおろか平歌のメロディさえもなかった。
何回か「あぁ〜なんだかんだ」とベースを弾きながら歌っているうちに、
コード展開が生まれて、、、あぁ出来たなで、その日は終了♪
家に帰って「あぁ〜なんだかんだ」に続くフレーズを色々考えたが、
どれもピンと来ない。
そしたらもんちが「愛おしいこの地球」と続けて歌い出した。
神田からお江戸はおろか日の本を飛び越して地球か(笑)
それを聞いていて平歌の歌詞とメロディがふっと浮かんで来た、
後は一気に書き上げて完成。
それ以来この曲はデュオでやる時を除いて必ずセットリストに入っているんじゃなかろうか、
演奏するのはだいたい最後かな。

歌詞はこちら↓
http://sinnkaronn.seesaa.net/article/417097346.html


この曲の録音作業は珍しくスムーズに進んだ。
シングル、シングルの配信、アルバムと、
その都度ミックスし直してはいるが、
あまり変わってないかもしれないな。

男サマタ
posted by もんち&男サマタ at 14:56| 東京 ☀| Comment(0) | 録音日誌、音源関係 | 更新情報をチェックする

2017年12月27日

婦道会

暮れの忘年会、ライブ、などなど。

顔を出してわかった

それは、

「女子会」という言葉を嫌う人の気持ち。


女性だけで集まって

お酒が入って、語られる内容、

キャーキャー言ってるだけじゃない

服を褒めあうだけじゃない

それは、結構深くて、興味深い。

ましてや、一年の締めくくりの忘年会なら

なおさらなおさら。


たとえどんな「単純作業」も

人とのコミュニケーションをスムーズにして、
作業をやりやすくするという、
政治的アプローチでやっている人とか、

明日の作業の事や、会社全体のことを考えつつも
なるべく、人の言葉に振り回されない様、
黙々と、修行的アプローチでやる人とか、

色々色々いるわけです。

音楽の方面から例をだすと

曲の世界の表現に重きを置く人、

楽器の鳴り、歌も含めて、そこに焦点を合わす人

などなど。

それらは、時と場合によるよねー、ということで
それこそ、本10冊分以上の情報量を凌駕する。


だから、こういう会を

「女子会」という響きにまとめちゃうと、

確かに、ちょっと、軽いかもなー。



でも、私は、

年齢や周りの目を気にせず

こういう会を、

軽やかに「女子会」って言って退けてしまうところも

女性特有の清々しさで、きもちいいなー。

と、感じている。



で、手にしていた本を見たら、、、

image1.jpeg


山本周五郎全集第二巻。

小説 日本婦道記

いくつかの短編で構成されているんだけれど

色んな女性の生き様が描かれていて、

これは、まさに、

読む女子会。

というか、
女子会と呼ぶには、たしかに、抵抗が、、、。


そっか、抵抗を感じるときは

「婦道会」(ふどうかい)

と呼ぶ事にしよう。


可愛くないからボツかもだけど (*^O^)!!



♬もんち
posted by もんち&男サマタ at 23:34| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2017年12月26日

左の胸から

「左の胸から」

涙の数も汗の粒も
作り笑いで凍らせた
氷点下13度 赤道直下
指の先がなぞる36度5分

鳴り響くリズムに震える
左の胸の奥から

重なり合うヘッドライト
バスターミナル光る埃の粒
伸びてゆくアスファルト 並ぶ行く先
二番乗車口東へ向った

鳴り響くリズムが聴こえる
左の胸の奥から

拡がる
繋がる
聴こえる
全ての命

たとえば星を見上げるとか
小さな囁きに耳を澄ますとか
伸びやかに健やかに笑う
こんな事誰も教えてくれないと思っていた

鳴り響くリズムがうなずく
左の胸の奥で
本当さ いつも傍にいる
打ち鳴らす
左の胸から

by 進化論

4thアルバム『guardare fisso』トラック3
posted by もんち&男サマタ at 23:04| 東京 ☀| Comment(0) | 歌詞 | 更新情報をチェックする

2017年12月21日

『12月2日東京シャミット』by ゆうきらチャンネル

ゆうきらチャンネルで12月2日の「東京シャミット」の動画が公開されました。
進化論+西輝の演奏シーンもあるでよ🎵
posted by もんち&男サマタ at 20:58| 東京 ☀| Comment(0) | 動画 | 更新情報をチェックする

2017年12月18日

アルバム『guardare fisso』曲解説その4「左の胸から」

この曲は、2017年の1月から手がけて、
その月の1/28の音小屋でライブで発表しています。


あるドラマーを観察していて
気付いたコトから、曲作りが始まりました。

いつも、常に何かをキープしているということ。

ずーっと吞みをキープしていたり、
ずーっと楽しいノリをキープしたり、
たえず、周りに気を配っていていたり。


そして、ふと、
この視点で他のドラマーの方々を観てみても、
あてはまる様な気がして来て。

ずーっと喋りをキープするひと
ずーっと笑顔をキープするひと
ずーっと黙りをキープするひと

ここまで、如実じゃなくても、だいたい、ノリ(雰囲気)が一定している。

こういうのが自然に出来るところがスゴいなーと
思うのだけど、はたと、気付いた。

そっか、彼等にとっては、リズムを感じとって表に出して(というか、出てしまうのかな?)
生活する事が普通なのかもしれない。。。Σ(・ω・ノ)ノ!


Wikipediaによると
ドラムセットは、大小様々なドラムやシンバル等の打楽器を一人の奏者が演奏可能な配置にまとめたもの。通常椅子に腰掛けて演奏する。主にポピュラー音楽で使用される。ドラムキット、ドラムス、ドラムセットの楽器パートや演奏者を表す言葉としてドラムスとも呼ぶ。略称はDr.、Ds.またはDrums.。


なんかさー、
これって、人体の構成のようで
シンバルやら、スネアなどなどが、臓器や身体のパーツのように思えてくる。

そして、その元締めとなっているのが
彼等が持っている1つの心臓で、
刻まれる音は、いつでも、誰かに、うなずいている、


Unknown-1.jpeg


逆のいい方をすれば

音楽をやっている人も、やっていない人も
生きている人は、皆、ビートを持っているんだなあ。。。
そうかんがえたら、みんな、みんな、スーパードラマーで
リズムに乗って生きているんだ。


CDにはエレキギターが入っていて、男サマタが担当。

どんな感じ?と聞かれたので、

「ダイアーストレイツのマークノップラーみたいな感じでプリーズ!」

と言ったら


「そんなのができるなら、
 俺は今すぐギタリストになるよ!!!」

だって。

、、、だよね。 (*^O^)アハハ!!



♬もんち

posted by もんち&男サマタ at 22:32| 東京 ☀| Comment(0) | 録音日誌、音源関係 | 更新情報をチェックする

帰り路

『帰り路』

追いかけても追いつけない 
急ぎ足の夕陽
暮れなずんだ街に鈍く 
時の鐘 響く

風の音にかき消されても
余韻は続く 
いつまでも胸の中で

風は何も語りもせずに 
駆け抜けて行く 
街の燈は灯り始めた

一つ二つ光り出した 
星を数えて
遊び飽きた子供達も 
家路を急ぐ

風の音に背中を押され
かじかむ手のひらを 
こすり合わせて手を振った

風は何も語りもせずに
駆け抜けて行く 
振り向かないで明日へと

by 進化論

4thアルバム『guardare fisso』トラック2
posted by もんち&男サマタ at 20:55| 東京 ☀| Comment(0) | 歌詞 | 更新情報をチェックする

2017年12月17日

佐藤!歌っているか!by 変身忍者佐藤豪

変身忍者佐藤豪はワンマンで見るべきだ、
と書いていたのは本人だったかな?
まぁそうだろう、と一度でも彼を見た人は思うのではなかろうか。
IMG_20171215_193515 のコピー.jpg
手術から一年、
長丁場のワンマンで体力は持つのか?
この日のステージは長目の語りを挟みながらの進行。

IMG_20171215_200411 のコピー.jpg
絵もそうだけど言葉を選ぶのが上手い。
表意文字である漢字、漢字から派生したひらがなにカタカナ、
彼が描くと日本語はビジュアルな創作物なのだと分かる。

IMG_20171215_210602 のコピー.jpg
ハラカラで弦を切り小休止を挟む。
その後にかすれていた声が徐々に復活して行くのを聞いて、
ちょいと鳥肌が立った。

IMG_20171215_202809 のコピー.jpg
時間は誰にも平等である、、、
なんて嘘っぱちは執念のない人間の戯言。

IMG_20171215_215557 のコピー.jpg
右手のカッティングは終止鬼だったな。

アンコールは「刈り込みマシーン」
ブログのタイトルは、その曲でのセリフ。

凄いものを観させて貰ったぜ、感謝♪

男サマタ
posted by もんち&男サマタ at 19:24| 東京 ☁| Comment(0) | 音楽関係 | 更新情報をチェックする

2017年12月15日

かた焼きそば

先日、小姑娘で食べたのが「かた焼きそば」
正式には何て呼ぶのだったっけな、、、
20171215054719617.jpg

初めて「かた焼きそば」というものを知った時は、
麺を揚げてしまえば硬くなってしまうじゃないか、
そんなもの美味いのか?と思ったものだった。
しかし、とろみのついた具材って柔らかい麺より、
パリパリの麺の方が合うなぁ、誰が考えたのだろう。

たまたま油の中に麺を落としてしまって、
揚がったのを食べてみたらイケるじゃん❢
だったりして♬

男さまた
posted by もんち&男サマタ at 06:07| 東京 ☀| Comment(0) | 食べ物、飲み物 | 更新情報をチェックする

2017年12月11日

指と指が、、、

12月9日は2週続けてのBe-bornで、
Jumpin'Fools X‘mas Liveに二人でオープニングアクトとして参加。
25286943_1552306711484531_467592446_n.jpg
声を掛けて貰った時に出演者も知り合いが多いだろうし、
二人でも良いならいいですよと軽いノリで考えていたけど、
オープニングアクトって大事だよなとも考えていた。
練るか、、、持ち時間は20分、起承転結で4曲だな。
選んだセットリストは、
1「嫌われ者」2「やめてよして」3「平凡という宝物」4「なんだかんだ」
4曲のうち3曲は前週もやった曲だが、
もんちが上手く繋げてMCを考えた。
普段はアンコールが来ない限り滅多にやらない「やめてよして」
別名スーパーの歌を2曲目に持って来て1コーラスを作って加えた。
起承転結とは違うけど風が吹いて笑って泣いて、、、
まぁBe-bornでしか出来ないネタではあったな。
やる人間が楽しんじゃぁ駄目だ!聞いてる人を楽しませろ!
って誰かが言っていたが少しは出来たかな🎵
進化論3.jpg

Jumpin'Fools今日は前半後半でドラムが交代するので延べ11人。
25157961_829495133877659_2315324647540588153_n.jpg
良いバランス、選曲も渋い♬
管はヤノッチさん一人なのにもう一本聴こえる、
と思ったらMrカルロスのギターシンセだった、すげぇ。

Jumpin'Foolsの前半が終わってAMI☆TAMEのお二人。
24862337_829495167210989_5650595607290106890_n.jpg
経歴が物語る歌声に、立ち上がりの素晴らしさ、
歌でも曲でも立ち上がりが重要なんだなぁと分かりました。

Jumpin'Foolsの後半
24899711_829495390544300_8688564812934655508_n.jpg
ゲストでぽん太郎君のパワフルで黒い歌が加わる、
延べで12人か。
AMI☆TAMEの二人も参加して数曲。

盛り沢山の一日だった♬
syuugou1.jpg

進化論の2017年はこれにて終了。
この日もCDお買い上げ頂き感謝、
御来場の皆様ありがとうございました。

男サマタ
posted by もんち&男サマタ at 22:04| 東京 ☀| Comment(0) | 音楽関係 | 更新情報をチェックする

2017年12月10日

晴れ渡る空へ

『晴れ渡る空へ』

南から強く風が吹いて
またひとつ季節が巡る

時が進む速さに遅れまいと
脇目もふらぬ私の側で

水は温んでつぼみは膨らむ
心の中ではとっくに気づいてた
背中を伸ばして空を見上げた、、

晴れ渡る空へ 
渡り鳥が高く舞い上がる
はぐれし者たちを 
置き去りに羽ばたきを止めず
迷えし者たちの 
行き先を教えて


あてもなくいつも探してた
今ここに居る事の意味を

見上げた空に一筋の飛行機雲
飛び立つ鳥を導くように

出逢うこともなく語り合いもせず
無心に羽ばたく姿に今気づいた

高すぎる空を羽ばたく翼と
大地を踏みしめるこの脚は同じもの
胸を張って空を 空を見上げた

晴れ渡る空へ 
渡り鳥よ高く舞い上がれ
はぐれし者たちを 
置き去りに羽ばたきを止めず
迷えし者たちの
行き先を教えて

晴れ渡る空へ 
渡り鳥よ高く舞い上がれ
はぐれし者たちを 
置き去りに羽ばたきを止めず
迷えし者たちの 
行き先は、、、

by 進化論

4thアルバム『guardare fisso』トラック1
posted by もんち&男サマタ at 21:27| 東京 ☀| Comment(0) | 歌詞 | 更新情報をチェックする

個展

先月、カメラマンの荒井さんの個展に行って来た。
IMG_2486 のコピー.jpg
どんな個展だったかは、
それ以前にもんちが行って書いているのでそちらをどうぞ ↓
http://sinnkaronn.seesaa.net/article/454619502.html

酒を飲んで飯を食べながら荒井さんの説明を聞く。
23755206_1417651701682111_7107400047008467797_n.jpg
面白い♬なるほど、、、と思う事も多々あった。
次の構想等も語ってくれた荒井さんの目はキラキラしていたな。

テーマにそってカメラで風景を切り取り、
その膨大な枚数の写真を選別し個展を開く。
しかし、それで終わりではないのだ。

写真に限らず作品を完成させるのは作者だとしても、
それがどう受け止められて、
どの様に影響を与えるのか、
それが続いて行く限りにおいて、
作品は完結しないとも言えるな。

荒井さんの個展を観て以来、
そんな事を考えている今日この頃でした。

男サマタ





posted by もんち&男サマタ at 16:47| 東京 ☀| Comment(0) | 本,CD,DVD,映画,劇など | 更新情報をチェックする

2017年12月05日

夜明けの辻 の奇跡

5D0F3659-E0F8-42DD-9D97-2B0C1A12EC6E.jpg

先日のブログに書いた
群馬の渋い食堂は
山本周五郎先生のお導きで行ってきました。


山本周五郎展

というのが、横浜でやっていました。
しかし、
なんとなーく行きそびれていて。

6月に法事で山梨に行った時も
甲府でやっていて、車で通りすぎてしまい、行けず。


うーむ、なんだかなあ。。。

、、、そうだ!!!


ならば、全集の一巻から読もう!


と、図書館へ。


一番目のお話  [夜明けの辻]  では

群馬県小幡と、山県大弐という人物が登場してビックリ!


小幡は
主人の実家の近くで
山県大弐は私の両親と同じ山梨県の人。


何という組み合わせ!


そして、ある事を、思い出しました。

ご存知の方もいると思われますが


「読者にいつも賞をもらっていますので」

という理由で賞を辞退した事でも有名な作家なんです、周五郎先生(しびれるね)。

で。

それってさ。


本当の主役は
読んでいるあなた自身なんだよ。


って、事だったのかな??



んもう、だから好きだよお

山本周五郎




🎶もんち





posted by もんち&男サマタ at 21:48| 東京 ☀| Comment(0) | 本,CD,DVD,映画,劇など | 更新情報をチェックする

2017年12月03日

東京シャミット

12月2日はBe-bornにて「東京シャミット」に参加🎵

当日は割と早起きしてコンビニに行って新聞を買い、
いつもの休日の朝の様にまったりとしながらもイメージトレーニング。
どうも指の動きが悪い、ビブラートが効かんな、、、
と寒いからイメージしてしまう、
この間見た三橋さんの様なビブラートを掛けるか、
ともイメージしたが俺のベースだとチューニングが狂うかな、
と悪い事しかイメージが浮かんで来ない。
疲れてんのかな、、、と思っていたら、
ディックヨネから入院していてライブに参加出来ないと一報が入った。
ムムム、セットリストを変えねばと二人で家リハ。
もんちのギターは切れている、歌もいい、さて何を演奏するか、
先日のデュオで演奏した秋葉原でのセットリストを参考に考える。
トリオになってから作った曲はドラムが入っているという前提で初めから考えているので、
どうしても違和感がある。
なので二人でやっていた時代の曲をと考えたのだが、
「白いカーテン」が頭の中で鳴っていて離れない。
試しに合わせてみたら、、、イケルな♬
イメージなんて単なる思い込みに過ぎないのかもしれんな。

他の出演者の皆さんに遅れて4時頃に店に入って音合わせ、
「ゆうきら」の西さんが居たのでセットリストの最後に入れた
「なんだかんだ」に参加を頼むと快諾、3人で合わす、、、
流石は西さん、ちょっとホッとしました。

主催者シャミさんの挨拶で幕開け。
o-pen.jpg
やっぱり駄洒落多し(笑)

トップは「ゆうきら」
yukila2.jpg
一番手でコレかよってレベルの高さ♪
お笑いの要素もある。
YouTubeで面白い事もやってます↓
https://www.youtube.com/channel/UCvhf-W6zfMGGTL-iJE9lR2Q

お次は「512」
512.jpg
ストレートなロックでいいバランス♪
馬鹿みたいにデカイ音を出す奴らに聞かせたい。

続いて「U3S」
U3S.jpg
ドラマーのやまとさんが12弦を弾きながら歌うとは、知りませんでした。
ギターデュオの見本になる分担の仕方とでも言うべきか、歌も上手かったな。

んで俺達。
sinkaron1.jpg
結局、トリオで考えていたセットリストから1曲外して2曲加えた。
外したのは「晴れ渡る空に」今のバージョンはドラムがないと厳しい、
替わりは「嫌われ者」とカバーで「Have You Evere Seen the Rain」

4曲目の「太陽がいっぱい」をやっている途中で西さんが飛び入り、
そうだよな、この人だったら全曲頼んでも良かったか、
そのまま最後までカホンを叩いてくれました🎶
sinkaron+nisi.jpg

そして最後は「OMY G」
OMY G!.jpg
ドラムは感動してしまうくらいの音抜けの良さ🎶
う〜ん良いものを聞かせて貰いました。

最後はボーカリストをステージに上げて「スタンドバイミー」
end.jpg
もんちは紅一点だったのかと気付く。

実は、この日にスケジュールを入れたのは、
闘病中だった小姑娘の由美さんが少しでも回復したら、
招待しようと思っての事だった。
由美さんは帰らぬ人となったが、
終演後ハニーさんが「由美さんが来ていたよ」
ともんちに言ったらしい。

ハッ!西さんが飛び入りした「太陽がいっぱい」は、
由美さんが好きだと言ってくれた曲だった、、、
Be-bornのセッションでドラムを叩いていた由美さんが、
西さんに乗り移ってきてくれたのか!
しかし、、、随分大きくなって来てくれたんだね(笑)

御来場の皆様ありがとうございました。

男サマタ

セットリスト
1「嫌われ者」2「Have You Evere Seen the Rain」3「帰り路」4「太陽がいっぱい」
5「平凡という宝物」6「白いカーテン」7「なんだかんだ」

次回の進化論は12月9日同じくBe-bornでのジャンピンフールズのライブに
オープニングアクトとしてデュオで出ます🎶




posted by もんち&男サマタ at 21:57| 東京 ☀| Comment(8) | 音楽関係 | 更新情報をチェックする