samatacharly.jpg mo2.png
スケジュール
08/27(日) 横浜 音小屋
☆4thアルバム「guardare fisso」発売開始1500円☆
☆シングル「なんだかんだ」配信中☆

2017年05月13日

憲法記念日

ほとんど引き蘢っていた連休中も毎日コンビニに行って新聞は買っていました。
5月3日の憲法記念日は朝日と産経の2紙を読み比べる。
様々な意見があって面白いけど既に出尽くされた感は否めないが、
なるほどと思う記事もあったので六法全書を開いた。
IMG_20170504_073551.jpg

朕は、、、に始まる上諭を読めば、
現憲法は大日本帝国憲法を改正したものと解釈出来る、
つまり現憲法と旧憲法には法的連続性があると。
しかし、主権が天皇から国民へと移動したのだから、
法的連続性がないとの見解もある、、、どっちだよ(笑)

日本語としておかしいのでは?との記事もあったので読んでみると、
確かに助詞の使い方が変な箇所がある、
他にも重複して書かれている条項があったり、
官僚天国になる下地はこの条項かぁってのもある、
修正すべきところはさっさとやれよ、と思う。

GHQの占領下に作られた憲法、世界に誇る平和憲法、
そんなところが憲法に対する争点になっているが、
問題は違う所にある気がする。
たとえば憲法学者の大半は自衛隊は違憲だと考えているとか、
しかし違憲立法審査に掛けるなんて事は起こらない、
自衛隊を廃止するなんて誰が考えたって現実的ではないから。
安保法制での政府の解釈変更は違憲だと騒いでも同じ。
譲位の問題だって摂政が憲法に書かれているのに、
わざわざ特例法なんて、、、法を越えた忖度か?

法の下の平等をうたっていても、
国政選挙での定数格差が裁判で違憲状態とされても、
裁判所が選挙無効を言い渡す事はない。
そして国会はわずかな定数是正でお茶を濁す、
三権分立も建前だけか。

結局は黒白はっきりさせるのが嫌いな国民性が問題なのか、
ん?国民性なんて曖昧な言葉を使ってしまった、、、
曖昧にしておくのが好きなくせに、
現実に即した対応をしようとすると、
変節漢だとか攻撃する。
曖昧なままにしておいて何かが起こると、
責任問題を追求する。
そのあたりはハッキリしているんだよな。

編集作業の合間に休憩しようと新聞や本を読んでも、
癒されませんでした(笑)


男サマタ

posted by もんち&男サマタ at 14:46| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
人気商品