samatacharly.jpg mo2.png
スケジュール
06/17(土) 新宿スモーキングブギ
 18:30開場 19:00開演  2,000円+1drink
出演//モンゴリアンバックブリーカーズ/進化論/澄歌〜Smika/乱波250/Bellmond
07/02(日) 阿佐ヶ谷ネクストサンデー
07/16(日) 北千住 Knock
☆4thアルバム「guardare fisso」発売開始1500円☆
☆シングル「なんだかんだ」配信中☆

2016年12月29日

「東京エレジー」での平凡という宝物

集英社の編集部から本が届いた。
IMG_20161229_201643 のコピー.jpg

以前に編集部の方から「平凡という宝物」の歌詞の一部を本に載せたいと連絡があった。
本が出来たら送りますともあったけど忘れていたら、
今日、家に帰ったら届いていた。

本のタイトルは「東京エレジー」副題に居酒屋十二景とあるが、
もんちが出て来るのは居酒屋ではなくて阿佐ヶ谷のチェッカーボード。
IMG_20161229_194553 のコピー.jpg
ライブバーなんだけど居酒屋にステージがあるみたいなお店かな、
俺は行った事ないが、もんちは地味KENさんに誘われて何度か歌った事がある。
著者はブラリとこの店に入って歌を聞いて、CDを買ってくれた様だ。

歌詞ってメロディーと共に頭に浮かぶけど、
あらためて掲載された歌詞だけを読んでみると、
違ったものの様にも思えるし、
受けとめ方も人それぞれなんだな。

この手の本は読んだ事ないけど、
短い正月休みに読んでみよう。


男サマタ
posted by もんち&男サマタ at 21:18| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 本,CD,DVD,映画,劇など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月27日

独唱パンク 〜ありがとう、Reef A〜

@からの続きです。


2016-12-25 21.27.18-2.jpg

斉藤睦 さん
バスドラを和太鼓的に慣らし、ベース(ピッコロベース?)を弾いて歌うという
一風、個性的なスタイル、しかし、そのスタイルの珍しさを感じさせないくらい
楽曲が洗練されていて、聴きやすくて、キャッチー!!!お祭りの音楽を聴いてる様な
弾む、楽しい感覚、、、ダンスミュージック?!
やってる事はおそらく難解なのでしょうけど、
それを感じさせないあたり、見事だなぁ!!!


2016-12-25 22.03.16.jpg

仔羊エルマー さん
こちらの方も初めて拝見しました。
芸人さんです。パイプ椅子で組体操をやったり
私が特に好きだったのが「ヒトラーが九九の七の段を言ったら?」
という「ヒトラー」シリーズ。
面白かった〜 (=^▽^=)


2016-12-25 22.15.50-2.jpg

チバ大三 さん
こちらの方も、何度か御挨拶はしたことはあるのですが
ライブを観るのは始めて。このイベント独唱パンクの主催者。
フルアコ?セミアコ?に、歪み系や、不思議な音色のエフェクターをかまし、
ギターで世界を描きながら、ダイナミックに弾き叫ぶ。素晴らしい。
歌っているテーマも「尊厳」とか「人類の進化」についてのご自身の捉え方などを、
わかりやすく時には笑いも交えて伝えていて、
そういう誠実さや強い意志に、心がピシッとなったなぁ。


そしてそして、
「独唱といっているけれど、今日は特別に、、」と
ジャンベに、Reefのマスター、タカさんとの共演も。

2016-12-25 22.54.45.jpg

タカさん、かっこええ!!!


何故、特別にというと、

2016-12-25 18.05.54.jpg

こちらの、高円寺Reefさんがこの12月いっぱいで
閉店することになったのです。

しかし!
 
2017年2月3日(金)に、
Doctor's BAR(荻窪club Doctor、4階)を移転先となっているのだそうです。
荻窪になり、店名も変わりますが、
高円寺Reefでの営業形態を維持しつつの移転とのことです。


寂しさはあるけれど
ホッと一安心。

昨日の夜ももちろんですが、
私たちも、鈴木知文さんの紹介で出演したことから始まり、
何度もお世話になって、
お客さんからも大好評のお店でした。

音もいいし、料理も美味しいし、
居心地もいいし、
お店の人も感じがいいしねぇ〜♪

おかげさまで
たくさんの素晴らしいミュージシャンの演奏を
体感することができました。
本当に、いくつもの、素晴らしい夜をいただきました。
高円寺Reefさん、それから、Reefで出会った皆さん、
そして、昨日の出演者の皆様、私に
素晴らしい高円寺Reefでの時間を頂き
本当に、ありがとうございました。



♪もんち
posted by もんち&男サマタ at 00:34| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月26日

独唱パンク 〜ありがとう、Reef @〜

昨日は

来年からの活動の栄養補給に

「独唱パンク」

というイベントに行って参りました。



場所は

進化論のライブでお世話になっている

高円寺Reef さん



そして、私に栄養を与えて下さった出演者の皆さんは
コチラでございます (*゚▽゚ノノ゙☆拍手!!!

2016-12-25 18.05.15-3.jpg

鈴木知文さん 
情熱の伊達男!
元気が必要なとき、この人の歌で一発で治りました。
もうね、カッコつけたりするのがこの人の歌を聞いてると
バカバカしくなるというか、出来る事からやっていこう、
そんな気持ちになるんです。


2016-12-25 18.47.25.jpg

高橋小一さん
初めて拝見しました。
印象的だったのが
自殺をする時に生まれる、その情熱の強さをテーマにした曲があったのですが
たしかに、自殺する事も悲しいことだけれども、自殺するまで思い詰めるような出来事や
それを受けとめる心のうちが辛く厳しく悲しいのですよ。
そんな時でも、プラスかマイナス、矢印の向きはどうあれ、
人は、情熱をもって挑むものなんだなぁ、、
その視点に感動したし、深く考えさせられました。


2016-12-25 19.23.41.jpg

おぐまゆき さん
何度か拝見した事があります。
ご自身の在り方、または、在りたい姿、
に、迷いがないところが魅力的でした。
なんていうか聴いているこっちの気持ちの
軸までしっかりしてくるような、、、。
また、繊細かつ強い衝動(このバランスもスゴイ)を持った歌が
12弦ギターの神秘的な響きと
とてもよくマッチして不思議な余韻を味わいました。


2016-12-25 20.12.49.jpg

鈴木秀和さん
「泣いたっていいんだよ」と静かに
言ってくれている様な、それでいて
聴いてる自分が打ち明け話をしたくなるような、
そういう、しんみな優しさが温かいのです〜。

2016-12-25 21.03.47.jpg

藤原愛さん
ちゃんと拝見したのは始めてでしたが
何度かお見掛けしたことがありました。
その時から、ともかく所作のひとつひとつが美しい方だなぁ、
と思っていました。
そして、それが見事に演奏、ライブにしっかりと反映されていて。
もっとも、どっちが、先か、後かはわかりませんけど、
観ていて惚れ惚れしました。



ああ、なんだか長くなってしまいました。
ライブ行くの、久しぶりだったから、すっかり興奮 (*^O^)アハハ!!


Aへ続く。


♪もんち
posted by もんち&男サマタ at 23:33| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月24日

ばらつき

忘年会にクリスマス、来週は大晦日、
今年は師走の行事には全く縁がない。
いろんな事が年末になると集中して来る、
もう少しバラついてくれりゃぁよいのにと思うが、
暦通りに世の中が動いているのは平穏の証しでもある。
20161220054302529.jpg
時間を見つけてはベースを録音。
シンプルなパターンを弾いてみたけど、
音のツブが全く揃ってない、、、
コチラはバラついては困るんだよん(泣)

一段落したら年賀状くらいは書こう。


男さまた
posted by もんち&男サマタ at 14:47| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月19日

レンシソング

レインソング(レッドツェッペリン)

じゃ、ないんですヨ。

連詩ソング。

今年の頭、1月からお世話になってる

詩の仲間たちがやっている

連詩の会というのがあるのです。

時々、私も参加しているのですが

今月は参加出来なくて。

だけど、気を効かせて主催者の恵矢さんが

こんなのを書いたよ〜というのをLINEで送って下さったのです。

私も最近じゃ、連詩のお兄さんお姉さんに触発されて

すっかり、ロマンチストの仲間入り。

ここのところ、大変に、心がウットリしやすくなっているのです。


写真載せますね。

IMG_1235.JPG

IMG_1234.JPG

IMG_1237.JPG


タイトルは「雪」

で、あんまりステキだったから、サマタに読んで聞かせてやろうと思って
声に出して読んでいたら、
曲にしてみようかなぁ〜、、、と閃きまして。

むろん、全体が長いから

各人の部分(一連)ごとに短く曲にして。

コレが思いのほか楽しくて。

スマホの録音機能を使ってギターで弾いて歌って

連詩の皆さんにラインから聞いてもらって。

良かったら、そのうちyoutubeにもアップするので

聴いてみて下さい。


♪もんち
posted by もんち&男サマタ at 21:20| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月18日

無念さ

先日の裁判の判決があった。
前回来た時より霞ヶ関周辺の警備が物々しかったのはプーチン訪日のためか。
東京地裁の正門前では演説やらシュプレヒコールやら、、、
この人達前回も見かけたぞ(笑)
15400458_1104665902980694_7359361360148688379_n.jpg

判決は執行猶予付の禁固刑、まぁそんなもんだろ。
主文を読み上げた後の被告に対する裁判官の言葉が、
前回とは打って変わって優しい口調だった、
なかなかに良い事を言う、
量刑を言い渡すだけけじゃないのね裁判って。

終了後に相手側保険会社の計らいで加害者が謝罪に来た。
頭を下げる加害者を前にして二言三言の言葉を発した義父。
そして長い沈黙、、、
謝罪を受け入れたわけでもない、怒りももちろんある、
しかしそこに見て取れたのは無念さ。
上京して兄と二人で工場を経営し、工場を畳んだ後も近くに住み、
もんちから聞いた話だと水と油の様な性格の兄弟だった様だが、
お互いを思いやる気持ちは長い間も変わる事はなかったはずだ。
故人の無念は義父の無念でもある。

とにかくこれで刑事はけじめがついた、お次は民事、
保険会社の担当者から、更に資料を求められる。
「またかよ、、、」と思いつつ頭の中では、
「それは大丈夫だな」と冷静だった。

人の話を聞く時は無念という言葉のもう一つの意味、
心を無にする事が大事なのだな、
と思った一日でした。


男サマタ

前回の記事 http://sinnkaronn.seesaa.net/article/444690934.html

posted by もんち&男サマタ at 13:49| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月15日

さりげなく、さりげなく。

12/15 晴天

風も少なく、空気は冷たいけれど
温かい日差しの中、
タクシーに40分程乗りました。

「東京地裁まで」

と言うと

「霞ヶ関ですね」

と物腰が柔らかく、スマートな応対。

乗ってみて、ふと、気づいたのが

止まる時も、走り出す時も

身体に一切負担がかからない。


あれれ、これは、、、???

と、

以前、サマタとタクシーに乗ったときのことを思い出しました。


その時、サマタが運転手さんに

「運転、上手いって言ったら失礼ですけど、
本当にステキですね。」

と照れながら感謝を述べていたことがありました。

その後で、私は運転の上手い下手が、よく分からなかったので

どこがステキポイントだったのかを教えてもらっていたのです。



やはり、どんな仕事、芸事でも、

卓越した技術というのは、うっかりすると見落としてしまう様な

「さりげない」ものなんだなぁ。


実家のある大田区から、都心に向かったのですが

五反田を過ぎ、白金台辺りから、東京タワーがドカンと見えて

街並が、ところどころ外国っぽく、都会的に。


同乗していた父が

キョロキョロし始める。


人生の3/4を東京で過ごしていても、純朴です。


かく言う私も、純朴ジュニアですから
黒塗りのタクシーの中から道行く人や街路樹の美しさを堪能し
すっかりセレブ気分。

もっと乗っていたかったなぁ。


父もすっかり気を良くしたようで

会計をするとき、運転手さんに

「5500円?安いもんだなぁ」

なんて、さりげなく、すっかり気が大きくなっていました (*´∀`*)



コレからの季節、忘年会などありますし

もしかしたら、皆さんもタクシーをご利用になるかもしれません。

そんな時、もし、思い出したら

少々痛くとも

どうせ?せっかく?、、まあ、タダ乗りってワケにはいかないんですから、


気持ちよく、さりげなく、カッコつけてみてはいかがでしょうか *^O^)アハハ!!


なーんて、さりげなく、ご提案してみたりして (*´艸`*)ウフッ♪


♪もんち
posted by もんち&男サマタ at 21:30| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月14日

プラス72%

電気に続いてガス使用量のお知らせが来た。
名称未設定.png

電気使用量と違って前年比が表記されていないので、
計算してみたら前年同月比で約72%増加!
暖房でガスストーブ使っているので毎年冬はガス代が上昇するのだが、
11月に雪が降るくらいだから、やはり今年は去年より寒いのだな。
まだ8千円台で済んでいるが、月に2万円を超えた時もあったし、
気を付けよう、、、と思っていたらもんちがやって来た。
「おい電気は減ってるけどガスが増えてるぞ、無駄は押さえてくぞ!」
「へ〜い」
「見てみろよ」
「どらどら、、、あっ!」
「どうした?」
「うちって電気代もガス代も銀行口座から引き落とされていたのね!」

ダメだこりゃぁ (T-T)


男サマタ
posted by もんち&男サマタ at 19:32| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月11日

ネギ その後

20161211131931761.jpg
もんちが植えて俺が育ているネギ。
芽が出て成長して行くのかと思いきや、
6、7センチで成長が止まってしまった。

植えた時期が遅かったのかなぁ、
寒くなってしまったしなぁ、、、
いや、そもそもネギではなくてカイワレじゃないのか?
と鉢を眺めていましたが。

もしかして間引きしないとダメなのでは?
と何本か引っこ抜いてみました。
お茶漬けにのせて食べてみたらネギの味がちゃんとするではないか!
とりあえず緑色のカイワレ疑惑は消えましたな。

正月になったらお雑煮に入れて食べるから、
それまで枯れないでくれ。


男さまた
posted by もんち&男サマタ at 13:37| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月10日

3つの人生から成る、観客の物語

12/10(土) 晴れ

銀杏並木が日差しを受け
強い風にキラキラ光っていた。

そんな今日は
私の大好きな「長谷川裕美さん」の朗読を聞きに行って来ました。

彼女とは
今年の4月に曼荼羅で対バンをした際に知り合いました。

イベントのタイトルは

14963218_1433335670017788_734725436866777587_n.jpg

大人のための、、なんていうと、エロや冗談があるかと思いきや、
そういうのは一切ナシ!


3人の朗読者により、
3つの人生がありました。

7年働いて貯めたお金がスッカラカンになったけど
本人は大喜び!というまるで、
まるで断捨離やミニマリストのパイオニアのような ”しあわせなハンス”

部屋の鍵を外からしっかり掛けて眠らせている12人のお姫様の靴が
なぜか、朝になると毎日ボロボロになっている事の
謎を追った、ある意味 ミステリーがいっぱいの ”踊って踊ってボロボロになった靴” 

子馬が止めるのを聞かず、火の鳥の羽を手にしたイワンに、
数々の災いがふりかかる。も、子馬の機転と切り返しで、乗り越えて
最後はお金も名誉も美しい妻も手に入れるというサクセスストーリー
”イワンと子馬”

どのお話にも共通点があって
いま目の前にある事を一生懸命にやる、という所。

そして、このイベントの主催者「恵矢」さんによる詩二編。
と 詩や物語の伴奏者「いわくらさとこ」さんによる
ピアニカ演奏が2曲。


「大人のための朗読会」
と名打つこのイベント。
主催者の「恵矢」さんが
時間芸術について、とても印象深い事を言っていました。

物語の主人公というのは最初と最後で
何かしら変化している。


なるほど、、、
たしかに、歌でも映画でも小説でも、、そうだねぇ、、
その変化を知らず知らず、見ている側は、見届けているんだなぁ、、

そして
観る前と、観た後では
観る側自身も各々の中に変化が訪れている。

私自身、すごく、静かで落ち着いた気持ちになって
心の中が片付いた感覚がするし、
再会出来た人もいたし、

エロや冗談で何かと”ごまかしがち”な自分を受け入れ、
人と誠実に向き合う事の大切さを噛みしめたりもして
まったくもって、本当に「大人のための朗読会」でした (*'-'*)



♪もんち
posted by もんち&男サマタ at 22:38| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 本,CD,DVD,映画,劇など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月08日

マイナス12%

今月も電気使用量のお知らせが来た。
DSC_0349 のコピー.jpg

前年比で12%減か、、、思い当たるフシがない。
一昨年に照明をいくつかLEDに替えたので、
翌年つまり昨年は前年比20〜30%減っているのが常だったが、
節電なんてさほど意識してないのに、ここに来てまた減っている。

もんちが洗濯機を使う回数が減った?
いや最近は心を入れ替えたのかマメに洗濯している。
もんちが電気を点けっ放しで寝てしまうのが減ったか?
それは変わらんけど、ヤツが点けっ放しにしそうな照明はLEDに替えた。
もんちが電気釜をやめてガスでご飯を炊く様になった?
そんな面倒な事をヤツがするわけはない。

もともとがたいした使用量ではないので、
ちょっとの増減で%表示が上下するとは思うが、
もしかしたら出掛ける事が増えたからか、、、
そう言う事にしておこう。


男サマタ
posted by もんち&男サマタ at 21:57| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月07日

反省とは

去年起きた義理の伯父が被害者となった交通事故の刑事裁判があった。
15241151_1091949244252360_5010152402572187566_n.jpg

事故以来入院していた義理の伯父は今年になって亡くなったが、
直接の死因は既往症とされ事故との因果関係は微妙、、、
それでも、東京地検から加害者を起訴しますと連絡があったのが10月。
事情を聴かれに東京地検に出向いたり、
体調のすぐれない義父の代わりに、
もんちは陳述書を代筆したりして迎えた公判当日。

場所は霞ヶ関の東京地方裁判所。
一階のロビーに置いてある開廷表を見ると、
一日だけで結構な数の、様々な事例の裁判があるのね。
交通事故に関するものは俺達が行く公判だけじゃないか、
起訴理由は危険運転でもないし過失致死でもない過失致傷。
地検の検察官は事故と死因に直接の因果関係はなくとも起訴します、
と言っていたけど、やはり珍しい事例なのかもしれない。

DSC_0346.JPG
傍聴席は30人程、被害者側の遺族と言う事で最前列の席に着席、
法廷内は帽子など着用禁止なので頭がちょいと寒かった。
思っていたより傍聴人が多く居たが、同じ法廷で続けて開かれる公判の関係者かな?

裁判は約1時間、裁判官と検察官から被告に対して質問が飛ぶが、
まともに答えられない。
刑事裁判の被告なんて初めての事だろうし、
強い口調の質問に動揺してんだろうな、、、と当初は思ったが、
「反省してます」と言うか細い言葉が何度か出て分った、
コイツは何も考えていないんだな、、、と。

事故当時の状況を尋ねられても「◎◎だから、、、」
被害者の見舞いに行かなかった理由を尋ねられても、
「電話をしたら断られたから、、、」
事故直後の精神的に不安定な時期を過ぎて仕事もしていて、
事故からは一年経っているのに、こんな事しか言えんのか。

反省していると言うのなら、起こした結果に対する原因を考えて、
「なんでこうなったのか」を何段階も繰り返し、
二度と同じ過ちを犯さない様にしなければ、反省していないのと同じなのだ。
裁判官も見かねて「弁護人などの第三者を介して、、、」と言っていたが、
裁判が進むにつれて怒気が現れていたな。

加害者には何の感情も持っていなかったが、
50近い人間が子供も居て自分で商売をしていているのに、
この一年何も振り返っていなかったのか、、
傍聴していて情けなくなってしまった。

罪を憎んで人に呆れたぜ ┐(´-`)┌


男サマタ




posted by もんち&男サマタ at 23:03| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月04日

年末・ほめ手帳

12月。

空白の多い、今年の手帳を眺める。

ああ、結局何も出来ずじまいだった、とか

書く間もないほど、忙しかったな、とか

思う所は、それぞれです。


大病したわけでも何でもないですが
ともかく、無事にこの師走を迎えられて、良かったというのが、
私の本音です。


さて。

この手帳の空白部分、、どうしたもんかな、と思うのです。

通年であれば、新しい手帳に、エイッと行きたい所ですけど

なんだか、それも、惜しい様な気がします。

そこで、

今年は、一年を振り返り、その部分に
自分に対して「ほめ言葉」を書く事に決めました。


「ほめ日記」

という「自分で自分をほめる日記」があります。

手塚千砂子先生という、人権保護活動家の人が

20年くらい前にこの日記を考案したそうです。


いまでこそ、自分を大切にしましょう、、

とよく聞かれますが、

20年前、この日本で、

「自分をほめようよ!」

と呼びかけ、立ち上がったなんて、すごい勇気です。

お会いして話してみても、パワーがあって、音楽に携わっている方ではありませんが

言う事もやる事も、非常にロックな人です。

私自身、「ほめソング」を出すのには、
非常に、ためらいがありました。
男サマタは幼少期から自分をほめて来た人間でしたが、
私は、自分をけなす事が良い事だと思いこんだ人間でしたから。。

それに「ほめ日記」をつけている事も
人にはなかなか言えずにいましたし(笑)


長くなってしまいました。

ほめ日記の付け方は検索エンジンで色々出て来ます。

手塚千砂子先生のブログ→http://ameblo.jp/homecchi/
本も色々でています。

なお、やってみた人の感想で、面白かった記事がありましたので
そちらもリンクを貼っておきます。
http://girlsrealhack.com/?p=2253

ご興味のあるかたは、是非ご覧になって下さい (^_^)


もんち
posted by もんち&男サマタ at 13:12| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月03日

謎のアクセス数

このブログを初めて12年。
別にたいした事を書いているわけでもないし、
毎日更新しているわけでもないし、ましてや著名人でもないのだが、
ありがたい事に一定の読者の方が居る様で、
一日の訪問者数、アクセス数はだいたい画像の通り。
スクリーンショット 2016-12-03 13.33.37.png
普段は一日の訪問者数が100〜150、アクセス数が400〜600といったところなのだが、
なぜか11月29日はアクセスが7000を超えているではないか。

以前にも何度かアクセス数が1万を超えた日があったが、
その時はアクセス解析によると海外のサイトから飛んで来た模様だった。
今回のは、、、よくわからない。
全ての記事を一日に読んだとしても2600位だからね。

まぁ、読まれている事を意識して、もう少しマメに更新します♪


男さまた

posted by もんち&男サマタ at 22:38| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月02日

枕元の本

20161202054153431.jpg
枕元に置いといて寝る前にちょいと読む、
どちらを手に取るかはその時々で適当にページを開く。

聖書も古事記も、それ以前に書かれた基となる物があったとか。
そこに書かれていた事に思いを馳せて眠りにつく、
しかしイエスもヤマトタケルも夢に出てきた事はない。


男さまた


posted by もんち&男サマタ at 06:03| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 本,CD,DVD,映画,劇など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
人気商品