samatacharly.jpg mo2.png
スケジュール
05/05(祝) 横浜 音小屋『進化論』
出演//進化論 / ヨーシャンズ / 雑金雑魚 / よしだぐみ / INN6(from 熊本)
05/13(土) 歌舞伎町 Janis『進化論』
 出演// 進化論 / toriwo
07/16(日) 北千住 Knock『進化論』
☆シングル「なんだかんだ」配信中☆

2012年10月31日

「ずぼら」と「進化」

電車のつり革広告に目をやると
色々な広告があります。

私が乗った電車は、ココの所
「スマート家電」特集で、

洗濯機や冷蔵庫などをスマフォで操作する事ができますよー。

てな紹介がされておりました。

ついに、ココまで来たか!!!
と感動しちゃうのですが、
よくもまあ、こんな事を、機械君にお願いしようと思ったなぁ、
その発想に、私の様なズボラ人間は感服してしまうのです。

もっとも機械の方は
「人間って、ほんとズボラだよなー」と
あきれてるんじゃないかと思うんですが。

出来ない事を努力して出来る様になるのも
確かに進歩的なことだけれども
出来ない事を、やらなくて済む様に
工夫するのもアリだと思うのです。

こうなると、人間の方は
進化してるんだか、退化してるのだか
ワケが分からなくなっちゃうんだけども。

ま、いーじゃん (o⌒∇⌒o)。
退化も進化のうちでしょー。

♪もんち
posted by もんち&男サマタ at 00:18| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月30日

自分殺し

4015097_1811830849_62large.jpg

♪自分殺して〜生きてんだぜぇ〜!
と歌う「スナック橘」さん。

うーむ。まったく、そのとおりだよね。


ツェッペリンのバラードの一節にこんなフレーズがある。

Since I've been lovin' you
I'm gonna lose my, my worried mind
あなたを愛し続けているから
私は、心を失おうとしているんだ



・・・10代の頃は解らなかったけれど、
深いねぇ。

みんな、心を失おうと、必死。

なぜって?

ホレたハレたに関わらず、それも、

「愛する」

って事だからじゃ〜ん!!!

(ムキャ━━ .*:゚o(*>∇<*)o.+゚━━ ッ ロバートプラントよ、もう、私を好きにしてっっ!!!)


そんな事を、昨夜のライブの帰り、
うつらうつらしながら車の中で思っていたのです。


♪もんち
posted by もんち&男サマタ at 01:16| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月27日

紫のペンの人

今日は、歌詞カードの整理をしました。

前々から、やらなきゃ、と思いつつ
どうしても、やる気になれなくてグダグダしてました。

で、今日、ある事を思いつきました。

そうだ!新しいペンを買いにいこう!!!
そして、自分の好きな「紫色」のペンで、見出しを綺麗につけよう!!!

そう思ったら、俄然やる気が出て来ました☆

で、家の近所の文房具店に。

小さな店なのに紫色のペンは何種類もあって、
油性、水性、細い、太い、と盛りだくさん。
変わり種では、ラメの入ったキラキラペンとか、
書いた後で、良い香りがするヤツとかもあるんだぜ!!

ああ、私が大金持ちだったら、
店中にある紫色のペンを買い占めたいよ。

買えないのならせめて試し書きをっっ!!!

ということで、買いもしないペンを片っ端から試し書き。

今日は他の方が書いたメッセージで面白いのがなかったので、
自分で書いて来ました。

「進化論 10/28 瑞江ホットコロッケ」

むふふふ (*≧艸≦) 。

ちなみに、私が買ったのはインデックスシールと
紫のペン2種。

文房具店は、私の、レジャーランドです。

♪もんち

posted by もんち&男サマタ at 02:19| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月25日

まいるっす

563910_154482108031393_1771363822_n.jpg

この写真を撮ったのはチャーリーさんという人でプロのカメラマン。

私の、男でもなく、女でもない、中性的な部分がよく顕われていると思う。

佐俣などは
「”兄貴”って感じだよなー。」と。

しかも、撮影者の主観を一切感じさせない。
この「主観を感じさせない域」って一体どうやっていくのだろう〜!!!

私が常々心がけている事は
何かを表現しようと思ったら
一番最初に取り組むのは
自分のクセや主張を取り除いていく事なのです。

「かけがえのない自分」とか、邪魔なんです。

取り除いて、取り除いて、そして最後に残るのが

個性。


Kind of Blue に入っている、All blues の
マイルスデイビスのトランペットと
チャーリーさんの写真から、そんな事を感じ、
自分にいささか幻滅したりするのだけど、

幻滅するところから、色々、始まるんだし。
なんて、強がりですが (≧∇≦)アハハ!!。

ああ、まいるっす。

♪もんち
posted by もんち&男サマタ at 23:41| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月24日

さらば、まぼろし

言葉に惑わされすぎなんだよ!



我が夫は常々、私に言います。


121024_1857~001.jpg

・・・なるほど、前から見ただけでは
何の事やら分かりません。

横から見たらこの通り。

121024_1858~001.jpg

るんるんてぃらり〜袖からビニール〜 雷
人の中身なんて分かりゃしないね。

幻滅って素晴らしい事なんじゃないかと、最近思うのです。


♪もんち
posted by もんち&男サマタ at 23:37| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

意地悪ラーメン

DSC02053.jpg

自分で自分の事を、
意外と素直じゃないなー、
と思ってしまう事がありました。

今日、昼休み、メニューが、壁一面に、乱雑に、書いて、貼ってある
ラーメン屋に入りました。

メニューの数もハンパなく多く、
もう、どこを見たら良いのか、何を頼んで良いのやら
サッパリ分からなくなってしまいまして。
昼間の大雨のせいで店は空いていたので
ゆっくりキョロキョロしていたら、お店のオバちゃんが
「ウチはチャンポン屋です〜。お勧めはトマ玉ラーメンです。」
と脈絡があるのだか、ないのだかワカラナイ事を言ったので
私は、

「じゃあ、トマ玉ラーメ、、あ、イヤ、やっぱり麻婆ラーメン」

と、頼みました。

本当は、どっちだって良かったんですけども飛行機飛行機飛行機


♪もんち

※写真の絵は妹が落書きしたものを加工しました。
よく、子供の頃は彼女に意地悪したものです。

posted by もんち&男サマタ at 00:51| 東京 ☔| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月22日

ボインボイン

121021-184140.jpg

ソロにはソロの良いトコロがあるけれど
バンドっていいな、と、つくづく思いました。

※写真は練馬Be-born/ハロウィンナイトでの「ボインボイン」
 練馬近辺の「素敵なお姉さん」で結成。

進化論も出ましたが、写真がなーいふらふら

御来場の方も、CDお買い上げ頂きました方も、来られなかった方も
お店の方も、共演者の方も、本当にありがとうございました。

♪もんち

posted by もんち&男サマタ at 01:10| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月20日

秋の夜ふかし

昨夜はライブハウスへ

2012-10-19 21.48.14.jpg
PENNY IKINGER&DENIZ TEK
ベースはルイスさん、ギターは川口さん

やっぱり日本のバンドって全体的に音でかいよな、
と他のバンドを聴いて思った。
言葉のニュアンスもへったくれもない。
歌を聴き取りずらくするのは、敢えてなのか?
それとも自信がないのか、、、だったら歌うな。

その後、秘密練習をひやかしに
2012-10-20 01.40.19.jpg
今日が本番です。
posted by もんち&男サマタ at 14:40| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月19日

34歳の地図

私は、事務員。

パソコンを使って作業するのですが、
どこに、何の書類があるのだか、探すのに一苦労。

書類は、会社内の人が共有出来るパソコン上のスペース
にあるので、マニュアルにちゃんと書いてあるのです。

が、マニュアルを見て、パソコン上で
アッチの書類出して、コッチの書類でチェックしたり、
ウェブにアクセスしてファイルをダウンロード、、、なんてことをしてますと
頭が混乱して来て、自分が今、何処にいるのかがわからなくなってしまうのです。

そんな時に脳内に流れて来たのが、

♪自由になりたくないかーい?あーつくなりたくはないかーい?

と、なぜか尾崎豊。そんなに熱心に聴いた覚えもないのに。

確かに、まったく持ってワタクシはスクランブリンロケンローでしたが。

「17歳の地図」ならぬ、ワタクシ34歳の地図はもう、ひっちゃかめっちゃか。

でも、周りの方が親切で(まあ、最初だから、、か (^_^;A)
しかも、同じ会社の別の階には、
以前の職場で最高に仲のよかった同僚ナメコ嬢がいて、
時々ランチなどもしているので全然大丈夫 (^o^)v。

ああ、どうか神様。
周りの方にあきれられないうちに
仕事を覚えることができますように。


♪もんち
posted by もんち&男サマタ at 22:24| 東京 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月17日

ラジオです

既にお聴きの方もいらっしゃるかとおもいますが、
先日収録しました、ネットラジオ。
ただいま配信中です。

http://girlsvocallive.com/radio/page/take.html

「LISTEN」というのを押してみて下さい。
音声ファイルなので、携帯でも聴けるとか、聴けないとか。

どうしても聴きたいけれど、聴けないという方はご一報下さい。
それほど身のある話はしておりませんが (*^O^)!!


ラジオではマイクの感度もいいのに、

ライブの時の習慣で、
男サマタやエンちゃんの言った事が
客席に聴きずらい事を回避するため
私が改めて言う、という工夫(余計なお世話)をしているのですが、
それを、ラジオでもやってしまっていて、少々ウザイです、アイアム。

ごめんあそばせ。

TAKEさん(ラジオのパーソナリティの方)、ラジオの関係者の皆様
ありがとうございました!!!

♪もんち

posted by もんち&男サマタ at 01:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月14日

本当と噓 解説その6「雨がやんだら 楽曲」

この曲もドラムを録音した後にあれこれと変化した。
イントロにはガットギターのアルペジオが欲しいな、
と入れてみたところ、歌のサイズも変えたいなとなり、
1コーラス目の歌を2小節ずつ間隔を空けて歌を録ってみたら、
エインズリーのリムショットと相まってベース要らないじゃんとなってしまった。
ならば俺のスキャットでも入れようかと考えたが、
「そんなの要らないよ!」と言われるのが目に見えていたから、
やっぱりベースを入れた。

で聴いてみるとガットギター、ベース、バスドラの低音が濁って気持ち悪い。
しかしガットギターの箱鳴りとバスドラは抑えたくない、
イコライザーや何やらで調整しても今ひとつ、
そこでベースの低音域を思い切ってカットしてボリュームペダルを使用。
121014-022715.jpg

編集の間にやったライブでやってみたら、あぁこれだ、となった。
しばらく使ってなかったから脚がつったけど。
ベースは曲を通して歪ませてある。

もんちが「お願いばっかり」の所が気に入らないからと
歌も何度か録り直した。
なんだかんだでこの曲が一番時間掛かったな。
アクセントとして途中まで入れたタンバリンはエンちゃんのアイデア、締まったな。

アウトロは、この曲と「影」を並べると決めていたので
SEとして雨の音を被せてみた。
ライブでは2曲続けてやる事が多いのは、録音を始める前からである。


男サマタ
posted by もんち&男サマタ at 04:20| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 録音日誌、音源関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

本当と噓 解説その5「雨がやんだら 歌詞」

この曲の歌詞はもんちが一人で書いたもの、
下の写真の様に、おじさん達に囲まれる!
みたいな心境の歌かと当初は思ってたら、違っていた。
20121013_140124.jpg


物事に光と影があるように
一人の人間にも、
明るい部分、暗い部分、
男性的な部分、女性的な部分、
相反するモノがたくさんあって、
その上でさらに
顔で笑って心で泣いたりする。
というような、演技が入る。

また、ハッキリと白黒分けられるモノでもなくて
だいたいの事は

グレー なわけです。

うぅーーーややこしいよ、人間。

例えば、人を好きになると、どうしても避けて通れないのが
「相手は自分をどう思っているだろうか?」という問題。

「もしかしたら向こうも好きかもしれない」
「でもやっぱりダメだ〜」

相手の気持ちが気になってしょうがなくて
アタフタする割には、
相手を全然、冷静に分析出来ない。

悲しい歌も楽しい歌も
すべてが自分と相手の事を歌っている様に聴こえる。

疑り過ぎて、上手くいくモノも上手くいかなくなって
雨の中を外へ飛び出して行きたくなる。

で、気付くのです。

幸せになりたいと思いつつ、
結局は、幸せを選ばなかったのは自分なんだと。

幸せになるかどうかというのは、
つまるところ、自分で幸せを選ぶかどうかなのだと。

まあ、相手が誘って来たら100%OKってのもアリだと思うけど、
相手や環境に自分を委ねるんじゃなくて、
自分がどうするか、がないとダメなんだよー。

雨がやんだら、どうしようか。
という戒めの曲。

♪もんち
posted by もんち&男サマタ at 03:02| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 録音日誌、音源関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月09日

付け合わせ

121009-200908.jpg

太郎で食べた焼売、付け合わせのレタスが茹でてある、
思い出してみれば、いつもそうだったか。
他のメニューを頼んだ時はどうだったかなぁ、、、
たしか、あの、でかい唐揚げにも温かいレタスがついていた。
生の野菜と温めた野菜、同じ野菜でも食感も違えば甘さも違って来る。
熱を加えるとビタミンが壊れるとも聞くし、50度で茹でるといいとも聞くが、
やっぱり温かい方がホッとする。


男サマタ
posted by もんち&男サマタ at 21:45| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ物、飲み物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月08日

郡山シャーペン

明日から新しい職場。

という事で、私のバッグの中身を大公開!

IMGP3969.JPG

・・・結構、突っ込みどころ満載、MDとかまだ使ってるし ( ̄∀ ̄)
しかも内容は落語。
「雅」なティッシュケースには、デジカメが入ってたり。
「仕事の整理術」なんて本を読んでいる事は、ホントは誰にも知られたくなかったけれど
だって、仕事できないんだもーん (T-T)。

で、この中で、私が新しい職場に行くときは必ず持って行く物が
一番下の薄緑のシャーペン。

その名も「郡山シャーペン」
ずーっっと昔に一緒に働いていた人にもらったもので、
もう、いくつもの会社を共にして来ました。
よく物を失す私ですが、よくも、ここまでついて来てくれたものです。

♪「さようなら」幾つ重ねても、心に残る、出会いのしるし〜♪
(CM:進化論/「あかねさす雲」より)

私は彼女の ”謙虚でひた向きな姿勢” に憧れていて、
使っていたシャーペンを、無理を言って頂いたのです。

明日から、なるべく迷惑かけない様に、頑張ろうわーい(嬉しい顔)

と言ったら、男サマタが一言。

「迷惑なんて、かけてナンボだろうよ!!」

・・・がく〜(落胆した顔)郡山シャーペン、佐俣に貸してあげた方がいいかも。


♪もんち
posted by もんち&男サマタ at 23:25| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月07日

東和田義隆 歌の心地よさ〜歌の始まり

8月のシラフ君企画で何年かぶりに東和田義隆を観て以来、
たまに聴いているのがこれ。
本人も存在を忘れていたみたいだけど、
多重録音もあればライブそのままの曲もある、デモ音源なのかな。
120802-174000.jpg

彼の歌は、なんの事はない日常の出来事を、少し変わった視点で淡々と歌っている。
ちょっと聴くと棒みたいなメロディラインに微妙な抑揚、言葉遊びの様な言葉の繋ぎ方、
だけど韻を踏んでいるのとはちょっと違う、言葉の意味じゃなくて音の流れか、
それが妙に心地よい。

この心地よさは一体なんだろう?
坊さんの読経に似ているのか、、、違う。
歴史の年号を覚えるのによく使う語呂合わせ「うぐいす794平安京」とか、
、、、近い様な気がする。
そういえば俺の母親は戦前の教育を受けたもんだから、
歴代天皇の諡号(おくりな)を年とってからも記憶していて、
「じんむすいぜい〜」と独特な抑揚でうなっていたっけ。
記憶しているといっても、もちろん諡号の音だけなんだろうけど、
これも聴いていて悪い気はしなかった、この感じが近いか。
俺にとっては、頭の記憶領域を微妙に刺激する言葉の音(おん)の流れを持った歌が、
聴いていて心地よい歌なのかもしれない。

そもそも歌とは、記録の為、伝達の為のものだったのではないか。
人類が文字の発明以前に何かを記録しようとすれば、
古代壁画みたいに線で絵をかくか頭に記憶する位しかなかっただろう。
音でしかない言葉を記憶する為には、
その音に抑揚をつけた方が脳を刺激しやすいだろう。
そして抑揚を集団でやりだせばリズムの発生か、、、。

そして、文字が発明されて記録媒体が誕生した以降も、
記憶の為の歌は残ったに違いない、いわゆる口伝というやつか。
秘密を守るためには記録しない方がいいわな、
かって、古今伝授が口伝だった様に。
口伝といえば、帝紀、旧辞が残っていたのに稗田阿礼が暗誦を命ぜられたってのも
考えてみればおかしな話だ、、、権力による歴史の書き換えか。
、、、、話がそれたな。

まぁ音楽聴いてれば、たとえ歌ものでも、歌だけが耳に入って来るわけではない、
カウンターメロディやらもあれば、敢えて歌声に楽器の音をぶつけるアレンジもある。
美しいメロディの歌が、必ずしも頭に残るとか心地よいという訳でもない。
歌詞には意味があるし、その意味を聴き取ろうとするのと、
音を聴き取るのとは別な領域なのだろう、その二つが合わさるポイントが重要なのだな。
シラフ君の必殺の一行に東和田君の音の繋がり、、、
「八月のフォークボールはどこに落ちるか」という企画は今にして思えば秀逸だった。

と書いて来て心地悪い歌を思い出した。
歌会始で聴いたあの抑揚、伝統だかなんだか知らないが
形だけのものは頭に残らん。


男サマタ
posted by もんち&男サマタ at 15:38| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 本,CD,DVD,映画,劇など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
人気商品