2007年07月31日

小さな声で

7月も終わろうとしている。
今の職場に移って、2ヶ月が過ぎた。
業種が特殊な事もあり、まだまだ新米で、やった事の無い事ばかりをやる毎日。
毎日少しずつ自信を付けて行くというよりは、少しずつ自信をなくしている。

しかし隣の席のお姫様上司とも、少しずつ打ち解けて来たし(とても優しいので、あきれられたのかと不安です。)相変わらず、注意力不足によるミスをしてしまったりして、肩身の狭い思いをしながら働いている。まあ、これは自分の能力だと思って諦めてはいる、、それでも、2ヶ月無遅刻!!(1回だけ30秒遅刻をしたが、お姫様上司に助けてもらった。)、、よくやったと自分を褒めてあげたい。

だけど、一つだけ困った事がある。
普通の音量で話が出来ないのだ。
普通というのは、もちろん、私の中での普通である。
周りと談笑するにしても、電話で話すにしても、周りの声が小さいため、
つい、楽しくなって笑ったりしようものなら、私の声だけがやたら響いてしまうのだ。

だけど、何故周りの人間はこんなに小さなボリュームで会話のやり取りができるのか??疑問に思って、なんでも博士の知ったかぶり爺さんの男サマタ聞いてみた。
「ああ、それはね、、職場の環境ってものよ。」
「何それ??」
「お前の職場ってのは、察するに電話にしてもシビアな内容が多いだろう?」
「まあ、そうだねぇ。」
「そんなシビアな話をしてるのに、電話の向こうからゲラゲラ笑ってる声が聞こえたりしたら電話の相手はビックリするだろうし、なんだこの会社は?って事になるだろうよ。」
「はあ、、なるほどねぇ」

こんな風にしてまた、私の目の前に大きな壁が立ちはだかった。
「小さな声で喋る。。。」
歌にしろ、何にしろ、小さく表現するという事はとても練習になる。


これまで、29年生きて来て、未だ克服せず、避けて来たこの悩みにこんな所で出くわすなんて、、「もんち29年目の挑戦!」である。

自分の声が大きい事に関しては、子供の頃から悩んでいた。
しかも、滑舌が良い分、話すのが上手と思われたり、買いかぶられて飛んでもない目に会った。私は、滑舌の良い、話下手の引っ込み思案なのだ。

それに引き換え、男サマタは、滑舌は悪いが、言う事に全く歯に衣着せない、頭の回転が早過ぎて恐らく口が付いて行かない人である。

今宵も、、お互いを、羨ましがってるバカップルな有様です。

さて、、私たち、一緒に暮らし始めて、この7月で5年目を迎えました。
何度もお互いに別れようと思いましたが、こうして、おもしろおかしくやって来れたのは、この日記で日々ストレスを解消してきたからだと思います。そして、なにより読んでくれている方々が私たちに付き合ってくれたからだと本当に心から思っています。日記に対してのメールやコメントはとても励みになりました。つまり、この日記を読んでいる皆さんは半強制的に「進化論の仲人さん」という立場になります。

明日から、8月。
夏だからと言って、危険な恋失恋などあり得ない私たちの日記ですが、常にノンフィクションでこれからもお送りして参ります。

どうぞ、今後とも、末永くごひいきにわーい(嬉しい顔)

♪もんち
posted by もんち&男サマタ at 23:27| 東京 ☀| Comment(3) | 日記 | 更新情報をチェックする

2007年07月30日

ねこだにゃん♪

 ストロベリークラッシュでたまに何曲かベースを弾いているけど、、、
この曲「ねこだにゃん」はベース要らないな、と常々思っていた。薄い音でこそ良さが活きる曲って珍しい。
 今日、MOPチャレンジチャートを覗いたら一位になっていた手(チョキ)
 聴くにはこちらから→http://www.mop.tv/c_chart/c_chart.html

男サマタ
posted by もんち&男サマタ at 16:13| 東京 ☔| Comment(0) | 音楽関係 | 更新情報をチェックする

2007年07月28日

手と脚

私には脚がある。
歩く事も走る事も出来る丈夫なヤツ。
だけど、心の脚はいつの間にか棒になってしまって、
それにも気づかず、歩くこともままならないのに、走ろうとしていた。
走って、走って、自分を置いてけぼりにしようと。

私には手がある。
物を持つ事も、投げる事も出来る、頼もしいヤツ。
だけど、欲しいものが何なのか分からなくなってしまって、
それにも気づかず、手当たり次第見つけては、放り投げていた。
投げて、投げて、最後に残るものが何なのか、知りたかった。

 罰が当たりそうだ。

♪もんち
posted by もんち&男サマタ at 17:22| 東京 🌁| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2007年07月27日

ノンエフェクト~声なき声

 昨日は久々の平日ライブ、最近は毎日朝が早いから疲れたというか眠かった。そのせいか曲の構成がすっとんでしまったりプリアンプをミュートしたまま始めてしまったりと緊張感のない演奏であった。

 もんちはこの間から使っているエピフォンのシェラトンモデル、弦をダキストのフラット弦に張り替えて挑んだ。横で聴いていると今までと違った感じで新鮮。俺はエフェクトボードを使わずDIとしてプリアンプのみを繋いでみた。最近は飛び道具系の音に頼りすぎかな、、、音色は指だけでも変化させられなきゃぁ、、等と思って弾いてはみたが、、、相変わらず出入りの激しい音じゃ。
 録音したのを聴いてみたら、なんでこんなのが出来ちゃうんだろう?と思う瞬間もあるが、やはり所々が甘い、駄目な時はこんなもんか。ただ、もんちの歌はサボってたわりには良かったかな。

 タイバンの祥人君は珍しくアップテンポの曲が無いセット、彼の歌には、弾き語りの人にたまに見かける腐った湿り気が無い。様々な想いに流されるのではなく、如何に受け止めるか、、、そして俺は今日もラーメン食べるぜ!彼の覚悟が伝わってくる様だった。

 この日は他に、俺の密かなお気に入り東和田君も登場いい味を出していた。そして進化論のライバル堕落論が出演、果たして彼らはまたもや解散するのだろうか?

セットリスト
1「逃亡者」2「自分のサイズ」3「多摩川慕情」
4「土竜」5「嫌われ者(中間部ファンクバージョン)」

男さまた
posted by もんち&男サマタ at 16:56| 東京 ☀| Comment(5) | 音楽関係 | 更新情報をチェックする

2007年07月25日

上から目線

最近、巷でよく聞く「上から目線」という言葉。

いやあ、電車に乗ってるといるね、いるいる。
意外に若い世代に多いのか?それとも若い世代の声や喋り方が独特だから自然に耳には行って来てしまうのか?定かではないが、今日はこんな話を盗み聞き。。

電車に乗ってる幸せそうな一組のカップルさん。

男の方が聞き役で、女の方が会社であった事をベラベラ喋っている。なかなか、話の説明やなんかも上手で、思わず、私まで相づちを打ちそうになってしまうくらいだった。
そんな感じで私も楽しんでいたのだが、段々、彼女の言い方に嫌気がさして来たのだ。

「普通に、こういう事があって◎◎さんと話したら、◎◎さんはこう言ってね、
私的には、そんなのおかしくない?って思った訳。っていうか、◎◎さんって全然分かってないの。私だったら、こうやってああやるのに、◎◎さんはすごく遅くて、、上司も私の方が早いって分かってるから、私に頼みたそうなんだけど、◎◎さんに言えないでいるって感じなの。だから私「3歩先見て仕事した方がいいわよ」って言ったの。◎◎さんが頑張ってるのはよく分るんだけど、もう少し理解してもらわないと、それに、相手先の会社は私とツーカーだからさ、、まあでも、結局私は派遣だから。色々言えないんだけどね。どうして、あの仕事を◎◎さんに頼んだのかしら?」

最初は◎◎さんが自分と重なっちゃって、ああ◎◎さんよ、、とか思ってたんだけど、
だんだん腹が立って来ちゃってね。喋ってる彼女がいくら正しくったってさ、こんな事、よく人前で言えるよね。しかも、一緒にいるそこの男はアンタが惚れた男でしょうよ?
男も男でさ「◎◎さん、バカじゃね?」とか言いやがってよ。「バカじゃね?」はアンタだよ!
結局、この女が言いたかった事は「自分がいかに会社でデキル女か!」って事じゃない。
しかも「頑張ってるのは分かってる」とか何とか言っちゃってさ。分かってるなら、どうしてフォローをしないんだ?え?派遣だから?そんな言い訳するくらいなら、人の評価なんかしないで自分の仕事をやんなさいよ!

電車の中で聞いただけだから、腹を立てる前にその背景にある事を調査するべきだし、判断できるものではない。だけど、だけど、だけど~~~~!!!
評価を素直に求める事は悪い事ではないし、積極的にアピールする事も悪くないと思うけれど、自分よりも劣っている人(本当かどうかは定かではないが)をダシにして、自分の考えやなんかをアピールする傾向。いやだな~。私なんていいおダシが出るんだろうなぁ、、。
なんて思いつつ、つい、自分もこうやって、変な女をダシに、日記を書いてしまっている訳だ。。

オーノー!!同類ではないか。
気をつけよう。

♪もんち


posted by もんち&男サマタ at 00:53| 東京 ☀| Comment(3) | 日記 | 更新情報をチェックする

2007年07月23日

たまには、おノロケを。

こんな男、いなかったなぁ。

最近、男サマタは元気が無かった。

私はココの所、進化論をこの先どうしたらいいのか悩んでいた。
辞めようか?コミックバンドにしようか?ギターで難しい事をバリバリ出来る様になろうか?

とにかく、私は今のままが嫌で嫌でたまらなかった。
私は進化論が大嫌いだと思う事が多くなった。
自然、自分から人を呼ぶ事もなかなか出来ずにいた。
求められてもいない上に、自分達ですら納得のいかない音楽を、無理強いする様で情けなかったからだ。

そんな事を男サマタに伝えた。
ついでに、始めてから8年間、言えずにいた事をぶちまけた。

男サマタは、私の不満を聞いた後、
「そうか」と一言だけ言った。

それ以来、なんだか元気が無かった。
食欲も無い、動きも鈍い、、
こんな事は結婚してから一度もなかった。
もしかして「更年期」?とも思ったが(笑)
そうでない事くらい、私にも分かる。

傷ついたのだろうか?それとも、同じ事を考えていたのか?
私は、元気の無い男サマタに苛立を覚えつつ、こう尋ねた。

「気に入らない事があるなら、言ってよ。」
男サマタはいくら聞いても答えなかった。
私はしまいには、怒ってしまった。
「いい加減にしてよ!」

すると男サマタは言った。
「声の練習は、、してくれ。俺には声の事は何も分からないけれど、
お前がトレーニング(ボイストレーニング)してるのを聞くのが、、、俺は好きなんだ。」

、、、この男には、敵わないな。

♪もんち
posted by もんち&男サマタ at 00:52| 東京 🌁| Comment(7) | 音楽関係 | 更新情報をチェックする

2007年07月21日

新旧

 最近は休みが少ない訳じゃないけど連休がない、まとまった休日はなくとも色々と出来るだろう、、と考えていたが、つい寝過ごしてしまった。早起きできたら聴きに行こうかと思っていたライブも断念。
 午後、二人で買い物に行ってから、俺は録音作業にいそしむ、珍しく鍵盤を弾いた。もんちはギターの弦交換、弦は俺が選んで来た、なんとフラット弦、、、一体、進化論はどこへ向かおうとしているのだろうか、今は新しい事と古い事がごちゃ混ぜになっているが混乱はしていない、まぁ直近のライブでは目新しい事はしないと思うが、ライブ本数はしばらく増えないだろう。
 それにしても録音中にディスクエラーが頻繁に起きる、早く仕上げないと今までの苦労がパーになるか?ちょいと心配。
 一息つけてテレビをつけたらサッカーをやっていた、、日本代表も新旧ごちゃ混ぜだな、等と思って観ていたら「高原ゴ~ル!」思わず歓声をあげてしまった。

男サマタ
posted by もんち&男サマタ at 21:29| 東京 🌁| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2007年07月19日

気楽な飲み会

週も半ばの水曜日は、以前の職場でお世話になった同僚と、その夫と3人で呑みに行った。

この同僚の話は、前にも少しだけ触れたが、こんな感じの方である。
(→http://sinnkaronn.seesaa.net/article/32525143.html

男サマタは仕事で行く事ができなかったが、
同世代が3人集まって、喋り倒してきた。

かつての同僚だったの彼女はとても面倒見のいい方で、ご存知の通り、私はちゃらんぽらんでしたから、この世はまったく上手くできている。

そんな彼女の夫は無口ではあるが、私と共通点も多く、とても親近感を覚えた。
真面目そうに見えて、くだらない事が好きだったり、叱られると分かっているのに、ついつい同じ間違いを繰り返してしまったり、東京の下町に生まれたくせに巨人が苦手だったり、、、。どうせだったら、彼の知的な部分が似ていた方がいいのに、と思いつつ笑い話に花が咲いた。
 
 飲み会を終えて、さよならする時に梅ジュースをもらった。
彼女が手作りしてくれたのだ。

 早速、飲んでます。ごちそうさまです。

♪もんち
  
posted by もんち&男サマタ at 00:00| 東京 🌁| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2007年07月18日

ピョン吉号のへこみ

 進化論の脚として活躍しているピョン吉号には、いつのまにか付けられた凹みがあった。修理にだすと高そうだし、、、としばらく放置していたら
「ラビィさんに頼めば?」
ラビィさんはタイセアムで知り合った元プロのドラマー、今もBE bornで連日叩いているが本業で車の凹みを直している。
 早速HPを調べ、施行例をみる、ちょいと難しそうかなと思ったが、写真を添えてメールを送ってみた。そして今日、ラビィさんがやって来た、、、
「う~ん、、、これはどうかな、、まぁやってみましょう」
傍らで見てたけど、不思議に凹みが消えて行く、、かれこれ1時間ちょっとで終了、見事ピョン吉は凹みから立ち直り、嬉しそう。
  Jul18_1542.jpg  Jul18_1335.jpg
 ダッシュボードに鎮座するピョン吉と作業中のラビィさん

 デントリペアらびぃのHP『http://rabby.sub.jp/

男サマタ

  
 
posted by もんち&男サマタ at 16:30| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2007年07月17日

熱意2


昨日の黒猫バンドの演奏を聴き、
「明日から頑張ろう」とつい思ってしまった私は、
さっそく、今朝、頑張ってみた。

通勤の時に、約一ヶ月聴かないでいた、辞めたボイトレのレッスンを録音したMDを聴いてみた。

少しだけ、再生ボタンを押すのに勇気が要ったけど、
「ち◎ぽこ!!」(←黒猫さんの合言葉)と心の中で叫んだら、朝から思い出し笑いが止まらなくなり、思い悩んでいた自分が馬鹿らしくなり、不思議と苦もなく聴けた。

内容を聴いていると、根がバカ真面目なセイか、気づいたらメモを取っていた。何度も言われて、何度もやったことなのに。と、感傷に耽る間もなく、気づいた時には、あらら、また、一駅乗り過ごしちゃったよ。

♪もんち


posted by もんち&男サマタ at 23:50| 東京 ☔| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

熱意

相手の事も考えずに、自分の気持ちを押し通すのは熱意なんかではない。
そんな様な事を知人のメルマガで読んだ。
確かにそうだ。
そして、だから音楽って怖いのかな?とも思った。

伝えている内容がどんなに素晴らしくても逆にどんなに放送禁止的なことであれ、
その熱意が本物かどうかが聴くモノに伝わってしまうからだ。

それは音そのものに、やる側の「気」が充満してしまうからかもしれない。
言葉では何とでもいえても、音には出てしまうってことかな?

どんなに放送禁止的なものでも、
皆と楽しみたいんだ!という「気」にあふれている物を聴くと
不思議と何となく、「明日も頑張ろうかな?」
そんな気になってしまう。

昨日の黒猫バンドは、
まさに、そんなライブだった。

ありがとう、黒猫兄ちゃん。

♪もんち

posted by もんち&男サマタ at 22:53| 東京 ☔| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

黒猫の夏、、、

 祭日の朝は地震で目が覚めた、、台風の次は地震かよ、、すかさずラジオをつけた、、、子供のときは毎年の様に鯨波へ海水浴に行ってたし、父親が仕事の関係で小千谷に赴任してたから割と中越には馴染みがある、出雲崎、柏崎やら聞き覚えのある地名がひどい様だ、あの辺りの民宿は大丈夫なのだろうか、、、。
 
 飯をたべてから珍しくTVを観ながらベースを練習、黒猫企画のライブで進化論もやるし黒猫ミラクルバンドでもベースを弾く、、、進化論は約2ヶ月振りという事で、何故か俺も一曲歌ってお茶を濁す、、、ただ他の人は良かったなぁ、、、黒猫を除いて、塊君には惹き込まれてしまったし名倉くんは、、、あの顔で犯罪的だし。
 第二部は黒猫ミラクルバンド、、、今まで色んな人と合わせたけど、こんだけバックに徹したのは久しぶり、ゴータさんはカッチョェェ、ジョニーさんの盛り上げるドラムも予想を越えていたな。演歌っぽくやるなんて、、、楽器を弾きだして始めてだった(笑)

楽しかった、、、けれど夏はまだ来ない、、、。

男サマタ
posted by もんち&男サマタ at 01:11| 東京 ☁| Comment(0) | 音楽関係 | 更新情報をチェックする

2007年07月15日

久々のスタジオ

今日は、久々に2人でスタジオへ入った。
2人だけでスタジオで練習をするのはいつ以来だろう?
かれこれ、1年振りくらいだろうか?
いつも練習は家でしているのだが、どうにもこうにも二人とも
ダラダラしてしまい、スタジオを借りて練習する事になった。

普段だったら、徒歩15分くらいで行く近所のスタジオだが、今日は台風の影響で車で行ってみた。運良くスタジオの駐車場を借りる事が出来た☆

さて、練習だが、明後日の黒猫さんのイベントに向けての練習をしたのだが、私はずいぶん練習をサボっていたので全然だめだった。ダメ過ぎて、落ち込むどころか、スタジオに入る前よりもやる気が出て来た。
恥をかいてもいい。
一生懸命やろうと、心から思えた。

考えてみると、沢山ライブをやっていた時は、どうやってその場を凌ぐか、
どうやって、スゴいと思わせるか、どうやって、理解してもらうか、楽しんでもらうか?そんな事ばかり考えていた。それは悪い事ではないし、とても大切な事ではあるけれど、出来ない事ばかりを追いかけて、出来る事をやっていなかったと思う。

久しぶりのライブ、どんな事があるだろうか?

♪もんち
posted by もんち&男サマタ at 22:13| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2007年07月14日

一輪挿し

 秩父に行った時に買った一輪挿し、大根の葉を挿してみた
 かれこれ三週間は経ってるが健気に生きている、、、。
 先日、窓を開けていたらテントウ虫君が葉っぱにとまっていた
 すこしかじられて穴が空いてしまったけど、、、
 「また遊びにこないかな、、、」
 と誰かを待っているみたい、、
  IMGP1158.JPG


男サマタ
posted by もんち&男サマタ at 14:17| 東京 ☔| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2007年07月13日

乗り過ごし

今朝、電車に乗ったら、たまたま席が空いていたので座った。
ラッキー☆
MDで、ヨーヨーマを聞きながら、素敵な朝を迎えていたら、いつの間にか眠ってしまい、
一駅乗り過ごしてしまった。あちゃ~。遅刻はしなかったけれど、
13日の金曜日、、さすがです。

♪もんち
posted by もんち&男サマタ at 21:49| 東京 🌁| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2007年07月12日

702

 休みの今日は、家から一歩も出ずに録音にいそしむ。曲は702号室、9分以上もある、、コーラスを録り直したり、ベースを弾いたり、、、あらかた出来たというか、アラだらけだけど今の時点ではこれでいいやって感じ、ベースのフレーズも色々と考えたけど結局もとの形に近い。夕飯食べたらミックスダウンしてみよう、、、。
  Jul12_1811.jpg

男サマタ
posted by もんち&男サマタ at 18:26| 東京 ☔| Comment(0) | 録音日誌、音源関係 | 更新情報をチェックする

2007年07月10日

練馬 BE born

 先週オープンしたBE bornのチラシ。
  beborn01.jpg 
もんちは日曜日も知合いの貸し切りライブに顔を出して来た、なんたって家から歩いて5分かからない、、、しかし、あのマスターの顔を見ると「生春巻き」が食べたくなるなぁ。

男サマタ
posted by もんち&男サマタ at 00:00| 東京 🌁| Comment(0) | 音楽関係 | 更新情報をチェックする

2007年07月09日

そうと決まった訳でもないのに、
全てを悪い方に考えて、疑心暗鬼になって、
行く先とは逆方向の電車に乗ってしまったり。
雷に打たれて死ぬのではないのかと、生きているやましさからか(ちょっと大げさだね)
恐る恐る家を出て買い物に行ったり。

そんなオーラを出してるもんだから、今日なんて電車に乗ったら、独り言を喋る変なオジさんが私の横に座って、私の耳元に「マ○コ、マ○コ」と囁きはじめたのだ。。。
いくら、男に飢えている妻のキャラで通している私とは言え、恐ろしいったらありゃしない。
そうそうと席を離れたのだが、しばらくすると自分の中で、アレは幻聴だったのではないだろうか?などと、思い始める始末。

その後はひたすら、神頼み、占いに走る。
「どうぞ、○○○ではありません様に。」
「○○○はこの先どうなるのでしょうか?」

おそらくこんな妄想、疑心暗鬼の毎日に疲れ果てて、3月に帯状疱疹になったのだろう。

以前、何度か医者にかかった事があるが、アナタは「病気にはなれないタイプの病気です」と言われた事がある。ホッとしたのも束の間、、私はなんて甘ちゃんなんだろうと、自己嫌悪に陥る始末。

全てを変える為に、生活スタイルを変えた。
挫折もあった。別れもあった。すべて、自分で招いた事の結果だ。
それなのに、また、同じ深みにはまっている。
ダラダラした生活。下世話な話に興じる日々。
依存を断ち切り、人の目を気にせず、
ひっそり丁寧に歌って行こうと、心に決めたのに、
本当に変えたかったのは、自分自身なのに。

そんな調子で家でグズグズ言ってたら雷が堕ちた。。
「サッサと風呂でも入って寝ちまえ!!!」

♪もんち

p.s/皆、心配しないでね☆
posted by もんち&男サマタ at 22:41| 東京 ☀| Comment(2) | 日記 | 更新情報をチェックする

音の艶

 久しぶりに永田雅之と合わせた、去年の9月以来か、上手くノリが合わせられなかった、考えてみれば一度もリハやってないのだから当たり前か、半年以上空けば色々と変わるわな。そんな状況でも必要以上に弾きまくって邪魔をしてしまった。
 しかし、いつも思うが彼の歌には艶がある、歌詞がとんだりしていたけど、、極論してしまえば歌詞なんてどうでもいいやと思わせる余韻があった、その艶を活かす為にも楽器の音色とフレーズを次回までに考えてみよう。

  IMGP1155.JPG

男サマタ
  
posted by もんち&男サマタ at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | 音楽関係 | 更新情報をチェックする

2007年07月08日

ワンピース

今日は、高円寺へ。
職場に着ていくための服がそこをつき始めたのと、時期的にもバーゲンだし。
そう思って、買い物へ出掛けた。
男サマタは、連れて行かなかった。
お目当ての古着屋さんには自分のサイズに合う物が無かったので、パス。
高円寺という街には所狭しと、小さな古着屋がゴマンとあるので、片っ端から見て歩いていたら、街のはずれまで行ってしまった。
結婚する前の様に衝動買いをするわけでもなく、じっくりと、吟味して行く訳だがなんせ店が多すぎる。そして、高円寺色とでも言おうか、どの店もなんだかみんな同じに見えて来るのだ。愛想の悪いスカした店員がいて、見たければ見れば?え?買うの?あんたが?的なのが多い。以前、雑誌に「店員30人に聞きました!こんな客には売りたくない!」というコーナーがありその中で店員が「ダサい人には売りたくないから声も掛けない」という回答があったのだが、もしかして、私は彼女、彼等のお眼鏡に適わなかったのだろうか(笑)?(まあ、向こうも気を使っての事なんでしょうけど。)
で、一件だけ、すごく気になる店があった。
買わないで店を出て行く客にも、買って、店を出て行った客に対するのと同じ様に
「ありがとうございました~☆」
と明るく元気に可愛い声で発する所だ。すごく感じがいいのだ。
品数が結構多いので、見るのに時間がかかったのだが、「何着でも試着して下さいね☆」
と声を掛けてくれた。「こんなダサい私なんかに、ありがとうよ、、」そう心の中で呟きながら、私は2着程試着した。
1着目は明らかに大きかったので、お断りしたのだが、嫌な顔一つ見せない。ココまで来ると、私もこの店で買わなくては、お洒落だった死んだ義理の母にも申し訳が立たない(?)と意地になって探した。するとどこからとも無く現れたのだ。淡いグリーンのワンピースちゃん☆特に気に入ったという訳でもない。ただ、サイズが合いそうだと思ったのだ。それに、今までに無いタイプの服だったから、なんだか新しい自分に変身出来る様な気がしたのだ。つまり、「目が合った」んだね。
 でもって、試着したのだが、なんだか異様にスカートの丈が短く、着た感じがものすごく心細いのだ。考えてみればワンピースなんて、滅多に着ないもの。そこでお店の方にお願いして、試着した所を見て貰った所、丁度いいという事だった。
「本当に、可笑しくないですか?」
「大丈夫ですよ。」
「え?でも、これ短すぎないですか?パンツ見えませんか?」
「大丈夫ですよ。それにもっと短いのもあるんですよ。」
「うそぉ!パンツ見えちゃうじゃないですか?!」
「、、、(苦笑)」

こんなやり取りをしてしまったが、私も女である。
思い切って、ワンピースちゃんをゲットいたしました。

このブログを読んでしまった野郎どもっ!いつでも見たきゃ見ろっっ!
でも、私が「見ないでぇ☆」って言うまで、目をそらすんじゃないぞ!!!


♪もんち
posted by もんち&男サマタ at 00:20| 東京 ☀| Comment(5) | 日記 | 更新情報をチェックする