2005年05月31日

辛子メンタイ

 ここ何年か、家で呑むのは焼酎。以前は完全な日本酒党だったのだけど、嗜好が変わったのか、いまや90%は焼酎、それも『芋』である。
呑む時のツマミはその時々だけど、だいたい何にでも合うね『芋』は。俺の好きな生臭いものから、豆腐やら、肉まで。よく飲む銘柄は『白波』、って言うと、「え~白波?」とよく言われる、確かに旨い『芋』は色々とあるけど、俺には、ちょっと上品かな。

 去年はその『白波』が一時消えてしまったっけ。前年の冷夏による収穫量の落ち込みと、突然の芋焼酎ブームで、、、コンビニでも『芋』を売り始めたし、ただし『白波』より、ちょっと高級そうなのを、、失われた『芋』だったわけよ。

 中島君は「白波なんて、九州じゃあ、そこらにある酒ですよ」って言ってたけど、、、
「うらうらうらうらうらやますぅい~byもんち」

 その『中島哲平ワンマンライブinカットウ(最近、島美人がカウンターに鎮座してる)』

 緊張からか、ちょっとギコチないギターで始まったけど、彼の顔に似合わない(ゴメン)優しい声と、しっかりと伝わる言葉に、すぐに引き込まれてしまった。
過度に抑揚を付け過ぎて、何を歌っているのか判らん、歌い手達に聴かせてやりたい!(手数ばかり多くて何をやってるのか判らんベーシストにも、、、もんちに言われる前に書いとこ)
 
 最初から数曲は、あ!ッと言う間に過ぎてしまった。だって俺、焼酎お代わり1回だけだよ。飛ばし過ぎか?とちょっと心配したけど、そこで小倉マコト登場!彼も、いつもと違うギタリストとして、コーラスとして見事にサポート。「付き合っちゃえよ!」誰が、声掛けたかしらんが全くだ!小倉君は中島君の事、良く判ってんだね。
 その後も中島哲平は息を抜かなかった、いや抜けなかったのだと思う。
 以下は俺の勝手な想像です「息を抜いてしまったらこのステージは、きっと終わってしまう」「途中で終わらせたら、今まで俺が歌ったものは、、、」と、あの優しい歌声の奥で考えていたのだ、「そんな事、考えているヒマねえよ!、、俺は今このステージにいるんや」、、、怒られそうだな、、、、。

そしてギターの絃が切れた、、「ロスタイム」、、サッカーで使う言葉だけど、本来の意味は良く知らん、、ふと思った。「ロストワールド」なら古くは「失楽園」手塚治のマンガなら「宝島」だっけ、「ジェラシックパーク」の映画でも使ってたな。
「失われた時間」面白くも何ともない訳だな、だいたい絃を切って張り替えたりするあいだ、ダレたりする事があるけど、再開が待ち遠しかった。俺だけか?客席もダレたりはしてなかった。
「ロスタイム」は誰にもある、どう使うか。
中島哲平は、きっと必死だったから、そんな事、考えてなかっただろうけど、見事でした。
「あなた達の~、、、桜の温もり」、、いいね演奏したくなりました。

  今、辛子メンタイで失われた『白波』に呑まれてます

 男さまた
posted by もんち&男サマタ at 23:15| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽関係 | 更新情報をチェックする

2005年05月30日

中島哲平さんのワンマンライブ

 本当は私ではなく、ココは1つ我が家の大黒柱・男サマ太郎さん(こういう時だけね☆)に昨日のワンマンの模様を書いて頂きたい所である。が、しかし、昨日、中島氏に頂いた辛子明太子で既に一杯やり始めてしまっているので内助の功というかなんというかで私、不肖もんちが書く事にする。

 なんでこんなに恐縮した書き出しかって~と、
もうハッキリ言ってあーだこーだとゴタク並べてもしょうがないってくらい、素晴らしいライブだった。
 実の所、色々書き留めておこうと思ってライブ中メモをとっておいたりもしたんです。
でも、途中から何にも書いてない、、、そう、やっぱり連れて行かれちゃったよ、中島ワールドに。。。
 何かに夢中になると私もう駄目なんです。

 ライブの後、我々もあつかましく、打ち上げに参加した。
その時に中島氏が言っていた言葉で最も印象的だったのが、、、

(ライブを終えた感想を尋ねられて、、、)
 「ん~、曲の中にスッと入れて、声もスゥッと出たんだ」

そう、まさにそんなライブだった、、、。
テクニックや理論、そういった事がいかに道具にしか過ぎないものだと言う事を改めて教えてもらった。
 もちろん、中島氏が言った言葉の本質を充分に理解しているつもりはない。
ただ、ただ、頷きたくなるような、そんな気持ちだ。

と、またまた私が、、、妄想の世界へひた走ってたら、妨害電波を受信。
 
「お~い、氷、氷、コ、オ、リィ!!!」
 ***(自分でやりなよ!オーラを発信)***

「なんか、今度は甘いものが食べたくなっちゃった。
ねえ、7-11にスウィーツ買いに行ってもイイ?ねえ、ねえ、きいてんの?」
 ***(勝手にしてくれ!と発信)***

 中島氏と、大体似たり寄ったりの嗜好(さつま白波と辛子明太子)であろう男サマ太郎君、
なんでこうも違うんだろうね。。。

♪もんち♪
 
posted by もんち&男サマタ at 21:54| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2005年05月27日

お江戸でござる

 昨日は、御徒町のFへストクラとオカヤンさんを聴きに行った。
途中、秋葉原へ寄り、パソコンを見た。
時間に余裕がなかったのと何処にどの店があるかあまり把握できず2箇所だけ行った。
2箇所目のLaoxは、店員さんの対応が素晴らしく良かった。知的で口数が少なく、私の希望をゆっくり聴いてくれて、それに対しての的確な無駄のない答え。あ~、もう、値段なんかどうでもイイから、この店で買っちゃおうかしら??が、そこは人妻、ぐっと我慢して、選んでもらった本を2册程ゲット!!
 
 さて、本題。
☆オカヤン:ギターインストの大会で準優勝とベストアレンジ賞の受賞者。
 飾らない人柄と、持ち前の行動力であちこち飛び回って音楽活動をしている。
 この日の演奏は、途中までミキサーの調子がなんだか変だったが、ライブ中に原因発覚でき、最後にはやはりバッチリ決めていた。

☆ストロベリークラッシュ:男女2人のユニット。今日も彼等特有の淡い恋物語の世界に連れて行って頂きました。なんつったって、秋葉原でさっきまで胸キュンしてましたから、私の妄想も一段と止まらなくなってしまいました。やはり、ミキサーの調子が悪くちょっと残念だったけど、その分、聴く側もより一層集中して聴けたんではないだろうか?
 
☆おまけ:オカヤンとトシやんとサマタの3人が揃ったからには、やるだろうと思ってた「ビートルズセッション」!マスターの中村さんも「ベースありますよ」なんて悪ノリしちゃって、サマタに持たせたのが運の尽き。それでも最初の内はサマタも”james jamerson”をモロに意識した、なかなか男っぷりの良いベースを弾いていたが、途中でやはり我慢できなくなったのか、「俺は俺だ~」とおしゃべりベースがブリブリ始まってしまった。オカヤンさんの辛そうな顔ったらなかったね(笑)、、、お二人さん、すみません(><)
 
 何はともあれ、ホントに楽しかった!

私たちも、先輩ミュージシャンを呼んで7/21に「F」でやる事になった。
大いに盛り上がれる様、色々とまた仕込みをしなくっちゃ!

♪もんち♪

 
posted by もんち&男サマタ at 22:22| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽関係 | 更新情報をチェックする

2005年05月23日

中田中in Big Mouth を観て

 今日は、午後から病院に行った。
 最近、私は貧血気味で(似合わない、、)通院している。
大した事はないのだが、もしや癌では?と勝手に疑っていたがぜんぜん違った。良かった。
その病院はちょっと変わった予約システムをしており、2~3回通っただけじゃそのシステムがよく判らない。いわゆる歯医者の予約のように「何時に行きます」とかじゃないのだ。電話予約の段階で(当日予約のみ)、それを知らず、「すみません、どういう風になってるんですか?」と聞いたら「とりあえず後で電話して下さい」険のある声で言うではないか。下手に出れば調子こきやがって、とちょっと頭に来たから「あんた、優しく言ってる内に説明しなよ」と岩下志摩の真似をして言ったら「い、今の予約で佐俣さんのお時間は12:30~になります。」最初からそう言えば良いのに。要は、電話した段階での待ち順が判るというシステムらしい。まあ、病院に着いたら着いたでまた待たされて、血圧が上がってしまい正常値になってしまった。
 んで、本題。
そんなブルーな一日を吹き飛ばしてくれるようなライブをみた。
「中田中」さんというのは以前ビッグマウスでご一緒した「蝉」さんのギターのナカさんとボーカルの人マキコさんのユニット名だ。ナカさんはヒロタ美枝子が好きらしくその人の曲を2曲カバーしてたけど、さすが!あの二人にかかるといわゆる古臭さみたいなモノがまるでないのよ。いいなあ、いいなあ、、。とにかく今はただしんみりしていたい。そう思いながらライブが終わった後、席でボーっとしていたら、恐らく40代中頃の独りの男が私の席に座った、、、サマタである。間に合うかどうか微妙とは言ってたが、非常に口惜しそうであった。えへへ、私は聴いたもんね♪と自慢したら、マジで切れそうだった。
また、観に行きたいな☆

♪もんち♪ 
posted by もんち&男サマタ at 23:45| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2005年05月22日

カットウで葛藤しよう!

 誰が見ているか、なんて事を考えるのは、我々にとって100万年早いって事くらい、分っているつもりでいたけど、昨日のカットウは本当に緊張した。お客さんが少なかったのもあり、カットウの実力派が客席にずらり、、、気を使って頂いたのに怖じけづいちゃったよ。で、まあ、あっさり、自分の緊張に負けてしまった。
 でも、できた事もあった。。
声を出す事、ギターの音を出す事、自分をさらけ出す事、いつもは心のどこかでそれを押しとどめようとする、反対の力が働いていたけれど、昨日は自分の中から出ていくモノをいつもより素直に許せてやれたような気もする。うん、これはきっとイイ傾向だ。
 あ・と・は。。。それをコントロールするだけだ(?)
走れ!もんちぃ~!("走れ、ビャッキー"のパクり)

♪もんち♪
posted by もんち&男サマタ at 15:53| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2005年05月21日

床屋へ

今日は髪を切りに行った。やはり洗髪してくれて、顔を剃ってくれる方が良い。マッサージもしてくれるし。
以前に一度だけ1000円カットに行ったけど、、、なんじゃ、ありゃあ!掃除機のオバケみたいので最後に吸い取って終わり、所要時間は約十分、居眠りも出来ねえ。
今日いった所は、聾唖者の人達がやってくれるんだけど、何故か今日はおしゃべりなおばちゃん(経営者か?)に当ってしまった。うとうとしてくると話しかけてくる。
「だいぶ薄くなってきましたね」「、、、」
「薬かけときますね」「、、(なんの薬だよ)」
顔を剃ってる時も話しかけてくる、、、ちょっと恐かった。

男さまた
posted by もんち&男サマタ at 15:42| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2005年05月20日

蕎麦が好き!

 俺がベースの弦を張り替えるのは、今まで、一年半周期かな、サビたり死んだり(ある弦だけ鳴らなくなる)しなければ、もしかしたら永久に替えないかもしれない。今の弦は去年の11月にベースをリペアに出した時、張り替えて貰った物だ、去年の今頃から秋にかけて、新しい楽器を、と思い楽器屋に行っては何十本と弾いたけど「これだ!」という楽器が無かった。
 考えてみれば、俺は弦高あげてるし、、、楽器屋に置いてあるのは普通まともな弦高にしてあるよな、それに良い物は皆「重い」とか考えて今のベースをリペアに出した訳だ。ボロボロだったネックは削り直して、エポキシ塗装して、ピックアップも替えて、、、このベースは知人から2万で買ったのだけど、今までになんやかやで20万は掛けてる、あとはペグだな。
 たまにしか弦を替えんものだから「ゲージ」が判らん、おぼろげな記憶で「ダダリオのソフトゲージを、、」と、弾いてみると何かおかしい。そうだ1弦だけ太くしてたっけ、、、。楽器にはこだわってないけど、指が違和感を訴えている。そうだった、親指で弾いた時、、1弦は太いほうが良いと、、楽器は手で弾いてたんじゃ(ピックでは弾けません、俺は、、)。

昨夜は御徒町の[F]でライブ、カバーをヤルのもいいけど、ただやったのではイカンな、俺達らしくアレンジせねば、というか練習か!さすればアレンジはついて来る、きっと。
タイバンのターボーさん、『ニュウミュージックをやってます』なんて以前言ってたけど、「マイ ラブ」はやるは、アメリカンポップスはやるは、蕎麦は好きだし(彼のブログは面白い!お薦め)、また御一緒したい。
しかし『トラブルズ』が何であんなに受けるんじゃろ、お客さんの年齢層が高いからかなあ、
もんちは店になれてきたのか、はたまた酒のせいか、よく喋ってた(MC)2ステージ目、俺ほとんど話してないもんね、ちょっと消化不良です。

男さまた
posted by もんち&男サマタ at 03:28| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 音楽関係 | 更新情報をチェックする

2005年05月14日

変な家族と私

最近、風呂を沸かし過ぎてしまう傾向がある。
というより、沸かしていることを忘れてしまい、風呂釜がボコボコ言い出して驚いて止めることがよくある。。
 以前、やせ我慢して「アタシャ、江戸っ子でい」なんて入ろうと思ったが無理だった。かき混ぜるのも出来ないくらい熱かったのだ。
 風呂の温度調節って、結構難しい。サマタと結婚するまで、ウチ風呂というものに慣れていなかったので、私が調節するとサマタが「熱い、熱い」と騒ぎ出す。時間を計ってみたところで、その日の気温によって温度が微妙に変わる。どっちが先に入るかによっても温度は変えなくてはならない。
私はやはり熱い風呂が好きだが、温度の調整が上手く行かない時は半身浴なんてのもやる。最初はこれがものすごく気持ち悪かったけど、慣れると案外イイもんで、本を読んだりできてイイ気分である。さすがに銭湯じゃこんなことできないもんね。

 そういえば、5月の連休も実家には帰らなかった。近いけど、半年に1回行けばいい方だ。近くまで行っても寄りやしない。
仲が悪い訳でもないが、うかつに帰るととても疲れるのだ。実家の人間は悪いやつじゃないけど、皆揃って変わり者だから(まあ、私の親姉妹なんだけどさ)。

 先ほど、その実家から久々に電話があった。
 なんか保険がどうのこうのという大変事務的な話だった。
 内容がすむとすぐに切ろうとするので、私が
 「よく故郷の母が電話をかけて来て『お前の好きな○○を作って待ってるよ』なんてのがあるじゃない、そう言うのないの?」と言ったら、
「自分の食べたいもの位、自分で作りなよ」と言われた。
そりゃそうだよね、あはは。空しいというより、もう笑ってしまった。
 
 しかし相変わらず、変わってる、、まあでも元気そうで何よりだった。

♪もんち♪

posted by もんち&男サマタ at 21:48| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2005年05月13日

寡黙な夫婦

今日は、サマタと帰りに池袋で待ち合わせをして外食をした。
久々の繁華街である。
食事の前に、石橋楽器へ寄った。
買うものが決まっているのに、30分ぐらい店の中をウロウロしていた。
もちろん、店内では我々は別行動になる。
ギター売り場でテレキャスターを見ていたら、私の横にカップルが来た。
「これは、なんて言うギター?」「これはテレキャスだよ、、、」「ふーん」
などと、いちゃついている。腹が立つより先に、う、う、羨ましい。。。

 サマタと楽器屋を出て、駅ビルに入ってる簡単なレストランに入った。
金曜日で結構混んでた。
 外食をする際、私には1つの楽しみがある。
それは、周りの人の会話を盗み聞きすることである。
今日、私達の席の隣に座ってたのは女の子の二人組、片方は関西人らしい感じだった。
 内容は割愛するけど結構面白かった。え?男サマタと話さないのかって?
男サマタはボーっと考え事をしているし、私は妄想の世界の中で盗み聞きしている話に相づちを打ったり忙しいからだ。2人でいても心は別々な私達。他に誰かいればよく喋るんだけど。
だからって、喧嘩してるわけじゃないんだけどね。
私自身、うまく筋道をたてて話すコトが苦手ってのもあるんだけど、
何話したらいいのかわかんないんだよね、あの男と差し向いでさ。

 店を出て、帰る途中も終始無言。
時々、左上方から「♪ぷぉ~~ぽぽぽぽっぽ~~~」などとへんてこな声が聞こえてくる。
どうやら、ベースラインらしい。時々、くちドラムを強要される。そう、私はあくまで伴奏なのだ。
 それにしてもハタからみたら薄気味悪い夫婦なんだろうな。

♪もんち♪
posted by もんち&男サマタ at 23:06| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

連続攻撃!!!

 この日記を定期的に読んでいる人にはわかるだろうけど、私にはガラにもなく、歌とか声とか音楽とかそういうことについて妄想するクセがある。(善悪は別にして)
でも、夫や知人とはめったにそういう話はしない。なぜなら、その時々自分にとって必要な事は、自分の生活の中で不思議と気付くきっかけがあるからだ。もちろん、バカな事を言って恥をかきたくないというのもある。(そう、私は案外見栄っ張り…)
 で、まあ、ここまでは前置き。。
 ココ1週間くらい、そういう気付きの連続だった。
気付いてばかりでまだ実践には役立っているわけではない。。。
 <流れ>
 希空さんからのメール→中本マリのレコードをゲットした事→私が職場で尊敬しているTさんが、大変理不尽な思いをしながらも頑張っている姿を見た事→浅野智博さんのCDを聴いた事→何年か振りに友人と再会を果した事→ベースで参加していたバンドのcdが焼き上がったコト、、、

 これらの事柄が、私に一気に襲いかかり、そして私はスゲエ事を気付かされた。
それは一言でいうと「バカになれ」ってこと。(これ以上バカになってどうすると思うかもしれないけど)
「バカ正直」である事がいつでもどこでも正しいとは限らないけれど、「真面目」だとか「前向き」だとか「元気」とか「一生懸命」とか、そういうコトが大人の社会ではなんだかバカバカしいことに思える時ってあるでしょ?でも、やっぱりそれができなきゃ駄目なんだって、気付いたんです。
 そして私は、またもや身の丈に全然合わない事を目指してしまったんです。
ふふふ、それは、テクニックを感じさせない美味さを目指すってコト。
(浅野さんやクラウドダンシングの歌声からはそれが見事に表現されてた。ハッキリ言って夫婦揃って衝撃でした。ホント、色々学ぶコトが多いよ。。。)

---でもさ、私達にはその前にやることがある。
そう「テクニック」を身につけなくっちゃ、、、うわぁあ~~道は険しいぞ!(T-T)

♪もんち♪
posted by もんち&男サマタ at 00:50| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2005年05月11日

5/8ナイトスタンド

 5/8カットウで佐々木君企画のナイトスタンドに行って来た。
勝(ウィズ小松)、ミュウミュウ、浅野、小倉マコト、佐々木、
という(敬称略)メンバーだった。
よく、これだけうまく揃えたもんだ。と感じた位、なんかドンピシャ。
それぞれのスタイル、音楽性も違うのに、、、ノリか?
そうか、皆、前ノリなのだ、それも気持ちの良い。

ちょっと前にPAを替えたカットウは彼等の良さをハコとして充分に引き出せるようになった。
この日きたお客さんは、俺も含めて、得した気分を味わったことだろう。
俺も、刺激を貰いました、ありがとう佐々木君!(日記書けよん)


 男さまた
posted by もんち&男サマタ at 01:10| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽関係 | 更新情報をチェックする

2005年05月07日

見た目はどうであれ…

誤解されるかもしれないけど、私は自分に個性を求められない。
だからかもしれないが、私は自分に自信を持てない。
じゃあ、この2つが欲しいのだろうか??というとそうでもない。確かに、私にはこの2つの事が足りないばっかりにそれを苦にしたり、時には人にバカにされたような気になってしまったり、時には誤解されたんじゃないかとアタフタしてみたりすることはある。
でも、そう感じるのはきっと、自分の中に「自分の情けなさ」そう「思い当たるフシ」があるからなんだと思っている。
 サマタや私の実の親父はそういう私の姿を見ていつも決まって「誤解されるのがヤダったら、、、をやめちまえ!」っていうんだけどさ。
 
 でも今日、「池波正太郎」の作品を読んでいて、私が感じてた、「個性」とか「自信」に対するイメージってほんと馬鹿馬鹿しいものだったんだと気付いた。そして、自分がイメージしてたモノとのギャップも。
 ホントにさり気ない文章、誰でも書けるような、でも池波正太郎ってわかるような、、、
 これは前から思っていた事だけど「個性」は誰にでもあるモノだし、それを強調しようとすると、かえってわざとらしいし、私的にはそういうのってあんまり「イキ」じゃないと思ってた。まあ、人から「個性的」って言われることが個性的な事だと勘違いしてた時期もあったけど。
 でもその一方「自信」に関してはまったく良くわからなかったんだ。だって一歩間違えれば勘違いなわけじゃない。自信満々な人ってちょっと羨ましかったけど。ホントにその人に自信があるかなんてわかりゃしないのに。(誰の事かわかるでしょ?ウチの変人さんのことよ。)
 でも本当の「自信」ってさ、きっと誰かにああだこうだ言われて身につけるものじゃないんだッて思った。誰かに意見をもらったりアドバイスされたりって励みになるし、すごく嬉しいよ。でもそれとはまた別の事だと思う。自分がやってきた事に対して、それをそれこそさりげなく、わからないように表現するのができて始めて「自信」につながっていくんじゃないかって思った。
あっ、言っとくけどこれは私の考え方ですよ。
今日はなんだか理屈っぽいね、、、。

♪もんち♪
posted by もんち&男サマタ at 00:55| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2005年05月05日

女性ボーカリストからの便り

 今日は、すごくイイ日だった。
理由は2つ。
 1つは、カットウに出てる希空さんから励ましのメールをもらった事。
もう1つは、前からずーっと欲しいと思っていたレコードが手に入った事。
「歌」ってイイナ、「音楽」って素晴らしいな。
当たり前過ぎてついつい忘れてしまいがち。
元気と勇気とちょっとの憂い、ロマンと現実とちょっとの駆け引き、、、
ふふふ、、、ワタシの心に5月のさわやか~な風が流れている。

♪もんち♪

今日のレコード「中本マリ��」1975年の作品
posted by もんち&男サマタ at 21:08| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2005年05月03日

風呂場

いま、もんちは風呂にはいってる。あいつは一度はいると、2、3回出て来ては、ごそごそと何か?を風呂に持ち運ぶ、、怪しい、、、今もまた出て来た。もちろん素っ裸で、タオルで拭きもしない、、、、なにか恐いから目を会わせないでPCに向かってる俺、、、静かな時は風呂で本を読んでるのだが、、今日は奇声が聞こえて来る、、小野ヨーコみたいな、、きっと発声練習なのだ、、、もんちは、俺の事を変人というけど、、「いえあ~♪いえあ~♪いえあ~♪、、、」、、また始まった、、、、進化論の理性は俺なのだ、けっして俺は風呂場でベースを弾いたりしないぞ!

男さまた
posted by もんち&男サマタ at 23:24| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2005年05月02日

羨ましいぜ、こんちくしょう!

昨日は、ん?一昨日か、カットウへライブを観に行った。
いやぁ、凹んだよ、、、久々に。あたしなんかが凹んでどうにかなるような人達じゃないんだけどさ、
そりゃあ、わかってんだけどさ、ついつい、生意気に背伸びをして凹んでしまったよ。

 希空さんなんてさ、1人でギター1本持って出て来てさ座って手紙を読む形式を交えて統一感のあるライブをやってて、あたしがこの間やりたかった事を見事にやりあげててさ、しかも可愛いしさ、いいよなあ、、
 その次はさ、ハチドリさん、ギターと歌のバランスがしっかり取れてて、しかも最近歌いはじめたとか言ってるけどすごくイイ味出してるしさ、それなのにそれなのに、御本人は納得がいかないとか言っててさ、あ~もうなんなのさ!
 佐々木さんなんかも、あたしより1コお兄ちゃんなだけなのにギターも歌もすごいし、ラジオからも彼の曲が流れてるらしいしさ、それにそれに、ハンサムさんだしさ、、、
 ストクラなんてさ、一体感が気持ちイイの。それが、ちゃあんと客席に届くの。。。2人のバランスも良かったし、カバーもストクラにぴったりの選曲でさ、、声もキレーな声でさ、、トシヤンのコーラスも色っぽい声でさ、、、
 それで極め付けのマグロ漁船!!!もう、なんなのあのコンビは???みんなが楽しめる事を常に考えてて、しかも、ちゃんと笑わせる。音楽的にもジョニ-さん、ボーカリストの威厳みたいなものがあって、ギターソロにいく時、合図出すの、rockボーカリストがよくやる、首でフッてやるやつ!それをキャッチしてゴータさんがソロ弾くんだけど、テクがあるのに嫌みがない、、、

もう、みんな大嫌いよ!!!、、ってぐずぐずしてたの、昨日は。。。
でもさ、、
彼等の素晴らしさがわかるようになっただけでも、成長したってことだもんね、
その事を素直に喜んで、今の所はヨシとしようか。

♪もんち♪
posted by もんち&男サマタ at 02:10| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽関係 | 更新情報をチェックする

2005年05月01日

試食~

今日は予定より早く仕事を終えた。月末に溜め込んだ事もサクっと片付けたし明日の休みは、、、と考えてたら。雨だ、、!これは俺に「明日は家に閉じこもって曲づくりと録音をやれ」という事か、頭のなかで未完成の曲のメロやら詩が回り始めた。信号を渡っていると、
すれ違う家族づれがいっせいに俺の顔を見る。どうやら歌っていたらしい、いや歌でなくてベースのフレーズを『ビヨ~ン♪ボボンボッボボン♪』とか、、、こりゃ振り向くはな、、
この間は朝の満員電車でもやっちゃたし、、ちよっと恥ずかしい。

途中で家に電話を、「これから帰るよ」「え~!もう帰ってくんの」「俺が早く帰っちゃいけねえのかよ!」「だって今風呂掃除してるんだもん」「、、、、?」我が家には俺の居場所は風呂しかないのか、、、

 帰りに西友で御買い物、もちろん試食も、今日はラム肉の焼いたのとニラ饅頭をゲット。ラムは上手かった。日曜日は親父達がけっこう買い物に来てるけど、ちょっと離れた所で俺が試食てるのを眺めてる、奥ゆかしいのね、すると1人が意を決して手を伸ばした、たちまちにして人だかりが、、、俺のラムが無くなって行くう~。しかし親父達、誰も買わなかったな、
1人くらい買ってやれよ(俺も買わなかったけど、、)

さて昨夜はカットウへ、なんか豪華なメンツだったと記憶してたので楽しみにしていたのだ、

 店につくと希空さんがやってた。もんちお薦めの1人だ。久しぶりに聴いたけど、なるほどね歌が上手くなってる、声が前に出てる。曲間の日記?も面白い、ただギターのチューニングが相変わらずでもったいない、楽器に問題があるんだろな

 次ぎはハチドリことシノブ君、本人は調子が、、、出来が、、とか言ってたけど。なんのなんの『ちょうだ~い♪あげな~い♪、、』いいじゃん、その独特のリズムや間、俺にちょうだいよ!

 佐々木君、リバーブの掛け方は実は俺好み。演奏する前に詩を見せて貰ったけど楽曲と合ってるんだよね。それにしてもこの日はお客さんが多かった、いつもクールに演奏する彼も力が入っている様に見えた。クールな音楽と熱い客席、いいね。

 ストロベリークラッシュ!今日はバランスが良かった、カットウの新しいPAとSPがストクラの良さを充分に引き出していた。もちろん腕があってのこと。特に難しい事をやってるわけではないのだけど、しっかりした曲作りとハーモニーが心地良い。最後にカバーをやったけど、ストクラがカバーをやるのを聴いたのは始めてかな。

 最後はマグロ漁船、やっぱり面白い、しかし笑いの中にも音楽性の高さが光っている。
だけどゴーダさんのギター、正直カットウでああいうギターの音が聞けるとは!

この日のカットウは濃かった、お陰で飲み過ぎたか、まだ頭が痛い

 男さまた
 
posted by もんち&男サマタ at 22:56| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする