samatacharly.jpg mo2.png
スケジュール
08/27(日) 横浜 音小屋
☆4thアルバム「guardare fisso」発売開始1500円☆
☆シングル「なんだかんだ」配信中☆

2005年04月29日

連休前夜

28日。世間では大型連休の前日で、なにかしら浮ついた気分が漂っている。
と思うのは連休も関係なく仕事がある俺のひがみかな。まあ仕事だろうが、聞きたい時は演奏を聴きに、この日は御徒町のFにオカヤンと今井洋一さんが出るので、仕事を適度にやっつけて出掛けた、、、きっと後で溜まった仕事に泣きをみるな、、、。
 今井さんは『わたらせビートルズ』でしか聴いた事がなかった。彼のオリジナルを聴くのは始めて、率直に言って良かった!だいたいにして俺は「黒い感じ」が好きなのだ、「もろ」よりも「匂い」なり「感じ」が。「ハネ」とかね。よくもんちに言われるんだけど『なにを弾いてもハネるわね、、、』いいじゃねえかよ、ハネたって、ジェマーソンだってジャコだってロッコだってみんなハネてるわい。俺はエントウィッスルみたいには弾けませんよ。
話しがそれた、今井さんの曲は特にこってたり、ひねったりしてないんだけど、ある種独特のノリがあって心地よかった。言葉もきちんと届いてたし。
 オカヤンは、なにか一皮剥けたというか(笑)貫禄が出て来たとでもいうか、FPDは彼に何かを与えたのだろう、いやオカヤンが掴み取ったと言うべきか。さらなる飛躍が楽しみじゃ。
この日もパーカスの菌ちゃんが叩いてたけど、上手いね、Pの事はよく判らんけど、自然と溶け合ってました。最後まで聴いていられなかったのが残念な夜でした。

 男さまた
posted by もんち&男サマタ at 22:59| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月26日

お誘い

この間の土日は久々の連休だった、ちょっと前に二人して風邪をひき、ライブもあったりで家事が山のようにたまっていた。一気に片付けるか、、と前日までは思っていたが、やはり昼頃まで寝てしまった。まあ、だけど少しづつ片付けるか、、、もんちは出かけるし、、少しドタバタやって家計簿を打つ、、、駄目だ!集中力が続かない、、、コーヒーでも飲みにいくか、、と外出してみたが、、良く行くカフェは混んでた、、そうだ天気もいいし、公会堂のベンチに行くか、、、西友で試食を少々(今日はハズレだな、、)練馬駅の売店で缶コーヒーを買って公会堂へ、、風が心地よい、、、ツツジが結構咲いていて散歩がてら観に来ていた人達でにぎわっていた、、しかし犬を連れた人が多い、しかも室内犬というのか、小さいのばっか、、GIジョーを背中に乗せたら似合いそうだな(古い〜)、彼等は見知らぬどうしなのだろうけど吠えたりしないんだな、、しかも芝生保護のため立ち入り禁止になってる場所には入らない、う〜む字が読めるのか!そこの親子連れ、すこしは見習えよ、、、一時間ほどベンチでボーっとしてたら、ふと曲想が、、というかベースのひっぱたき方が浮かんだので家に帰ってさっそくためす、やっぱりミドルを上げないととか色々とやってた(最近エフェクターを買ったので)、、もんち曰く「あんたのベースの練習って、運指とかしないでそんなのばっかね」
「違うだろボリュームペダルだって練習してるよ」「普通そんなのは後回しよ!」
「、、、、」

二人で夕飯を食べてかえったら電話が鳴った。キング三浦からだった、今、タイセアムに居るから来ない?タイセアムは練馬にあるタイ料理のレストラン、ここんとこ御無沙汰だった、
レストランだけど音楽居酒屋でもある。ちょっとした機材と楽器が置いてあり週末の遅い時間は音楽好きの常連客でにぎわう、みんな結構上手い(もっとも一番上手いのはマスターとママさん)。
行ってみたら三浦を始め『艶街ボンボン』の脇屋氏と坂本氏が、(相変わらず怪しい、、特に脇屋)、、三浦と坂本両氏は以前、進化論のライブで弾いて貰った事がある。飲んでるうちに演奏が始まった、というか俺が始めた(誰もやらないから、、もちろんビートルズ、、だけどコード覚えてないなあ、、もっとギター練習しよ)、もうこの店は止まらない、次ぎから次ぎへとセッシヨンみたく続いて行く。結局3時位までやってた、最後には俺もベースを弾いた。(フレットがあると妙に違和感があるわい)しかし三浦のギターいいなあ、欲しくなった。
この日の唄『小手指の人/艶街ボンボン』 

今日は、とりとめもないけど日記らしいな、、、男さまた
posted by もんち&男サマタ at 22:03| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月24日

洗濯もりもりday☆

洗濯物の山が2つ、、、
ついつい溜め込んでしまった。
あ〜〜、今日はたまの日曜日、天気も良かったのに
掃除もせず、昼過ぎまでというか、夕方近くまで寝てしまった。
 目が醒めたら、男サマタが1人でプリプリ怒っている。
「もう、このうちはどうなってんだぁあああ!」
と、洗濯を始めようとしている。チョ・チョ・チョ・ちょいとお待ちよ、旦那さん、
白いものと黒いものは一緒に洗っちゃダメよダメダメ!
慌てて起きて私不肖もんち、立上がりましたよ、ええ、ええ、そうですとも私は駄目な女、もんち。

 結局、何回洗濯機回しただろう?覚えてない。
やりはじめると止まらなくなる性格で、途中、ハンガーが足りなくなって買いに行く始末。
 しかも、細かい所まできっちりやらないと気が済まないから、時間がかかってしょうがない。
でも、やめられない、、ああ、ああ、どうして私はこう、職人気質なんでしょう?

 最近、ボイストレーニング関連の書物、ネットの記事、メールマガジンなどの情報が、我が家には洗濯物と同じくらい盛り沢山でもう、大変なんです。そう、手を付けたら止まらない!!!(言い訳すんなよ、みっともねえ)
 なんとか、上手い事バランスをとらねばっっ!このままでは、情報の取り捨てができないまま、私がサマタに捨てられてしまう。。。
 
♪もんち♪
posted by もんち&男サマタ at 22:22| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月23日

妖怪あらわる!

21日は御徒町のエフで2度目の演奏だった。御徒町は二人の職場から近くて、5時まで仕事しても、6時入りで音合わせも余裕でできる、、、その音合わせだけど、よくわからん(。。)!
慣れてないからか、どうも上手く作れない、とくにギターの音、やはりプリアンプが必要かな、次回までに要検討だ。
今回は2ステージと言う事だったので、最近やってなかった曲を何曲かやってみた。当日前の何日かは夜の9時くらいから家で練習したんだけど、案の定、上手くいかず大げんか、よく苦情がこないよなあ。
 「パラレルワールドさあ、なんかこう回転してる感じを出したいんだよね」
 「う〜ん、、螺旋階段みたいな感じか?」「そうそう判る?」
 「やってみ」「1、2、3、フォー」
 (曲が終わって)「なんで、あそこでいきなり速くなるんだよ!」
 「だから螺旋階段だって言ってるでしょ!」「はあ?合わせる身になってみろ!」
 「ちやんとついてきてたじゃない!」「&#%*¥!!!!」
まあ本番の出来はバランスやら何やらであまり良くなかったけど、以前、お蔵入りにした曲が意外に、いけるじゃん。なんだかんだ言って、もんちは上手くなってるよ(たまには褒めておくか)
久々の曲、
『裸にされた街』パンタが1979に発表したアルバム『マラッカ』に収録されている。このアルバムは俺の好きなアルバムのベスト10の上位に入ります。Fのマスターの中村さんが大の頭脳警察/パンタのファンなのでやる事に、俺は普段でもやりたい!もんちは2カポで弾いてるけど、、、。
『赤とんぼ』歌詞の順番をあえて替えて、展開を付けた、平歌のコードもほんらいのコードと違えてます、なにせ音源を聴かずにアレンジしたもんで。
『トラブルズ』だいぶ前に俺がつくった歌、中間部はもんちが付け加えた。時期によってはシャッフルでやったり6/8でやったり、今回は6/8で。いいじゃない!これからもちょくちょくやるか。この曲の展開部の転調と元に戻るとこがすきなんだよね。
『Have you ever seen the rain?』御存知CCRの名曲、オリジナルとは全然違うアレンジ、
俺ってクラシック的アプローチが意外と好きなんだよねん
『当たり前の唄』進化論結成前にもんちが作った曲、めずらしく俺はなにもアレンジを加えてない。ベースのハーモニックススライドが見せ場(と勝手に俺は思っている)なんだけど見事に失敗。
この他にも候補曲が数曲あったのだけど、歌詞をかえたりアレンジを変えてみたりして、いつかやってみよう、約一ヶ月演奏予定はないので新曲もしあげなくては、それと録音も、、
そういえば、もんちが第1部の最後で3弦を切った。実は二人で演奏を始めてから今までには無かった事。しかも予備を用意してなかった、なんたる不覚。境堀君どうもありがとう!

御一緒したひかるさん。男でも女でもない妖怪だって、『谷中の墓を、、、』って歌が頭に残ってます。

男さまた
 
posted by もんち&男サマタ at 01:05| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 音楽関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月19日

恋をしていた頃

 今日は、ヒロコフォンさんとコトノハの忍さんをききに、ビッグマウスに行った。
忍さんもヒロコフォンさんも私なんぞが言うまでもなくただただ、じ〜んとする位、良かった、、、うん、あれは良かったとしか言い様がないよ。
 あえて言うなら、二人とも、恋の曲が多かった気がする。
私なんぞは、もう当分(佐俣が死なない限り)恋をする予定なんてないわけだから、ちょっと淋しい気もしたけど、知らぬ間に、数少ない経験を思い出しながら耳を傾けている自分に気がついた。
 好きな人の真似を一生懸命にしてたバカ女、もんち。それらの恋に破れて、神様にお願いをする。「どうか私に素敵な恋人を!」、、、そして最後にやって来たのは、「恋人」じゃなくて「変人」がやってきてしまった訳か。神様なんて、やっぱりいないんだろうな、、別に無神論者なんて、主張があるわけじゃないけど、いるんなら、ぜひとも神様とやらには小学校からやり直してもらいたいよ。

 そのサマタが、昨日はめずらしく寡黙にキリリとした文章(日記)を書いた。いつもは私に対する当てつけみたいな日記だけど、、、「変人」も時にはいいことを書くもんだ。

♪もんち♪
posted by もんち&男サマタ at 23:39| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

永眠

 もう4,5年前、友人と吉祥寺の伊勢屋で昼間から飲んでいた。
夜は混み合う伊勢屋も、平日の3時ころは、客もちらほら、しかも独りで飲んでる親父ばかり。友人と音楽やら、映画やらの話で盛り上がっていると、ひとりの親父がふらふらした足取りで俺達のテーブルに近づいてきた。
『やあ里見君、、、』『あ!渡さん、ごきげんですね、、』
友人の里見は15年程前に「吉祥寺夢影」という映画の主演をやった事があり、
その映画の主人公の父親役を、この親父がやったのだった。
顔をしわくちゃにして懐かしそうに友人と話してる、、高田渡である。
 
俺は、いわゆるフォークソングをほとんど聴いて来なかったけど、自分で詩を書いたり、曲をつくる様になって何年にもなる今になって、言葉が歌となって力を持っていた、あの時代を認めざるを得ない。全共闘世代が団塊の世代と呼ばれるようになり、彼等が、彼等が一番熱かったあの時代をどう思っているのかは分からんが、歌=言葉x音楽=武器あるいは唯一の社会との接点、と考えてた人は少なからずいたと思う。実はうらやましい。
 高田渡が何をおもって、歌っていたのか判らないけど、、、ただ肌に感じて歌っていたのじゃなかろうか、、、感じるままに、、時には担がれたかもしれない、、また時には、、、、

「、、歩き疲れては 草に埋もれて寝たのです 歩き疲れ 寝たのですが 眠れないのです」
『生活の柄』

男さまた
posted by もんち&男サマタ at 01:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月16日

久々の外食と練習

今日は、いやもう昨日か二人とも帰りが同じ位だったので、外食する事に。
ちなみに、おとといは俺がペペロンチーノを作った、風呂掃除もした、
洗濯もした、もちろん家計簿も、、、俺って働き者だよな。

外食は去年から良く行く練馬の『さかなや』 文字どおり、魚の定食屋。
旨いんだよね、始めて行った時に食べた「金目鯛の煮付け」は感激する位おいしかった。
たしか¥780、刺身も旨くて、鰺の刺身ってこんなに旨かったんだ、と認識をあらためました。
夫婦でやってるのだけど、刺身をひくのは、いつも奥さんがやって、おやじさんは焼きや煮付けと分担してるんだよね、うちも家事は分担してるけど、、、、だいたいにして、もんちは、
お客さんでもこないと片付けねえし、レシートは貰わねえし、、、ぶつぶつ。
 
家に帰って21日の打ち合わせ。2ステージの予定だから、久々の曲とかカバーもやろうかと、
ちょいと練習。う〜んいいね!パンタの曲、鈴木慶一のプロデュースはいい!
『極楽鳥』はいつかやろう、進化論アレンジで。21日は日本の歌もやることに、
あまり時間はないけど、良い仕上がりになりそうな気がする、御徒町で旨い酒がのめそうだ。

男さまた
posted by もんち&男サマタ at 00:31| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月11日

進歩的な男達

<え〜、4/10のカットウの模様を私の偏見と独断でお伝えします>

境堀浩一さん:4/10の日記参照。
クラトミリョータさん:セミアコの弾き語り。スペーシーな不思議空間を味わえた。
加茂博之さん:元気のある、溌溂とした青年。途中、自分で作った曲を女の子に歌わせてた。伴奏も手掛けるなんてすごい☆
中島哲平さん:カットウの大御所。以前、一度対バンしたことがある。その時はわからなかったけど、詩の世界がすごくよく伝わって来た。きっとロマン派だね、彼は。思わずうっとりしちゃったよ。
CICADAさん:すごい3人組!アンサンブルってのは、こういうもんだ!という説得力があった。それに、みんな、ものすごく落ち着いていた。それなのにかわいらしい男性達。歌もピアノもブズーキもホント見事よ!

一見、なんの脈絡もないこの5組。でもね、1つだけ、共通してるものがあった。
それは才気がある事にあぐらをかいてないところ。簡単に言うと、おごってないの。自惚れたりしてないの。前向きで、気持の面で進歩的なのがすごく伝わって来た。もっと!もっと!もっと!って、そういうエネルギーが昨日は特に充満していた気がする。私も、そういうミュージシャンになりたい☆
その事を、家に帰って男サマタに力説した。風邪で寝てるのをちょっと起きてもらって、、先日、小さな声で喋ると約束したんだけど、興奮してたから、だんだん声が大きくなっちゃって。最初は「そうか、そうか、楽しかったか」と年上の旦那らしい、おとなしい対応だったんだけど、だんだんうるさくなったんだろうね。
「お前は、なんでそう、すぐに影響されるんだ?そういう人を観て少しは葛藤したらどうだ?!」と切れられてしまった。昔は「素直な所」が好きだって言ってたのに。しかも風邪ひいてるくせにシャレなんか言っちゃってまあ。。。普段、私あんまりテレビ見せてもらえないから、視覚からの刺激に弱いのかしら?それともただ、ミーハーなのかな?でも、昨日のカットウは本当に楽しかったよ。
 
♪もんち♪
posted by もんち&男サマタ at 23:48| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月10日

笑う門では服を脱ぐ。。。

 今日は、カットウにあの「境堀浩一さん」を観に行った。kaztouの言わずと知れた名物男である。ちょっと野暮用で遅れそうになってkaztouへ電話を入れて、無理なお願いをしてしまった。「すみません、もんちですけど、境堀さん、18:20からですよね、できれば少し押して貰えませんか?」と。こんなわがままを聞いてくれる店はライブハウス多しと言えどカットウくらいだろう、、、それなのに、遅くなってしまった。だけど、着いた時はまだ始まったばかりだったみたいで、無事ほとんど観る事が出来た。
んで、内容である。むふふ‥‥☆
以前観た時と格段に違っていた。トーク(ライブドアネタで独り芝居)から始まって、境堀節があって、突然ネコちゃんが現れて、ネコちゃんに服を脱がされてしまう、そのネコちゃんに異次元の世界に連れて行かれて、打ち込みに合わせてラップをはじめる、九官鳥(生)がライブハウスの中を飛び交う、んでその後またギターを弾きはじめて、それも、ぽつりぽつりとさわやかなラブソングを歌う。そして静かに終わる。
流れだけ書くと何がなんだかわからないでしょ?見なきゃ判らないのよ、あれは。。。
正直、今までは脱ぐのと曲が面白いという感じだったんだけど、今回はちゃんとした流れがあって、すごく楽しかった。ジャンルを越えた1つのショウだったよ。
その境堀さんと今日はたくさんおしゃべりできた。真面目な歌を聞くとわかるんだけど、優しいトーンの声の持ち主らしい、誠実な話し方をする人だと思った。

とりあえず、今夜はこの辺で、また明日あらためてライブレポートを書こうと思う。
乞う御期待☆

♪もんち♪
posted by もんち&男サマタ at 23:57| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月09日

風邪の又三郎

風邪をひいている。
先週の日記に、風邪を追っ払ったぜェ!なんて書いたけど、
4/2のライブが終わったら風邪がふたたび舞戻って来やがった。よほど人妻である私の肉体が気に入ったらしい(笑)
医者に行ったら、「あ〜あ、扁桃腺がやられてますね。これは、なかなか治らないんだわ。しばらく喋っちゃだめね。」と言われてしまった。
それからというもの真面目にしゃべらないでいた。職場でも大きい声を出さず、マスクをして、誰かに用がある時は、その相手に急接近して、用を伝えていた。相手にしてはちょっと気持ち悪かっただろうけど、仕方なかんべえ。
しゃべらない、また、大きい声を出さないということにもだんだん慣れて来た。最初はなんかスカッとしないからイライラしてたんだけど、必要以上に地声が大きい声だったと言う事に気がついた。風邪をひいて自分の声の音量を知るなんて、まったくおめでたいもんだ。でも、小さな声でそーっと歌う事が何気に難しいのと同じように、小さい声で暮らすというのもなかなかに難しい、難しいけど結構新鮮。うーん、これはこれで練習になってるなあ。
トレーニングももちろん休んでいる。毎日1時間、この時間がまるっきり開いてしまうから何をやっていいか戸惑ったのは最初だけ。トレーニングしなくてイイと思って結構それはそれで嬉しい。でも発声やなんやらの理論が書いてある資料を読まなくっちゃいけないから、これが風邪薬と相まって実に眠くなる。詩でもかきゃあいいのかな?
 んで、今日。午前中に医者に行って来た。
喉はだいぶ綺麗になって来てるとの事。扁桃腺の腫れはまだ少しあるけど、よくなって来てるって!
咳がまだ少し出るけど、質もイイ方に変わって来たし、歌も、トレーニング程度なら大丈夫。無理せず、大声出さないように注意してね、だって。よかった、よかった。
「風邪の野郎、、、無駄に長居しやがって、、、おととい来やがれ!!」 
、、っと、いけない、つい、いつものべらんめえが出そうになる。
小さな声の練習、練習。。。

♪もんち♪
posted by もんち&男サマタ at 14:55| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月06日

4/2のカットウ

出演者
1、草亭大樹さん:鼻声の色っぽい声。エネルギッシュなカッティングの曲が私は好き。サマタ曰く、哀愁が漂っているらしい。
2、カシスミルクさん:このHPのリンク紹介にもある、女性デュオ。最後の曲がとても印象的だったなあ。
3、佐々木貴信さん:以前、カットウで聴いた事はあったし、cdも持ってるけどご一緒するのは始めてだった。今回はギターの人と共演していた。とっても優しい声で、聴いていると、ゆっくり時間が流れる感じがしてリラックスするよ。
4、小倉マコトさん:カットウの王子様☆カットウの新しいpaとスピーカーを彼以上に味方につける事が出来てる人っておそらくそんなにはいないんじゃないかな?やっぱ、実力があってこそってのをつくづく感じました。

以上のメンバーでお送りした4/2のカットウ。
みんな顔見知りで、サマタはものすごく楽しそうにみんなと喋っていた。
私は人見知りだから、すごく、羨ましかった。でも、挨拶はちゃんとできたよ♪

この日の事はハッキリ言って、私なんぞが書くべき余地などないが、一応ざっと書いてみたよ。ファイトッ!(女子バレーボール部っぽく)

♪もんち♪
posted by もんち&男サマタ at 21:29| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月05日

静かな夜

もんちは、風邪で仕事を休んだ。風邪気味なのに歌ったりしたから悪化させてしまった様だ。
喉をやられてるんだけど、病院に行ったら医者に『しゃべるな』と言われたらしい。
お陰で、我が家は静かである、、、、。

男さまた
posted by もんち&男サマタ at 23:11| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月04日

歩き始めた頃

客席の様子を見ながら歌うことが少ない私。
でも、おとといのカットウでのライブでは、客席のある光景に
一瞬に目が奪われた。。。

「嫌われ者」を歌っていた時、
ちょうど歩き始めた頃の子供2人が
こっちを向いて踊っている。
父さんと母さんにひざの上で支えられて、、、
目が合うと、はにかんでいた。
私も、照れ隠しに、笑ってしまった。

こんなに素晴らしい事が私たちに起こるなんて、
私は今まで一度も期待したことなんてなかった。
だから、尚の事、そのことに、すごく感動している。
そして、また私は思い出した。
音楽を始めたばかりの頃の事を。

 出来映えは遠い宇宙の彼方に預かってもらって(笑)
今回のライブの収穫、、大漁でした。。。

♪もんち♪
---ライブレポートはまた後日、乞う御期待☆
posted by もんち&男サマタ at 22:07| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月03日

かくして、、ライブ前

   先週の事だった、もんちが突然
「私達の歌って統一感がないんだよね」
「ふ〜ん」
「日曜日に中谷さんを聞いて、あたしゃ思ったよ」
「ふ〜ん、、(すぐ影響されんだよな)」
「ちょっと!真剣に聞いてるの(怒)」
「ふ〜ん、、、統一感ねえ(静かに呑ませろよ)」
「それに割と抽象的にしてるじゃない」
「まあな、、、(いいじゃねかよ抽象的だってよ)」
「う〜ん」
「おい、眉間にしわがよってるぞ(ゴルゴ13か)」
「考えてよ!」
「俺がか」
「だいたいあんたが、訳のわからない詩にしたんでしょ!」
「お前は、訳のわからない歌を、訳のわからないまま、歌ってんのかよ!(逆襲である)詩が出来た時に説明しただろう!」
「わたしじゃなくて、お客さんが聞いてわからないでしょ!」
「、、、、、、、、(形勢不利だな)」
「あ!そうかお客さんに説明すればいいんだ」
「、、、、、(すれば)」
「ただ説明するんじゃなくて物語り調にしよう」
「凄い事かんがえるね(ちょっとおだてる)」
「どう?」
「いいんじゃない(もう眠いのによ)」
「考えてよ!」
「俺がかよ」
「こじつけるの得意でしょ、このコジコジ!」
「、、、、(調子にのってんじゃねえ)」  
「なんとか言いなさいよ」
「、、、、、、、、、、統一感はある!」
「はあ?」
「逃亡者ともんぴんぱんと嫌われ物の歌詞を持ってこい!」
「はいよ」
「氷も持ってこい」
「まだ呑むのお!」

かくしてカットウでの演奏の流れが決まったんだけど、ちょっと安易だったな。次ぎはもう少し練るか、、

男さまた
posted by もんち&男サマタ at 22:20| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月02日

今日はカットウで

今夜はカットウで演奏。新しいPAとSPとなって、どうなるんじゃろ楽しみだ。
それと今日は、もんちの発案で、ちょっと趣向を変えてやってみる事に、
もっとも演奏する曲はかわらんけど、、、どうなる事やら。

男さまた
posted by もんち&男サマタ at 14:36| 東京 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
人気商品