2017年09月21日

映画、その前に。

久しぶりに

映画館で映画を観ました。

あまりにも久しぶりで

緊張したためか、

映画の前にトイレに行きました。


そしたら、

トイレからの夜景がステキで

ウットリ(*☻-☻*)

C232364E-9E33-4756-87BC-8377BFF09A5E.jpg

まるで映画みたい

キャー恥ずかしいっ!

♬もんち

posted by もんち&男サマタ at 19:01| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2017年09月18日

二人会

昨夜は祥人&永田マサユキによる二人会。
二人とも7月のKnockで一緒になって歌を聞いてはいるが、
客として聞くのは、いつ以来か?
しばらく演奏出来なかった永田君はともかく、
祥人君のライブも長らく脚を運べなかったしな。

店に入ると細江君親子が伊勢から来ていてビックリ、
細江君は来る予定とは聞いていたけど、
台風で鉄道が乱れていると勝手に思っていた。
開演前は同い年の古賀さんと年取っての体調の話をあれこれ、
無病息災って難しいよな。

先ずは永田マサユキ
image2.JPG
オルガンの低音が出過ぎかと思い、
古賀さんにローを下げた方がいいよと言おうかと思ったが、
オルガンの音なんて俺もよう分からんし、
下手に削るとチープな音になってしまう、
バンド編成ではないからコレでも良いのか。
7月の時も思ったけど彼の一人称的な視点の歌詞に、
オルガンの内省的な音色が混ざり合うと、
言葉でさえ音として身体に入って来る気がした。

続いて祥人
image3.JPG
やっぱりギターってリズム楽器だよなと、
いやもしかして格闘技かもしれん、
と思ってしまう様な祥人君のカッティング。
永田マサユキと違い三人称的視点による俯瞰的な状況描写の多い歌詞、
(そんな単純に言い切る事も出来ないのだが)
はパワフルな歌声と外に向って行く様なギターと相まってより届いて来ていた。
永田君がやむを得ずギターから鍵盤に持ち替えた事によって、
この二人会は非常に面白い夜となった。

一曲二人で演奏♪
image1.JPG
もしかして打ち消し合っていたか?
音楽って難しいぜ(笑)

終演後
IMG_2130.JPG

カウンターの上には祥人君のCDと永田君のチラシ
DJ63eKdUEAA-kq0.jpg

帰宅後に永田マサユキのオルガンバージョンの音源作るか!と言ったら、
「それはアンタが決める事ではないでしょ!」
たしかにそうだ(笑)
しかし、、、欲しいぞ♪

男サマタ


進化論スケジュール
10/28(土) 横浜 音小屋
11/11(土) 三島アフタービート
11/13(月) 秋葉原IkeBECK
12/02(土) 練馬Be-born
☆進化論4thアルバム「guardare fisso」発売中1500円☆
☆シングル「茜さす雲」「なんだかんだ」配信中☆
posted by もんち&男サマタ at 14:38| 東京 ☀| Comment(0) | 音楽関係 | 更新情報をチェックする

2017年09月17日

サンマの開き干し

もんちが実家に行くと必ず何かしら持たされて帰って来る。
義母の手料理だったりが多いが、時には義父お手製のものもある。
何年も寝かせた梅酒だったりイカの塩辛だったり、
干し柿を貰った時は、今時東京で干し柿を作っている人が居るのか!と思った。
今回、義父が持たせてくれたのはサンマの開き干し。
IMG_20170917_111822_138.jpg
もちろん自分でさばいて干したもの。
ふ〜ん、よく猫に狙われなかったな、、、
と思いつつ焼いて食べたらしょっぱい、もしかして猫対策か(笑) 
しかし、ご飯が進むぜ。

近年値上がりしているサンマ。
様々な理由がある中で一番の原因は、
中国、台湾の漁獲量が激増しているからだとか。
日本のサンマ漁が日本近海で行われているのに対し、
彼等は遠洋で漁を行い獲りまくっている、
日本の漁船も遠洋で漁を行えばいいじゃないかと言う以前に、
漁獲割当の話し合いが不調に終わり割当を決められていないらしい。
話し合いしたからって上手く収まるとは限らんのが世の常か。


男サマタ
posted by もんち&男サマタ at 15:01| 東京 ☔| Comment(0) | 食べ物、飲み物 | 更新情報をチェックする

2017年09月16日

本の買い方

昨日は実家に行きました。


実家に向かう途中でとても良い事がありました。

最寄り駅の近くに、昔からある本屋があるのですが

なんとなく、そこに一歩足を踏み入れたのです。

o0375050012699250598.jpg

ここ何年か、実家に行くことが増えたので、本屋の前は何度も通り過ぎていたのですが

今まではそんな余裕もありませんでした。

ですが、昨日はふと入って見たのです。


そしたら、もう、一瞬にして、フラッシュバックの連続です。

子供の頃からよく行っていた本屋さん、


入った右の奥に

おまじない、占いコーナーがあって。

左側に、おとなの難しい本や文庫があって。


ああ、こんな感じだった、、


本屋の中をぐるりと見渡すと、色んな事が思い出されます。

そうしたら

奥からオジさんが出て来ました。


このオジさんの姿を見た瞬間

時間がどれだけ過ぎたかを感じました。


私が詩人だったら、この辺の感覚を美味くお伝え出来るのだけど

なんともいえない、

昔と顔は同じなのですけど、本当に、時というのは刻まれるものなんだと、、、。



目当ての本があるかどうかも分からなかったけれど

とにかく何かこの本屋で一冊本を買おう、

おまじないの本、買ってもいいじゃない、、なんて(笑)


で、意気込んだら、あったのです、目当ての本、あっさりと。


お会計をオジさんにお願いしたら、

オジさんがポツンと話しだしました。

「本屋をやってるとね、本がなかなか読めなくてねぇ、、、

昔は、哲学書なんかをよく読んだんですよ、

キルケゴールとかね😃」


驚きました。

私が買ったのは、哲学とは何の関係もない本だったし、

でも、こんな風に自分の話をしてくれる事が

すごく、すごく、嬉しかったし、

そう話すオジさんの笑顔がとても魅力的で

私は今すぐ沢木耕太郎か、司馬遼太郎の脳みそを借りて来て、

この本屋の事や、オジさんの事を調べて何か文章にしたくなりました。

そして、それに、室生犀星と山本周五郎をブレンドして


進化論の楽曲にする!


そう、私の中には、

いつもこんな野望が潜んでいるんですよ、、、。


私が本が好きなのは
この本屋さんのオジさんの魅力からだったのかもしれない。

この本屋さんでは、
立ち読みしたって怒られことなんて一度もなかったしね。


家に買って調べてみたら、お店のホームページがありました。

http://www.arrows.ne.jp/tama/


シンプルだ。

ドラムのヨネさんが、ホームページとかブログについて

シンプルな良さについて話してくれたことがあったけれど、

このホームページにはそれが詰まっている。


とまあ、私は、すっかりオジさんのトリコになってしまいました。


これからは、ネットで調べて、たま書店で買う、

という「たまゾン方式」で本をゲットしようと決めました。花丸。

オジさんに会うために💕💕💕


🎶もんち


進化論スケジュール
10/28(土) 横浜 音小屋
11/11(土) 三島アフタービート
11/13(月) 秋葉原IkeBECK
12/02(土) 練馬Be-born

☆進化論4thアルバム「guardare fisso」発売中1500円☆
シングル「茜さす雲」「なんだかんだ」配信中
posted by もんち&男サマタ at 13:10| 東京 ☁| Comment(0) | 本,CD,DVD,映画,劇など | 更新情報をチェックする

2017年09月13日

自然体

講道館柔道創始者の嘉納治五郎師範。
この写真を見て、怖いと思った。
IMG_20170909_103415.jpg

パンフレットの表紙を飾る写真を見て、
浮かんだのは自然体という言葉。
一般には気負わない、身構えない、、といった意味だが、
己の思ったまま、欲望のままに行動する事だ、
との勘違いもあるらしい、赤ん坊かよ。
まぁいいや、で柔道における自然体とは、
安定していて変化(攻撃)しやすい力を抜いた姿勢、
つまりは身構える事に他ならない。

すぅっと立っている御老人の写真を見て、
怖いと思ったのは気のせいではないな。

男サマタ
posted by もんち&男サマタ at 20:40| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする