2018年05月17日

最後の歌

明日で義父が亡くなって一週間、葬儀は一週間後、
つまり、亡くなってから葬儀まで約二週間ある。
葬儀屋さん曰く、
連休前後に暑くなったり、かと思えば肌寒かったりで、
体調が急変して亡くなられた人が多かったらしい。
それに加えて斎場が工事で使えないとか。
しかし、これだけ間が開くと、
ちょいと不思議な気持ちがするな。

義父が入院していた病院の最寄り駅は多摩川線の武蔵新田。
新田と書くと「しんでん」と読む地名が多いが、ここは「にった」と読む。

駅の近くにあるのが新田神社。
IMG_20180510_182117.jpg

てっきり新田義貞を祀ってあるのかと思ったら、
IMG_20180510_181035.jpg
御祭神は新田義興、義貞の次男。
矢口の渡しで欺かれて命を落とした勇猛を謳われた武将、、、
もんちに聞くまで知らなかった、流石は地元。

御神木に触れて祈ると病気が平癒する様な事が書かれていた。
IMG_20180510_185632_693.jpg
病気は平癒しなかったが、
苦しまずに逝ったのは幸い。


最後の見舞いの時、義父はもんちに
「おい、何か歌え、、、」
こいつ何を歌うのだろうと思ったら、
「わ〜ら〜にぃまみれてよぅ、、、」
三橋美智也だった。

もし多摩川慕情でも歌っていたら、
「何だ?その歌は?」
とか言われていたかな。

多摩川の多摩とは、
魂(たま)から来ているとの説もあるらしい、

多摩川は魂の流れる川か。


男サマタ



posted by もんち&男サマタ at 21:30| 東京 ☁| Comment(2) | 日記 | 更新情報をチェックする

2018年05月12日

進化論ラスト その6

準備は整った、ステージは開演を待つ。
31950434_2124332304520267_550444288555614208_n.jpg

開場は13時半だったが時間前に来場者が次々にやって来る。
俺ともんちが出会った頃を知っている者、
まだ進化論を名乗る前の二人の演奏を見ている者、
久しぶりに会う顔から良く会う顔、遠方から来てくれた人達、、、
受付は前倒しで開始。
会場の座席はすぐに埋まり、立ち見となる。
開演時間が近づいても続々とやって来る、、、
予約を締め切った後に立ち見を承知で来てくれた人、
更には、立ち見が増えたら入場さえ断わられる事を承知で来てくれた人まで。

ほぼ時間通りの14時に開演。
開演.jpg
INN6を従えて歌う俺、、、
ではなくて軽く挨拶。
なるべく席を詰めてくれと言ったけど、
詰める余地もなかったな、窮屈な思いをさせてすみません。

そしてINN6開始、俺達はとても中に居られないので外へ。
Inn6 1.jpg

inn6 7.jpg

yusuke2.jpg

inn6 9.jpg

inn6 5.jpg

外に居ても会場内の盛り上がりが分かる、当然のごとくアンコール。
最後に一緒にやれたのがINN6で良かったと思うと共に、
多くの人にINN6を知って貰えて良かったと思う。

そして進化論、あれこれ書くより写真多目で♬
sinkaron1.jpg

sinkaron13.jpg

sinkaron14.jpg

sinkaron9.jpg

mon4.jpg

mon5.jpg

mon1.jpg

mon.jpg

samata4.jpg

samata6.jpg

yone5.jpg

yone2.jpg

sinkaron6.jpg
いつもより長くやりはしたが、
いつもの様に歌い、
いつもの様に弾き、
いつもの様に叩いた、
やはり音楽は聞いた人のものなのだ。

終演.jpg
無事終演♫

終演2.jpg
INN6と♬

終演5.jpg
御来場の皆様、来れなくとも思いを馳せてくれた方々、
素晴らしいステージのINN6、BE-bornの皆さん、
ありがとうございました。

進化論一同

追記
一部の方には知らせておりましたが、
義父、もんちの父親は昨日永眠いたしました。
3月に、あと一月は保たないと告げられて2ヶ月、
万が一の時は演奏を終えて駆け付けると決めてはいたものの、
実際に当日にそうなっていたら、どうなっていたかは分かりません。
様々な方達のお陰で演奏して来れた事を感謝すると共に忘れません。

男サマタ

posted by もんち&男サマタ at 22:37| 東京 ☀| Comment(0) | 音楽関係 | 更新情報をチェックする

進化論ラスト その5

予約者プレゼントはライブ音源集「ワニは歩いている」
IMG_20180504_120925_737 のコピー.jpg
収録曲のほとんどはYouTubeにアップされていた動画からの音声を元にしてある。
動画は公開されたものより、限定公開にしていたものがかなりの数あり、そこから選別。
歌がよく聞こえるのとライブ感を優先したので、
歌詞を間違えたり、ベースが音を外したり、
リズムが危なかったりとかは無視。

音質に関しては、
動画はアップした時点で低域と高域はカットされているから音が薄っぺらい。
特に低域なんて80Hz以下は全く出てない感じ、
進化論ではベースの重低音なんて元々出してないが、
やはり情けない低音。
動画を撮った機材から直接音声を取っておけば、
もう少しまともな音なのだろうが、
今となってはどうしようもない。
動画によっては別にラインで録った音も残っていたが、
上手く合わない、時間もないしで断念。

ならばとZOOMのR−24に取り込んで加工開始。
音の広がりは楽に出せたが、
低域と歌のリバーブキンキン感は処理が難しかった。
取り説を見直すと低域と高域に分けてコンプ掛けられるのか!
今まで使っていたのに知らなかった、これが優れものだった。
それでも足りないところはPCでいじったけど、
元々無い低域をいくら上げようとしても限界がある。
だから、この「ワニは歩いている」はまともなステレオ機器で聞くより、
CDラジカセで聞く方がお勧めです。
特にヘッドフォンで聞くといいかな、
客席で小さな声で歌っている声とか、
う〜んという唸り声とか分かります。

収録曲
1.もんち!ピンチ!パンチ!』(2015/5.31高円寺Reef)
カホンでのセット、動画の最後が実は微妙に尻切れとんぼだったので、
ディレイを掛けてみた。
この日は"変身忍者"佐藤豪主催の「なくな男の四畳半」でした。
http://sinnkaronn.seesaa.net/article/419998426.html

2.嫉妬の炎 (2013/2.3音小屋)

この曲は進化論結成前にもんちが作った曲。
この歌詞を見てしまったもんちの母は
「あんた大丈夫?」と言ったとか(笑)
この日は音小屋に始めて出た日でもある、ドラマーはエインズリー大宮。
対バンは「King Biscuit Time」と「中澤田たかし&プールサイド」だった。
http://sinnkaronn.seesaa.net/article/319000061.html


3.平凡という宝物 (2017/1.28音小屋)

近年、進化論がもっとも出演した音小屋の動画の中で、
何故かこの日は音の雰囲気が違っていたなぁ。
http://sinnkaronn.seesaa.net/article/446488964.html

4.白いカーテン (2017/8.27音小屋)

実はここ何年かのステージのメインはこの曲だった、
と思っているけど俺だけ?
http://sinnkaronn.seesaa.net/article/453131242.html

5.言葉のない街 (2017/8.27音小屋)

進化論ラストでも演奏したけど実は未完成な曲でもある。
演奏しながら作って行くという、いつものパターン。

6.花屋の前で (2015/7.11北千住Knock)

この曲の動画を幾つか見たが、あまり良い演奏がなかった。
つまり一番演奏するのが難しかった曲でもある。
しかもコレはベーストレモロバージョン
http://sinnkaronn.seesaa.net/article/422482625.html

7.トラブルズ (2014/7.20 北千住Knock)

ゲストギターはスネーキージョーの宮田慎🎶
http://sinnkaronn.seesaa.net/article/402263431.html

8.Have You Ever Seen the Rain (2008/11.29吉祥寺のろ)

二人の時代の進化論、
もんちの本領発揮ですな。
http://sinnkaronn.seesaa.net/article/110422277.html


男サマタ
posted by もんち&男サマタ at 00:13| 東京 ☀| Comment(0) | 録音日誌、音源関係 | 更新情報をチェックする

2018年05月11日

進化論ラスト その4

セットリストは全16曲、割と簡単に決まった。
と言うのも、自動車教習所に通ったり病院に行ったりで、
それどころじゃないだろうと、もんちに相談せずに俺が勝手に決めたから。
IMG_20180507_224503 のコピー.jpg

ラストだからと言って特別な事をしようとは考えなかった。
4枚目のアルバム「guardare fisso」からは7曲やったのか、
それに足して「白いカーテン」「太陽がいっぱい」「キャッチャーインザライ」「言葉のない街」
まぁ今の進化論だよね。

この1年くらいで演奏してなかった曲は、
「逃亡者」「パラレルワールド」「影」「花屋の前で」「サマータイム」「茜さす雲」
4月に入っての一回目のリハでは主にこの6曲をやってみて、
いける!と密かに思ったのでした。

当初考えていた曲から外したのは、
「多摩川慕情」「左の胸から」「もんち!ピンチ!パンチ!」
「明日まで」「トラブルズ」「Have You Ever Seen the Rain」の6曲。


もんちに聞いたのは、
「後ろの方に持って来ると声が苦しい曲とかあるか?」くらいで、
特に無いとの答えだったが、
「どの歌も難しいんだよ!」が本音だったみたい。

曲順でちょっと考えたのは本編の最後に何を持って来るか、
俺としては「茜さす雲」かなと思ったが、
となると「なんだかんだ」はどこに持って来るか、、、
この曲は最後か最初しか持って来れない様な曲だし、
アンコール用に取っておくか?なんて考えたけど、
結局本編の最後になりました。

2曲を並ばせたいと思ったのは、
「花屋の前で」と「サマータイム」
リハーサルでのディックヨネのブラシが凄く良かったので、
もっとも本番がどうだったかは覚えてない(笑)

「1曲目と2曲目は1stアルバムの曲順と同じだったよね?」
と終演後クネトラさんに言われたけど、
どちらも当時とはアレンジ変えてるし、
特に「晴れ渡る空へ」はキーまで上げてカポを使う様になったから、
頭の3曲にカポを使う曲を持って来たらそうなった分けか、、、
言われるまで気がつかなかった。

しかし、16曲を並べてみても似た様な曲調が一つも無い、
ただし歌詞はそうでもない、進化論らしいとも言えるかな。

そんなセットリストも本番では曲順間違えました (T-T)


男サマタ
posted by もんち&男サマタ at 00:11| 東京 ☁| Comment(0) | 音楽関係 | 更新情報をチェックする

2018年05月08日

進化論ラスト その3

今回はほとんど宣伝やら告知やらをしなかった。
年明け早々に5月5日が最後である事をブログやSNSで告げ、
フェイスブックでイベントページを作りはしたが、
後はしばらく放置。

2月になって、ボチボチ宣伝しようかと思った矢先に俺の父親が入院、
しばらくして闘病中の義父が容態悪化して入院。
それでも3月の2本のライブはやる事が出来た。
以前にも書いたかもしれないが、
実はどちらも直前でキャンセルの可能性があった。

5月5日に2マンで演奏するとなると、
20曲位は用意して絞り込むか、、、
となると何時間のリハーサルが必要なのか?
スケジュールと睨めっこしながらあれこれ考えたが、
そもそも、スタジオを予約しても、
予定通りリハが出来る保証はない。
カレンダーが3月になった頃は、そんな状況だった。

リハーサルの時間が上手く作れなかったら、
進化論の持ち時間を減らしてINN6の持ち時間を増やして貰い、
なおかつOA的な出演を誰かにと考え、
3月のカットウでのライブを企画してくれた祥人君に、
場合によってはOAでの出演をと依頼したら快諾、ありがたかった。

だが、3月18日にSACTで演奏した頃には更に状況が悪化。
俺の父親は退院したが、義父は芳しくない。
同じ都内とはいえ練馬から病院まで片道1時間掛けて頻繁に通うもんち。
こりゃぁOAにプラスして代演を探すか、、、
しかし進化論が企画主催するけど進化論が演奏しないなんて、
来た人が納得するわけが無い、
そもそも来るのを止めちゃうだろ。
一瞬、INN6の出演を他のどこかに交渉して、
イベントは中止、、、が頭をよぎったが、
その頃にはろくに宣伝もしていないのに、
イベントの予約者は続々と増えて来ていた。


万が一の時は演奏を終えて駆け付ければいい。
万が一のそのまた万が一の時は、、、
なんて考え出したらキリがない。
二人で話し合ってそう決めたのは、いつ頃だったかな。

そしてリハの日程を決め、セットリストを練り、
予約者用のプレゼント音源をどうするか考え始めた、、、
この日記、こりゃぁ長くなるな(笑)

あっ、昨日二人で見舞いに行ったところ、
義父は起きてテレビを見ていました♬


男サマタ
posted by もんち&男サマタ at 23:09| 東京 ☔| Comment(0) | 音楽関係 | 更新情報をチェックする